*

【BDレビュー】 第10回『ミッション・インポッシブル3』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

なんだかんだ言ってこのヤケクソ視聴記も10回目を数えました。
色々思うことはありますが、それはおまけにて。

記念すべきかどうか知りませんが、第10回目ということで原点を見つめ直すという意味で、BDソフト最初期に発売され、当時の認知度としても非常に高かったミッション・インポッシブル3を取り上げます。


画質:4 音質:3


映像コーデックはMPEG-2でビットレートは20Mbps前後。
音声はドルビーデジタルのみ。

画質について。
いきなり出てくるトム様の不気味な顔色に仰天するところから映画は始まります。
黄色人種もびっくり、むしろもう褐色じゃね? と思えるような肌の色、あまりにもどぎついピンク色の唇。はじめて見た時からなんとも面妖と思いましたが、一番最初に買った他のソフトとの比較で益々その感が強まりました。とにかく全編に渡って顔色の面妖さが付き纏います。「ディスプレイの価値は顔の表現で決まる!」とか何とかAV評論家の皆様は言ってますが、このソフトのように元々酷い画の場合はどう判断してるんでしょうか。ソフトごとにいちいち最適な画質設定を探求するっていうのもアリかもしれませんが、そこまでする気は毛頭ありません。そんなんやったら御気楽でも何でもじゃないじゃん。
面妖なツラに加え、ステルスでも書いた“異常なまでの色の濃さ”が最も顕著に現れているソフトでもあります。これは私の勝手な想像ですが、オーサリング担当者が「次世代ディスクとDVDは違うんだぞー、凄いんだぞー」ということを露骨に、というか安直に示そうとした結果、こんな異常に色の濃い画作りになったのではないでしょうか。それに加えて異様にハイコントラスト志向の画作りで、暗部がばっさり抜け落ちていることも併記しておきます。
本編中にはイタリアの町並みも登場します。みんな大好きヴァチカンも登場です。カラッとしたイタリアの空気と発色の良い画作りはそれなりに合っているのですが、細かい所に盛大に出るノイズのおかげでイマイチ締まりません。同じくイタリアの町並みが登場する007に比べればヘッポコもいいところです。まあ、この辺は技術進歩とコーデックの差でしょう。
兎にも角にも、面妖なツラが全ての要素をフイにしてしまっている気がします。場面場面によっては「オォッ、これが次世代の画か!」と唸るようなものもあるので、その辺は残念です。
が、この評価はあくまで私の安物液晶で見た場合の評価ですので、“広大な色レンジと優秀な色彩調整機能と強靭な暗部階調”を有する映像機器で見れば大化けするソフトかもしれません。

音質について。
糞。パラマウントはずっと糞。以上。








ちょっと長い毒おまけ

もはやBDの早期普及は完全に無くなったな。
BD対HD-DVDは日本で2011年くらいまでグダグダな争いを続けるだろうし、もう両規格とも立ち消えする可能性の方が高まってきたんじゃないの? HDとSDの違いさえまるで理解されてないこの現状で普及なんぞ進むはずが無い。無理でしょ。
それにしてもホント皆PS3が嫌いなんだな。今週の読者投票だってPS3の価値を貶めようっていう意図が設問からして露骨に見えるし。DVDの時も1996年に最初のプレーヤーが発売されてからも泣かず飛ばずで、結局AVファンが蔑む“ゲーム機”のPS2が2000年に出るまでまるで普及しなかったってのにね。ま、世界でたった550万台しか売れてないPS3の価値なんぞ無視され貶められても仕方ないのかもね。

まさか私のような貧乏学生がバイトして買った“最安価格帯”の機器のおかげでアーリーアダプタの悲哀を感じるハメになるとはまるで思わなかった。
これから3年くらいは肩身の狭い思いをすることになりそうだ。
けれども某社長の言うような後悔は一度も感じたことは無い。

BDソフトにまみれる暮らしは楽しくて仕方が無い。
さて、17は蜘蛛男三部作か……



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第33回『キング・アーサー』

一方日本はアーサー王のエロゲを作った がちがちの歴史スペクタクルというわけではなく、かなり

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第220回『リアル・スティール』

わたしは映画通になりたいわけではない。 深淵な映画全般の知識も無ければ、作品の衒学的文学的な評論な

記事を読む

エヴァのハイレゾ音源を買いました

 アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」最新のハイレゾ専用リマスターで遂に登場!  というわけで

記事を読む

【RoonReady】Ayre QX-5 Twenty 【Munich HIGH END 2016】

<HIGH END>Ayre、「ES9038PRO」を採用したネットワークプレーヤー「QX-5 Tw

記事を読む

LUMIN S1、T1、D1、さらにL1

 前々から新製品の情報は出ていたが、ついにローンチを迎えたようだ。  一気に賑やかになった。  

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第3回『007 カジノ・ロワイアル』

怒涛の勢いで第三回。休日の有効利用ってやつです。 さて今回は、皆さんご存知新たなスタートを切っ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】D’Angelo / Black Messiah

・アーティスト / アルバムタイトル D'Angelo / Black Messiah

記事を読む

CES2015雑感

・DTS:X  やっぱりな。 ・テレビ  明部が激烈に輝くかわりに黒が浮くハイコントラ

記事を読む

【TIAS2015】国産ネットワークオーディオプレーヤー、おめでとう!

ヤマハの次世代スピーカー「NS-5000」が披露。ESOTERICはネットワークプレーヤー「N-05

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第52回『デビル』

画質:7 音質:7 映像はAVCでビットレートは20台中心。 音声はドルビーTRUEHD

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoonReadyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoonReadyならず

RoonReady、ネットワークオーディオ第五の矢  LUM

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Se

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

canarino Fils 単体サーバー編 その2

その1  懸案だったアナログ電源を手に入れて状況が整ったので

→もっと見る

PAGE TOP ↑