*

【BDレビュー】 第7回『300』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

Spartans!! Tonight, We Dine in Hell!!!


画質:9→11 音質:10


映像はVC-1でビットレートは10未満~20前半。一緒に出してるHD-DVDのせいでビットレートは猛烈に低め。
音声はリニアPCM・4.6MbpsとドルビーTRUEHD・2~2.5前後で、ロスレス音声は二通り収録。


まず画質について。
ワーナーがついにやってくれました。
パラマウントとかいう糞は置いといて、BD陣営で最もクオリティの低いソフトを出すことで有名なワーナーでしたが、300は相当な高画質で出してきました。
基本的な画作りは父親たちの星条旗と似通っているのですが、そこからさらに無用なノイズを抑えて品位を上げた印象です。300は作品の特性上、粒状感たっぷりの画になるだろうと思っていましたが実際その通りで、それでいて無用なノイズをしっかり抑えた上で粒状感もきちんと出しており、素晴らしく“ゴリゴリした画”に仕上がっています。
この、“ノイズを抑えつつ粒状感を出す”というのはどうやらマスターを作る上で非常に難しいらしく、X-MEN3や硫黄島からの手紙など、それを狙った挙句に玉砕したソフトもかなり見てきました。そんな中、300の画作りは見事にそれを実現していると言っていいのではないでしょうか。
惜しむらくは、ビットレートは殆ど10台に留まっており、HD-DVDとの同時リリースという制約が無ければもっと高画質になっていただろうということです。それにしても、VC-1でオーサリングしているスタジオはこれだけの低いビットレートでよくこれだけの画質に仕上げたものです。海賊なんかでも落ち着いたシーンでは10台が多いですが、派手な場面になるとすぐに30台に突入します。史上最強スパルタ戦士300人が100万のペルシア軍と激突し、鎧袖一触八面六臂の活躍をする場面でもやっぱり殆ど10台で、滅多に20台には乗りません。

☆テレビ買い替え後。
何とも貴重なフルHDでもキリリとシャープな画作り。
愕然とするような色の濃密さとますますゴリゴリとした質感には感動したぜ!


次に音質について。
日本発売のBDソフトとしては(恐らく)ワーナー初のリニアPCMでの収録になります。ソフトの情報が出た時、300がワーナー配給だと知った時の「なんだ、ワーナーか……\(^o^)/オワタ」という絶望をいい意味で裏切ってくれました。
素晴らしい音質です。意外と音響設計が地味(というよりは下手?)な気がしないでもありませんでしたが、楽曲やら、戦場の怒号やら、槍と剣がスパルタ兵を切り刻む時の効果音(一番重要)やら、どれもこれも素晴らしいものです。残念なことにうちのシステムじゃあちっとも重低音が出ず、少々薄っぺらい感じになってしまってちょっと悲しい思いをしましたが、そこはサブウーファーを加えるなり何なりでどうにでもなるでしょう。
ちなみに、ロスレス音声としてリニアPCMに加えてドルビーTRUEHDも収録されています。そっちも聴いてみましたが、正直言ってリニアPCMには遠く及びません。
リニアPCM>>越えられない壁>>ドルビーTRUEHD>>ドルビーデジタル
こんな感じです。この程度の音質ではドルビーの言う「ドルビーTRUEHDなら容量節約できる!便利!」という利点もまるで無意味なものになります。300のように同一ソフトで聞き比べられる状況ならリニアPCMの方が遥かに高音質です。

ようやく、ワーナーのBDソフトで高クオリティといえるソフトが出ました。
その記念すべきソフトが大好きな300なのは嬉しい限りです。




おまけ

うちのへっぽこ液晶では暗部の表現がばっさり抜け落ちます。真夜中の戦闘とか悲惨なことになります。
最近の液晶ってその辺どうなんでしょうかね、もうちょっとまともな諧調が欲しい……



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【音源管理の精髄】 理想のサーバーとは? 【ネットワークオーディオTips】

 (ネットワークオーディオにおける)理想のサーバーとは何か。  私が考えるに、それは、

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第202回『ヒックとドラゴン』

もっと早くに見るべきだった映画 画質:9 音質:8 映像はAVC、音声はドルビー

記事を読む

Denon Hi-Fi Remote

デノン、ハイファイオーディオ機器向けの新操作アプリ「Denon Hi-Fi Remote」 - Ph

記事を読む

【ネットワークオーディオ】コントロールアプリ・iPad篇

※この記事の内容・データ等は2012年3月21日時点のものです       手始

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】BubbleUPnP ServerとJRiver Media Centerを組み合わせる、ついでにTIDALも使う

 そもそもBubbleUPnP Serverって何だ、使うにはどうすりゃいいんだ、使うと何がどうなる

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第197回『レジェンド・オブ・メキシコ』

デスペラードの続編というよりはある種のリメイクのような気が…… 画質:8 音質:9

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第69回『ブレードランナー』

画質・実写場面:7 特撮:10☆ 音質:10 映像はVC-1でビットレートは10台後半が中

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第204回『耳をすませば』

    |                   \     |  ('A`)        カ

記事を読む

【音展2014】LUMINブースへの御来場ありがとうございました

 10/18と10/19のLUMINのデモにお越しいただきましてありがとうございました。  急に舞

記事を読む

【音源管理の精髄】 WAVか、FLACか 【ネットワークオーディオTips】

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】 よくある質問と検索ワードへの回答

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑