*

【BDレビュー】 第110回『アイアンマン』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

○高画質ソフトの条件
実写の撮影時点で高画質→CGIとの合成時点で高画質→諸々ポスプロの時点で高画質→マスターとして完成した時点で高画質(→フィルム媒体なら保存状態で高画質→デジタルマスター作る時点で高画質)→きちんと愛情をもってエンコード

どれか一つでも欠けたらいかんのですよ。
画質も音質もエンコード以前の部分が大きすぎる。
元が悪けりゃどうしようもない。
クソを磨いたところで金にはならない。


画質:9 音質:6


映像はAVCでSPEらしい手馴れた不安の無いエンコード。
音声はドルビーTRUEHDの24bit。

画質について。
そんなにいい撮影機材使ってないな、というのが第一印象。
別に奇を衒ったわけでもない直球勝負の画作りなのに、あまりにも暗部の情報量が無さ過ぎる。これは明らかに“エンコード時に失われた”のではなく、“そもそも映っていない”と解釈するべきもの。目障りになるレベルではないものの、映像製作段階のものと思われる微小なノイズが暗部で常にざわついている。冒頭~の洞窟シーンに顕著。
明るい場面については一転して現代的高画質の鑑とも言うべき清廉な画質を実現しているが、超高画質というには程遠い。主として情報量不足の問題が終始つきまとう。近作の解像感志向の高画質ソフト(バイオ3、シューテムアップ等)に見られる圧倒的情報量&立体感は無く、かといって蜘蛛男3やアイ、ロボットのようにとてつもなく高いバランスで解像感と滑らかさがバランスしているというわけでもない。ただただ単純な情報量不足。グレインもどこか胡散臭い。
色々厳しい物言いをしたものの、総体としては十分高画質であると言える。ノイズも気にならずハイコントラスト、色彩も鮮やか。画質評価11以上を叩き出すソフトが素晴らしすぎるだけであって、これはこれで高画質の範疇に入ることは間違いない。個人的には不満たらたらだが。

音質について。
画質については一般的な基準なら高画質と呼べるものだが、残念ながら音質については褒められたものではない。むしろ「酷い」の一歩手前である。
とにかく圧倒的に音圧が低い。それでいて音数も圧倒的に少ない。音量を上げたところで根本的な解決にならず寂しいまま。
完全に音響が映像に負けている。それどころか、そもそも“映像として起きている事象に音が付いていない”ことが数多くある。画面では大爆発が起こっていながら何の音もしない、なんてことすらある。ひょっとしてひょっとしたらPS3がドルビーTRUEHDをきちんとデコードできてないんじゃないの?とすら思えるくらいにそんな場面が多い。
音圧と音数の問題を度外視しても、特にサラウンドやマルチチャンネルを生かしたサウンドデザインがなされているわけでもないし、残念ながら音質・音響面については全くの期待外れとしか言いようがない。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

Primareの新フラグシップ・PRE60 & A60は今春発売! の予定

 公式HP  本気でそのパンダみたいなデザインのまま発売するのか……  純シルバー(プラ

記事を読む

【BDレビュー】第256回『機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編』

Iとまったく同じなら三部作をわざわざ分けることもないと思ったが、やはり微妙に違うようだ。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第174回『トイストーリー 三部作』

ピクサーほんとすげえな…… 『トイストーリー』  画質:10 音質:10 『トイストーリ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】BubbleUPnP Serverとfoobar2000を組み合わせる、ついでにTIDALも使う

 そもそもBubbleUPnP Serverって何だ、使うにはどうすりゃいいんだ、使うと何がどうなる

記事を読む

【BDレビュー】第287回『Chappie / チャッピー』 北米盤

画質:11 音質:13 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Aud

記事を読む

【CES2016】眩しいディスプレイよりも黒が黒いディスプレイが欲しい

 テレビにおいては「解像度が4Kであることはもはや優位性ではない」とでも言わんばかりに、「その先」の

記事を読む

canarino Fils 単体サーバー編 その1

canarino Fils ― デジタル・ファイル再生の原器 ついにデジタル・ファイル再生の原器を

記事を読む

レーザー光源プロジェクターと有機ELテレビとブラウン管の呪縛

ホームシアターにおけるプロジェクターの行く末  上の記事ではいささかプロジェクターの将来に

記事を読む

【音源管理の精髄】 理想のネットワークオーディオプレーヤーとは? 【ネットワークオーディオTips】

 理想のネットワークオーディオプレーヤーとは何か。  ……正直なところ、「音楽を快適に聴く」と

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 システムの維持管理

 「システムの維持管理」と銘打ってはいるが、ここまできたユーザーにとって、これ以上気を付けることはほ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑