*

【BDレビュー】 第110回『アイアンマン』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

○高画質ソフトの条件
実写の撮影時点で高画質→CGIとの合成時点で高画質→諸々ポスプロの時点で高画質→マスターとして完成した時点で高画質(→フィルム媒体なら保存状態で高画質→デジタルマスター作る時点で高画質)→きちんと愛情をもってエンコード

どれか一つでも欠けたらいかんのですよ。
画質も音質もエンコード以前の部分が大きすぎる。
元が悪けりゃどうしようもない。
クソを磨いたところで金にはならない。


画質:9 音質:6


映像はAVCでSPEらしい手馴れた不安の無いエンコード。
音声はドルビーTRUEHDの24bit。

画質について。
そんなにいい撮影機材使ってないな、というのが第一印象。
別に奇を衒ったわけでもない直球勝負の画作りなのに、あまりにも暗部の情報量が無さ過ぎる。これは明らかに“エンコード時に失われた”のではなく、“そもそも映っていない”と解釈するべきもの。目障りになるレベルではないものの、映像製作段階のものと思われる微小なノイズが暗部で常にざわついている。冒頭~の洞窟シーンに顕著。
明るい場面については一転して現代的高画質の鑑とも言うべき清廉な画質を実現しているが、超高画質というには程遠い。主として情報量不足の問題が終始つきまとう。近作の解像感志向の高画質ソフト(バイオ3、シューテムアップ等)に見られる圧倒的情報量&立体感は無く、かといって蜘蛛男3やアイ、ロボットのようにとてつもなく高いバランスで解像感と滑らかさがバランスしているというわけでもない。ただただ単純な情報量不足。グレインもどこか胡散臭い。
色々厳しい物言いをしたものの、総体としては十分高画質であると言える。ノイズも気にならずハイコントラスト、色彩も鮮やか。画質評価11以上を叩き出すソフトが素晴らしすぎるだけであって、これはこれで高画質の範疇に入ることは間違いない。個人的には不満たらたらだが。

音質について。
画質については一般的な基準なら高画質と呼べるものだが、残念ながら音質については褒められたものではない。むしろ「酷い」の一歩手前である。
とにかく圧倒的に音圧が低い。それでいて音数も圧倒的に少ない。音量を上げたところで根本的な解決にならず寂しいまま。
完全に音響が映像に負けている。それどころか、そもそも“映像として起きている事象に音が付いていない”ことが数多くある。画面では大爆発が起こっていながら何の音もしない、なんてことすらある。ひょっとしてひょっとしたらPS3がドルビーTRUEHDをきちんとデコードできてないんじゃないの?とすら思えるくらいにそんな場面が多い。
音圧と音数の問題を度外視しても、特にサラウンドやマルチチャンネルを生かしたサウンドデザインがなされているわけでもないし、残念ながら音質・音響面については全くの期待外れとしか言いようがない。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server  日本未上

記事を読む

【ネットワークオーディオ】続・DSDを配信可能なサーバー

 こんなことを書くのは非常に大人げないとは思いつつも、信じ難いことが立て続けにあったために我慢できな

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Justin Bieber / Purpose

・アーティスト / アルバムタイトル Justin Bieber / Purpose

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第120回『トップガン』

画質:9 音質:11 映像はAVCでビットレートは30Mbps前後で推移。 音声はDTS

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 『サーバー』を用意する

 サーバーとは何か? →コチラとコチラ  今までの実践編で、『音源』/『ライブラリ』は

記事を読む

【レビュー】LUMIN A1 続・音質編

【レビュー】LUMIN A1 LUMIN A1を試す・音質編 【インプレッション】LUMIN S

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 システムの維持管理

 「システムの維持管理」と銘打ってはいるが、ここまできたユーザーにとって、これ以上気を付けることはほ

記事を読む

Amare Musica DIAMOND Music Server

 日本に上陸していないネットワークオーディオ関連機器をなんとなく紹介するシリーズ。  本機について

記事を読む

【イベント報告】7/1にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行いました

予告編:7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います  一回目・二回目と

記事を読む

【理想のオーディオ用PCを求めて】canarino Fils ― デジタル・ファイル再生の原器

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

→もっと見る

PAGE TOP ↑