*

【BDレビュー】 第124回『トランスフォーマー』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

マイケル・ベイ大勝利!


画質:14 音質:10


映像はAVCでビットレートは25Mbps前後で推移。
音声はドルビーTRUEHDの24bit。

画質について。
強靭、硬質、鋭利、重厚、そんな言葉がよく似合う。
マイケル・ベイ作品ということで、基本的な画調は『アイランド』とほぼ同質。深く濃い色彩、強烈な光と闇の同居、黒側を沈み込ませて過剰なまでの立体感を出す等等の画作りにハイビジョンの膨大な情報量が合わさり、誰が見ても高画質!と快哉を叫ぶことができるであろう素晴らしい画質。
解像感は『シューテム・アップ』と並んで過去最高レベルで、闇夜だろうと何だろうと、どんな場面でも画面には凄まじい情報量が満ちる。
惜しむらくは、作品としての画作りが時として行き過ぎて、色調が破綻する場面が数箇所あるということ。もっとも、そんなことはもはや気にならないくらい、巨大なパワーがみなぎる超高画質であると結論できる。こういう映像作品、こういう画調で高画質というのがやはり見ていて一番映える。また、画調が『トップガン』と驚くほど似ているというのも面白い。

音質について。
素晴らしい音響ではある。が、残念なら映像のテンションにサウンドが少々追いついていない。
マルチチャンネル・サラウンドの効果的な活用という点では完璧であり、ケチの付け所はまるで無い。
ただ、純粋に音響製作の哲学的な部分で、もっとメカが繰り出す音にメリハリと迫力が欲しかった、という話。また、音圧が少々低めなのも気になるといえば気になる。『アイアンマン』やらと違い、大元の音響がしっかりしているので、ボリュームを上げてやれば済むわけだが。
とにかく音量を目一杯上げて、サブウーファーもどんどこ鳴らせればさらにさらに面白いだろう。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

EPSON EH-LS10000を見てきた

 某日某所、暗室にて。  まどろっこしい話は抜きにして、一番気になっていた部分をはっきりと言お

記事を読む

さらば、SongBook

 ひとつの時代が終わったようだ。  SongBook LiteもSongBook’11 U

記事を読む

【BDレビュー】第273回『GODZILLA ゴジラ』 北米盤

おかえり 画質:10 音質:13☆ 映像:AVC 音声:DTS-HD M

記事を読む

【BDレビュー】 第248回『千年女優』

 チヨコさんこんなに可愛かったっけ…… 画質:8 音質:10 映像:AVC M

記事を読む

ガルパン劇場版をDTS HEADPHONE:Xで聴く

【BDレビュー】第318回『ガールズ&パンツァー 劇場版』  ガルパン劇場版の音声はステレオ・

記事を読む

LUMIN U1を試す 接続&運用編

ハード編    DAC入りでそのまんま音が出るプレーヤーとは違い、LUMIN U1はトランス

記事を読む

LUMIN A1、導入2周年

 色々あった一年だった。  当たり前のようにTIDALに対応したり、Qobuzにも対応したり。

記事を読む

PS3十周年とXbox One Sの日本発売とPS4 ProとUHD BD

 今日でPS3の日本発売から10年。  BD対Hなんとかとの規格争いで、PS3の存在はあまりに

記事を読む

【CES2016】Dynaudioよ何処へ行く

<CES>ディナウディオ、コンパクトな新ワイヤレススピーカー「Xeo 2」 - Bluetoothに

記事を読む

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて

 HDRやら色域の拡大やら、業界はBDに対するUHD BDの優位性は解像度だけではないとしきりに叫ん

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑