*

【BDレビュー】 第10回『ミッション・インポッシブル3』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

なんだかんだ言ってこのヤケクソ視聴記も10回目を数えました。
色々思うことはありますが、それはおまけにて。

記念すべきかどうか知りませんが、第10回目ということで原点を見つめ直すという意味で、BDソフト最初期に発売され、当時の認知度としても非常に高かったミッション・インポッシブル3を取り上げます。


画質:4 音質:3


映像コーデックはMPEG-2でビットレートは20Mbps前後。
音声はドルビーデジタルのみ。

画質について。
いきなり出てくるトム様の不気味な顔色に仰天するところから映画は始まります。
黄色人種もびっくり、むしろもう褐色じゃね? と思えるような肌の色、あまりにもどぎついピンク色の唇。はじめて見た時からなんとも面妖と思いましたが、一番最初に買った他のソフトとの比較で益々その感が強まりました。とにかく全編に渡って顔色の面妖さが付き纏います。「ディスプレイの価値は顔の表現で決まる!」とか何とかAV評論家の皆様は言ってますが、このソフトのように元々酷い画の場合はどう判断してるんでしょうか。ソフトごとにいちいち最適な画質設定を探求するっていうのもアリかもしれませんが、そこまでする気は毛頭ありません。そんなんやったら御気楽でも何でもじゃないじゃん。
面妖なツラに加え、ステルスでも書いた“異常なまでの色の濃さ”が最も顕著に現れているソフトでもあります。これは私の勝手な想像ですが、オーサリング担当者が「次世代ディスクとDVDは違うんだぞー、凄いんだぞー」ということを露骨に、というか安直に示そうとした結果、こんな異常に色の濃い画作りになったのではないでしょうか。それに加えて異様にハイコントラスト志向の画作りで、暗部がばっさり抜け落ちていることも併記しておきます。
本編中にはイタリアの町並みも登場します。みんな大好きヴァチカンも登場です。カラッとしたイタリアの空気と発色の良い画作りはそれなりに合っているのですが、細かい所に盛大に出るノイズのおかげでイマイチ締まりません。同じくイタリアの町並みが登場する007に比べればヘッポコもいいところです。まあ、この辺は技術進歩とコーデックの差でしょう。
兎にも角にも、面妖なツラが全ての要素をフイにしてしまっている気がします。場面場面によっては「オォッ、これが次世代の画か!」と唸るようなものもあるので、その辺は残念です。
が、この評価はあくまで私の安物液晶で見た場合の評価ですので、“広大な色レンジと優秀な色彩調整機能と強靭な暗部階調”を有する映像機器で見れば大化けするソフトかもしれません。

音質について。
糞。パラマウントはずっと糞。以上。








ちょっと長い毒おまけ

もはやBDの早期普及は完全に無くなったな。
BD対HD-DVDは日本で2011年くらいまでグダグダな争いを続けるだろうし、もう両規格とも立ち消えする可能性の方が高まってきたんじゃないの? HDとSDの違いさえまるで理解されてないこの現状で普及なんぞ進むはずが無い。無理でしょ。
それにしてもホント皆PS3が嫌いなんだな。今週の読者投票だってPS3の価値を貶めようっていう意図が設問からして露骨に見えるし。DVDの時も1996年に最初のプレーヤーが発売されてからも泣かず飛ばずで、結局AVファンが蔑む“ゲーム機”のPS2が2000年に出るまでまるで普及しなかったってのにね。ま、世界でたった550万台しか売れてないPS3の価値なんぞ無視され貶められても仕方ないのかもね。

まさか私のような貧乏学生がバイトして買った“最安価格帯”の機器のおかげでアーリーアダプタの悲哀を感じるハメになるとはまるで思わなかった。
これから3年くらいは肩身の狭い思いをすることになりそうだ。
けれども某社長の言うような後悔は一度も感じたことは無い。

BDソフトにまみれる暮らしは楽しくて仕方が無い。
さて、17は蜘蛛男三部作か……



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【レビュー】Dynaudio Sapphire

 2007年のTIAS。  その時、奇しくも私は同じくDynaudioのAudience122を買

記事を読む

【音源管理の精髄】 Mp3tagを使ったDSDのタグ編集 【ネットワークオーディオTips】

 Mp3tag。  言わずと知れた、歴史あるタグ編集ソフトである。  私も4年前にLINN DS

記事を読む

【音源管理の精髄】 そもそもUPnP/DLNAって何だ? 【ネットワークオーディオTips】

 この記事はあくまでネットワークオーディオの基礎知識として、私が聞きかじって理解している内容をまとめ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Marvin Gaye / The Marvine Gaye Collection

・アーティスト / アルバムタイトル Marvin Gaye / The Marvine Gaye

記事を読む

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃Fun  やったぜ!

記事を読む

Twonky Server 8.3、さらば、トンキー病

 Twonky Serverのバージョンがこないだ8.3になった。 Twonky Serv

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第169回『プレデターズ』

画質:9 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について。

記事を読む

【CES2016】ESS Technology ES9038PRO SABRE DAC

The ES9038PRO SABRE DAC ESS Technology SABRE PRO

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第98回『ショーシャンクの空に』

好い映画。 画質:7 音質:7 映像はVC-1、ビットレートは高くて25Mbps程度

記事を読む

【音源管理の精髄】 アルバムアートに関する駄目な例 【ネットワークオーディオTips】

 あえて「駄目な例」と言い切ってしまおう。  身の回りでこんな例、見たことはないだろうか?

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑