*

【BDレビュー】 第69回『ブレードランナー』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質・実写場面:7 特撮:10☆ 音質:10


映像はVC-1でビットレートは10台後半が中心。ワーナー仕様。
音声はドルビーTRUEHDの24bit。ワーナーで24bitですって!?

画質について。
『ほんとに82年の映画かよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww』
冒頭。彼方まで広がる近未来の混沌とした都市の様には度肝を抜かれました。
これはすごい。
本当にすごい。
映像の色彩とか、デザインとか、そういうのはまさに80年代なんですけど、現代のVFXに勝るとも劣らない驚くべき精彩感に満ちています。
ちょいとwikiで調べてみましたが、ブレードランナーの特撮部分は特に画質にこだわった映像制作がされていたようで、今回のハイビジョンでのファイナルカット版ではじめて本来の画を実現できたとのこと。
どうにもうまい言葉が見つかりませんが、80年代の映像が、80年代の映像としてのアイデンティティを持ったままで、現代的な高画質を実現しているわけです。夢のような話じゃないですか。
一方の実写場面ですが、こちらも82年という年代を考えれば驚くべき画質といえます。プレデターにロボコップって何だったんですかね。マスターの問題なのかエンコードの問題なのか……
なんにせよ、場面ごとの激しい画質差、古い作品にありがちな落ちない黒など色々ありますが、現代の眼をもってしても十分に唸ることができる場面が数多くあるのは驚異的。
エンコードにとってはきっと地獄であろう、作品の大半を覆うスモークもきちんとスモークとして成立しており、不要なノイズや色かぶれを生じません。
「あの往年の名作がBD化により現代映画のような清廉さで蘇る!」そんなのは嘘。あくまで見てきたソフトからこう考えてましたが、ひょっとしたら今後この認識が根本から崩れ去ることになるかもしれません。
是非崩してくれ!!

音質について。
ワーナーで24bitだと!? 許せる!!
とりあえず音質は画質と異なり製作年代におけるハンデはありません。純粋に素晴らしい音質と言えます。
シンセサイザーのミュオオオオオオオオーンなBGMが心地よいです。
昔の映画にしては音数も圧倒的に多く、効果音のひとつひとつにも鋭さがあります。
あと、とある場面でとある日本語のセリフが環境音として用いられているのですが、かつては音に埋もれて喧噪の一部になっていたであろうその声が、BDでははっきりと聞こえてしまいます。
まったく同じセリフが十回以上も延々と繰り返されているのには笑いました。
次世代音声恐るべし!

買って損無し!
監督のリドリー・スコット含め、スタッフもこの出来に喜んでいることでしょう。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオ】 極限状況下でレスポンス最速のコントロールアプリは?

【2013年11月19日更新・追記】 2012年の初頭、iPad2でもってネットワーク

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】サーバーソフトの紹介 『MinimServer』

 ソフトのバージョンアップに伴い、2013/12/09初出の記事を刷新。 サーバーソフトの紹介

記事を読む

【BDレビュー】 第242回『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』

アイアンハイド……(´;ω;`) 画質:14 音質:13 映像:AVC 音声:

記事を読む

ESOTERIC N-05

 祝・気合いの入った国産ネットワークオーディオプレーヤー。 エソテリック、ネットワークオーディ

記事を読む

Roonの「魔法」の正体

前記事 Roonは音楽鑑賞の未来たり得るか Roon 導入編  RoonのOv

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第96回『鉄コン筋クリート』 北米盤

日本じゃ全く出る気配が無いね、仕方ないね…… うーん、面白さはさすがにマインドゲームには及ばず

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第163回『A River Runs Through It』

画質:8(6~10) 音質:9 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bit

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】宇多田ヒカル / Fantôme

・アーティスト / アルバムタイトル 宇多田ヒカル / Fantôme ・購入元

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Creation 5』(iPad版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Yes / Yessongs

・アーティスト / アルバムタイトル Yes / Yessongs ・購入元 HDtrac

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

→もっと見る

PAGE TOP ↑