*

【BDレビュー】 第110回『アイアンマン』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

○高画質ソフトの条件
実写の撮影時点で高画質→CGIとの合成時点で高画質→諸々ポスプロの時点で高画質→マスターとして完成した時点で高画質(→フィルム媒体なら保存状態で高画質→デジタルマスター作る時点で高画質)→きちんと愛情をもってエンコード

どれか一つでも欠けたらいかんのですよ。
画質も音質もエンコード以前の部分が大きすぎる。
元が悪けりゃどうしようもない。
クソを磨いたところで金にはならない。


画質:9 音質:6


映像はAVCでSPEらしい手馴れた不安の無いエンコード。
音声はドルビーTRUEHDの24bit。

画質について。
そんなにいい撮影機材使ってないな、というのが第一印象。
別に奇を衒ったわけでもない直球勝負の画作りなのに、あまりにも暗部の情報量が無さ過ぎる。これは明らかに“エンコード時に失われた”のではなく、“そもそも映っていない”と解釈するべきもの。目障りになるレベルではないものの、映像製作段階のものと思われる微小なノイズが暗部で常にざわついている。冒頭~の洞窟シーンに顕著。
明るい場面については一転して現代的高画質の鑑とも言うべき清廉な画質を実現しているが、超高画質というには程遠い。主として情報量不足の問題が終始つきまとう。近作の解像感志向の高画質ソフト(バイオ3、シューテムアップ等)に見られる圧倒的情報量&立体感は無く、かといって蜘蛛男3やアイ、ロボットのようにとてつもなく高いバランスで解像感と滑らかさがバランスしているというわけでもない。ただただ単純な情報量不足。グレインもどこか胡散臭い。
色々厳しい物言いをしたものの、総体としては十分高画質であると言える。ノイズも気にならずハイコントラスト、色彩も鮮やか。画質評価11以上を叩き出すソフトが素晴らしすぎるだけであって、これはこれで高画質の範疇に入ることは間違いない。個人的には不満たらたらだが。

音質について。
画質については一般的な基準なら高画質と呼べるものだが、残念ながら音質については褒められたものではない。むしろ「酷い」の一歩手前である。
とにかく圧倒的に音圧が低い。それでいて音数も圧倒的に少ない。音量を上げたところで根本的な解決にならず寂しいまま。
完全に音響が映像に負けている。それどころか、そもそも“映像として起きている事象に音が付いていない”ことが数多くある。画面では大爆発が起こっていながら何の音もしない、なんてことすらある。ひょっとしてひょっとしたらPS3がドルビーTRUEHDをきちんとデコードできてないんじゃないの?とすら思えるくらいにそんな場面が多い。
音圧と音数の問題を度外視しても、特にサラウンドやマルチチャンネルを生かしたサウンドデザインがなされているわけでもないし、残念ながら音質・音響面については全くの期待外れとしか言いようがない。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

exaSound PlayPointがミュージックサーバー/Roon Serverになったぞ

exaSound PlayPoint  元々、PlayPointはすンごく多機能なネットワーク

記事を読む

【CES2016】LUMIN U1

 画像はLUMIN MusicのFBから。  DACを省き、デジタル出力に特化したネッ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第124回『トランスフォーマー』

マイケル・ベイ大勝利! 画質:14 音質:10 映像はAVCでビットレートは25

記事を読む

【レビュー】LUMIN A1

 素材が出揃ったので、まとめ。  ちなみに本国HP、あるいは国内のHPやメディアでは「LUMI

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Yes / Tormato

・アーティスト / アルバムタイトル Yes / Tormato ・購入元 mora

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第8位『007 カジノ・ロワイアル』 ― H.264/MPEG-4 AVCの夜明け

写真は後年のBOXセットのもの 【BDレビュー】第3回『007 カジノ・ロワイアル』

記事を読む

【音源管理の精髄】フォーマットによるディスクナンバーの扱い 再生ソフト編

フォーマットによるディスクナンバーの扱い サーバーソフト編  長くなったので続き。  検証に

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】サーバーソフトの紹介 『MinimServer』

 ソフトのバージョンアップに伴い、2013/12/09初出の記事を刷新。 サーバーソフトの紹介

記事を読む

【記事修正とお詫び】オーディオ業界は本気でハイレゾを普及させる気があるのかという疑問

eufonius、大ヒット作『frasco』のDSDマスターを解禁!! 【記事修正とお詫び

記事を読む

iFI nano iDSDといちごアイスとJPLAYStreamerでDSD256を再生する

DSD256用のファームウェア5.0にフレーバーをつけました 「どれにしますか?」 - iFI-Au

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoonReadyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoonReadyならず

RoonReady、ネットワークオーディオ第五の矢  LUM

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Se

→もっと見る

PAGE TOP ↑