*

【BDレビュー】 第69回『ブレードランナー』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質・実写場面:7 特撮:10☆ 音質:10


映像はVC-1でビットレートは10台後半が中心。ワーナー仕様。
音声はドルビーTRUEHDの24bit。ワーナーで24bitですって!?

画質について。
『ほんとに82年の映画かよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww』
冒頭。彼方まで広がる近未来の混沌とした都市の様には度肝を抜かれました。
これはすごい。
本当にすごい。
映像の色彩とか、デザインとか、そういうのはまさに80年代なんですけど、現代のVFXに勝るとも劣らない驚くべき精彩感に満ちています。
ちょいとwikiで調べてみましたが、ブレードランナーの特撮部分は特に画質にこだわった映像制作がされていたようで、今回のハイビジョンでのファイナルカット版ではじめて本来の画を実現できたとのこと。
どうにもうまい言葉が見つかりませんが、80年代の映像が、80年代の映像としてのアイデンティティを持ったままで、現代的な高画質を実現しているわけです。夢のような話じゃないですか。
一方の実写場面ですが、こちらも82年という年代を考えれば驚くべき画質といえます。プレデターにロボコップって何だったんですかね。マスターの問題なのかエンコードの問題なのか……
なんにせよ、場面ごとの激しい画質差、古い作品にありがちな落ちない黒など色々ありますが、現代の眼をもってしても十分に唸ることができる場面が数多くあるのは驚異的。
エンコードにとってはきっと地獄であろう、作品の大半を覆うスモークもきちんとスモークとして成立しており、不要なノイズや色かぶれを生じません。
「あの往年の名作がBD化により現代映画のような清廉さで蘇る!」そんなのは嘘。あくまで見てきたソフトからこう考えてましたが、ひょっとしたら今後この認識が根本から崩れ去ることになるかもしれません。
是非崩してくれ!!

音質について。
ワーナーで24bitだと!? 許せる!!
とりあえず音質は画質と異なり製作年代におけるハンデはありません。純粋に素晴らしい音質と言えます。
シンセサイザーのミュオオオオオオオオーンなBGMが心地よいです。
昔の映画にしては音数も圧倒的に多く、効果音のひとつひとつにも鋭さがあります。
あと、とある場面でとある日本語のセリフが環境音として用いられているのですが、かつては音に埋もれて喧噪の一部になっていたであろうその声が、BDでははっきりと聞こえてしまいます。
まったく同じセリフが十回以上も延々と繰り返されているのには笑いました。
次世代音声恐るべし!

買って損無し!
監督のリドリー・スコット含め、スタッフもこの出来に喜んでいることでしょう。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

エヴァのハイレゾ音源を聴きました

 以下、引用。 スペックの進化を凌駕する「名人の耳と腕」  新たな鼓動、躍動まで聴こえ、

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第230回『言の葉の庭』

 Phile-webコミュニティで書き続けてきた『御気楽BD視聴記』。  HNも変えた再出発につき

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第36回『フルメタル・ジャケット』

笑ったり泣いたり出来なくしてやる! フゥ~ハァ~ 次世代ディスク戦争は地獄だぜェ~

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】Transformers: Age of Extinction ― 世界初のアトモス収録ソフトを“普通に”聴いてみる

 ソフトがなければ何も始まらない。  世界初のDolby Atmos収録ソフト。  それ

記事を読む

【音源管理の精髄】 Mp3tagを使ったDSDのタグ編集 【ネットワークオーディオTips】

 Mp3tag。  言わずと知れた、歴史あるタグ編集ソフトである。  私も4年前にLINN DS

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Adele / Skyfall – Single

・アーティスト / アルバムタイトル Adele / Skyfall - Single ・購

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】HDtracks 2014 Sampler

・アーティスト / アルバムタイトル 各曲それぞれ / HDtracks 2014 S

記事を読む

【Munich HIGH END 2016】OPPOのUHD BDプレーヤーは16年末発売

<HIGH END>OPPO、Ultra HD Blu-rayプレーヤーを’16年末に発売へ - P

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 『プレーヤー』を選ぶ

 そもそもネットワークオーディオにおける「プレーヤー」とは何か、ということについては、以下の記事で確

記事を読む

【BDレビュー】第278回『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』

ライジングに向けて一括購入。 画質:8 音質:8 映像:AVC 音声:D

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑