*

【BDレビュー】 第7回『300』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

Spartans!! Tonight, We Dine in Hell!!!


画質:9→11 音質:10


映像はVC-1でビットレートは10未満~20前半。一緒に出してるHD-DVDのせいでビットレートは猛烈に低め。
音声はリニアPCM・4.6MbpsとドルビーTRUEHD・2~2.5前後で、ロスレス音声は二通り収録。


まず画質について。
ワーナーがついにやってくれました。
パラマウントとかいう糞は置いといて、BD陣営で最もクオリティの低いソフトを出すことで有名なワーナーでしたが、300は相当な高画質で出してきました。
基本的な画作りは父親たちの星条旗と似通っているのですが、そこからさらに無用なノイズを抑えて品位を上げた印象です。300は作品の特性上、粒状感たっぷりの画になるだろうと思っていましたが実際その通りで、それでいて無用なノイズをしっかり抑えた上で粒状感もきちんと出しており、素晴らしく“ゴリゴリした画”に仕上がっています。
この、“ノイズを抑えつつ粒状感を出す”というのはどうやらマスターを作る上で非常に難しいらしく、X-MEN3や硫黄島からの手紙など、それを狙った挙句に玉砕したソフトもかなり見てきました。そんな中、300の画作りは見事にそれを実現していると言っていいのではないでしょうか。
惜しむらくは、ビットレートは殆ど10台に留まっており、HD-DVDとの同時リリースという制約が無ければもっと高画質になっていただろうということです。それにしても、VC-1でオーサリングしているスタジオはこれだけの低いビットレートでよくこれだけの画質に仕上げたものです。海賊なんかでも落ち着いたシーンでは10台が多いですが、派手な場面になるとすぐに30台に突入します。史上最強スパルタ戦士300人が100万のペルシア軍と激突し、鎧袖一触八面六臂の活躍をする場面でもやっぱり殆ど10台で、滅多に20台には乗りません。

☆テレビ買い替え後。
何とも貴重なフルHDでもキリリとシャープな画作り。
愕然とするような色の濃密さとますますゴリゴリとした質感には感動したぜ!


次に音質について。
日本発売のBDソフトとしては(恐らく)ワーナー初のリニアPCMでの収録になります。ソフトの情報が出た時、300がワーナー配給だと知った時の「なんだ、ワーナーか……\(^o^)/オワタ」という絶望をいい意味で裏切ってくれました。
素晴らしい音質です。意外と音響設計が地味(というよりは下手?)な気がしないでもありませんでしたが、楽曲やら、戦場の怒号やら、槍と剣がスパルタ兵を切り刻む時の効果音(一番重要)やら、どれもこれも素晴らしいものです。残念なことにうちのシステムじゃあちっとも重低音が出ず、少々薄っぺらい感じになってしまってちょっと悲しい思いをしましたが、そこはサブウーファーを加えるなり何なりでどうにでもなるでしょう。
ちなみに、ロスレス音声としてリニアPCMに加えてドルビーTRUEHDも収録されています。そっちも聴いてみましたが、正直言ってリニアPCMには遠く及びません。
リニアPCM>>越えられない壁>>ドルビーTRUEHD>>ドルビーデジタル
こんな感じです。この程度の音質ではドルビーの言う「ドルビーTRUEHDなら容量節約できる!便利!」という利点もまるで無意味なものになります。300のように同一ソフトで聞き比べられる状況ならリニアPCMの方が遥かに高音質です。

ようやく、ワーナーのBDソフトで高クオリティといえるソフトが出ました。
その記念すべきソフトが大好きな300なのは嬉しい限りです。




おまけ

うちのへっぽこ液晶では暗部の表現がばっさり抜け落ちます。真夜中の戦闘とか悲惨なことになります。
最近の液晶ってその辺どうなんでしょうかね、もうちょっとまともな諧調が欲しい……



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

ホームシアターでゲームをしよう!

続編:【ホームシアターでゲームをしよう!】はじめに 【ホームシアターでゲームをしよう!

記事を読む

【音源管理の精髄】 DLNAにおけるデバイスクラスについて 【ネットワークオーディオTips】

 UPnP/DLNAとがどういうものなのかについては、前回の記事で概要を示した。  この記事で

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第119回『羊たちの沈黙』

すげー久々に見たFOXのクソ手抜きやっつけ仕事 たまげたなぁ 画質:5 音質:5

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第78回『yes Live at Montreux 2003』

画質:5 音質:6 映像はVC-1でビットレートは20Mbps前後。 音声はDTS-HD

記事を読む

JPLAYを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化・実践編

JPLAYを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化  かねてから言っている通り、私

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】続・理想のネットワークオーディオプレーヤーを考える

理想のネットワークオーディオプレーヤーとは?  前回の記事から1年以上が経った。  LU

記事を読む

【UHD BDレビュー】第16回『ハドソン川の奇跡』 【Dolby Atmos】

ちなみにパッケージ&ケースには記載はないが、「Ultra HD Premium」認定のようだ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Bloodborne The Old Hunters

・アーティスト / アルバムタイトル Various Artists / Bloodb

記事を読む

【BDレビュー】 第250回『おおかみこどもの雨と雪』

画質:14 音質:9 映像:AVC 音声:リニアPCM 5.1ch 24bit

記事を読む

【音源管理の精髄】 HDDか、SSDか 【ネットワークオーディオTips】

 ネットワークオーディオにおけるサーバーのストレージに相応しいのはHDDか、SSDか。  

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑