*

【BDレビュー】 第69回『ブレードランナー』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質・実写場面:7 特撮:10☆ 音質:10


映像はVC-1でビットレートは10台後半が中心。ワーナー仕様。
音声はドルビーTRUEHDの24bit。ワーナーで24bitですって!?

画質について。
『ほんとに82年の映画かよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww』
冒頭。彼方まで広がる近未来の混沌とした都市の様には度肝を抜かれました。
これはすごい。
本当にすごい。
映像の色彩とか、デザインとか、そういうのはまさに80年代なんですけど、現代のVFXに勝るとも劣らない驚くべき精彩感に満ちています。
ちょいとwikiで調べてみましたが、ブレードランナーの特撮部分は特に画質にこだわった映像制作がされていたようで、今回のハイビジョンでのファイナルカット版ではじめて本来の画を実現できたとのこと。
どうにもうまい言葉が見つかりませんが、80年代の映像が、80年代の映像としてのアイデンティティを持ったままで、現代的な高画質を実現しているわけです。夢のような話じゃないですか。
一方の実写場面ですが、こちらも82年という年代を考えれば驚くべき画質といえます。プレデターにロボコップって何だったんですかね。マスターの問題なのかエンコードの問題なのか……
なんにせよ、場面ごとの激しい画質差、古い作品にありがちな落ちない黒など色々ありますが、現代の眼をもってしても十分に唸ることができる場面が数多くあるのは驚異的。
エンコードにとってはきっと地獄であろう、作品の大半を覆うスモークもきちんとスモークとして成立しており、不要なノイズや色かぶれを生じません。
「あの往年の名作がBD化により現代映画のような清廉さで蘇る!」そんなのは嘘。あくまで見てきたソフトからこう考えてましたが、ひょっとしたら今後この認識が根本から崩れ去ることになるかもしれません。
是非崩してくれ!!

音質について。
ワーナーで24bitだと!? 許せる!!
とりあえず音質は画質と異なり製作年代におけるハンデはありません。純粋に素晴らしい音質と言えます。
シンセサイザーのミュオオオオオオオオーンなBGMが心地よいです。
昔の映画にしては音数も圧倒的に多く、効果音のひとつひとつにも鋭さがあります。
あと、とある場面でとある日本語のセリフが環境音として用いられているのですが、かつては音に埋もれて喧噪の一部になっていたであろうその声が、BDでははっきりと聞こえてしまいます。
まったく同じセリフが十回以上も延々と繰り返されているのには笑いました。
次世代音声恐るべし!

買って損無し!
監督のリドリー・スコット含め、スタッフもこの出来に喜んでいることでしょう。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】 Adele / Skyfall – Single

・アーティスト / アルバムタイトル Adele / Skyfall - Single ・購

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第178回『天空の城ラピュタ』

画質:8 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMAステレオの24bit 画質に

記事を読む

さらば、SongBook

 ひとつの時代が終わったようだ。  SongBook LiteもSongBook’11 U

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Signe Bakke / CRYSTALLINE

・アーティスト / アルバムタイトル Signe Bakke / CRYSTALLINE

記事を読む

【Roon Server/RoonReady】Clones audio THE HOST music server

Clones Audio THE HOST  これまた非常に手頃なRoon Server。

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリのインターフェース/デザインはどのようにあるべきか

 個別検証前にちょっと整理その2。  この記事の続きなので復習。  コントロールアプリの基本

記事を読む

雪国、冬、静寂

 今年は暖冬で例年と比べて随分と遅くなったが、いよいよオーディオにとって最高の季節がやってき

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第62回『トロイ』

画質:9 音質:10 映像はVC-1、驚異の低ビットレート。詳細は後述。 音声はドルビー

記事を読む

exaSound PlayPointがミュージックサーバー/Roon Serverになったぞ

exaSound PlayPoint  元々、PlayPointはすンごく多機能なネットワーク

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】鷺巣詩郎 / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 オリジナルサウンドトラック

・アーティスト / アルバムタイトル 鷺巣詩郎 / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 オリジナルサウン

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑