*

【BDレビュー】第276回『エクスペンダブルズ 3』 北米盤 【Dolby Atmos】

公開日: : 最終更新日:2016/09/25 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

BDエクスペンダブルズ大集合
家族のような安心感


画質:9
音質:14


映像:AVC
音声:Dolby Atmos
20141204-9


○画質
 端的に言って、高画質である。
 エクスペンダブルズのくせに高画質である。
 前作のいじくり回した挙句劣化した画とは大違いで、きれいさっぱり汚れが取り除かれて清涼になった、今風の切れ上がる解像感を備えた画となっている。“グレインをまぶして感覚的な情報量をブーストする”という手法を用いず、最近の映画らしい“純粋に撮影された情報量でもって勝負する”という方向と言えよう。
 これは『ローン・サバイバー』のレビューでも書いたことだが、無闇に演出として映像を汚すよりも、ありったけの情報量で、ただ在るものを在るがままに映し出すほうが凄みが出るように思うのは私だけだろうか。実際にその方が、消耗品軍団と若手チームの顔面に刻み込まれた戦歴の差が容赦なく浮かび上がる。
 が、スカウトのために夜を走るシーンでは夜空に露骨なバンディングが生じている。そこだけマイナス。

○見どころ
 皺
 鉄火


○音質
 Dolby Atmos収録。
 が、上記の通り再生環境がないので視聴はドルビーTRUEHD 7.1chとなる。
 単純な力押しの感があった一作目、銃弾と音数が激増した二作目と比べると、本作は空間、特に縦方向の表現に注力している。Dolby Atmosという方式が採用されたことも、本作のそうした音作りに少なからず影響を与えているように思う。ヘリとの攻防、建物の上下階を駆使して戦う展開の多さも音響に多彩さを与えている。
 現に、Dolby Atmosの再生でなくても上下方向の情報量は明らかに増している。前作に比べると絶対的な音数、もとい銃撃の密度は少々劣り、火砲の威力は同程度、空間表現で勝る。結果として、音質の評点としては前作と同じにしてある。
 が、前述のとおりこの評価はドルビーTRUEHD 7.1chで視聴したものであり、Dolby Atmosで真価を発揮させた状態でどのようなことになるのかは想像できない。よってプラスアルファとした。
 言うまでもないことだが、精緻に構築された映画音響をきちんとしたマルチチャンネル環境で再生すれば、別にDolby Atmosでなかろうと上下方向の情報量は大いに出すことが可能である。そのうえで、Dolby Atmosがどのような向上をもたらすのかが楽しみで仕方がない。

【追記】
 Pioneer SC-LX59とECLIPSE TD307MK2Aの導入に伴いDolby Atmosで聴いた。
 参照:Dolby Atmosのソフトを片っ端から聴く

○聴きどころ
 火花と血肉が散るすべての場面
 

○総評
 「真正面から突っ込んでいってブッ潰す? 85年ならそれでもよかったけど、もうそんな時代じゃないでしょ」的な台詞が作中にあった。エクスペンダブルズらしからぬテクニカルな作戦が遂行されるシーンがあった。が、最後の最後は剥き出しの暴力で相手を粉砕するといういつもの展開になる。それがたまらなく愛しい。一作目・二作目に比べて脚本が丹念というか丁寧になり、“溜め”の部分が大きくなったおかげで、クライマックスの爆発力は過去最高となった。
 画も音も過去最高潮の出来映えであり、Dolby Atmosでのさらなる飛躍を今後の楽しみとしたい。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire(フロント)
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第211回『遊星からの物体X』

犬はスタン・ウィンストン大先生の作品 画質:7 音質:8 仕様詳細はsiro様の

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Michael Jackson / Bad

・アーティスト / アルバムタイトル Michael Jackson / Bad ・購入元

記事を読む

LUMIN L1のSSDを1TBに換装した

 急激に増えていくライブラリのサイズに耐えきれず、SanDisk X300sの512GBから、同じく

記事を読む

AURALiC ARIES MINI

 日本に上陸していないネットワークオーディオ関連機器を何となく紹介するシリーズ。 AURALi

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】JPLAYを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化

再生ソフトを用いたPCのサーバー化――最も簡単なネットワークオーディオの形 foobar200

記事を読む

【インプレッション】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 運用編 【Roon Server】

【インプレッション】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】宇多田ヒカル / Fantôme

・アーティスト / アルバムタイトル 宇多田ヒカル / Fantôme ・購入元

記事を読む

PS4 Pro

新型「PS4 Pro」11月10日発売、価格は44,980円!全てのソフトを4K画質&安定した高速フ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 『サーバー』を用意する

 サーバーとは何か? →コチラとコチラ  今までの実践編で、『音源』/『ライブラリ』は

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第219回『電脳コイル』

この時代において攻殻機動隊を再解釈して再構築したとも言える傑作 画質:9 音質:10

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DLNA解散

DLNA解散。13年で40億台の音・映像のホームネットワーク相互接続を

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第九章「馨る女神の御膝元」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第八章「光ことなる錦秋の宮」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

Twonky Server 8.4にアップデートするのは待った方がいいかもしれない

 QNAPへの今後の対応が取り沙汰されたTwonky Serverだが

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第七章「風渡る山姫の幽谷」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第六章「恵み色濃き深碧の淵」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

ポタ研の中のデジ研

ポータブルしないオーディオイベント「デジ研」、ポタ研と同時開催 - P

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第五章「雄勝の背骨に麒麟舞う」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】OPPO Sonica DAC 音質編

導入・外観編 ネットワーク編 ・再生環境(詳細)

【ハイレゾ音源備忘録】Marcus Miller / Afrodeezia

・アーティスト / アルバムタイトル Marcus Mi

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / BUTTERFLY

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【レビュー】OPPO Sonica DAC ネットワーク編

導入・外観編 音質編  USB入力と比べて対応フォ

【レビュー】OPPO Sonica DAC 導入・外観編

ネットワーク編 音質編  待ちに待ったOPPO S

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNDERGROUND

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第四章「湯澤の山の上と下」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave One

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

Roon 1.3の諸々 再生機能編

 Roon 1.3! Roon 1.3 Is Live!

Roon 1.3の諸々 ライブラリ機能編

 Roon 1.3! Roon 1.3 Is Live!

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第三章「彼岸の真白なる静寂」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第二章「妙産の湯、深山に湧く」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑