*

【BDレビュー】第276回『エクスペンダブルズ 3』 北米盤 【Dolby Atmos】

公開日: : 最終更新日:2016/09/25 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

BDエクスペンダブルズ大集合
家族のような安心感


画質:9
音質:14


映像:AVC
音声:Dolby Atmos
20141204-9


○画質
 端的に言って、高画質である。
 エクスペンダブルズのくせに高画質である。
 前作のいじくり回した挙句劣化した画とは大違いで、きれいさっぱり汚れが取り除かれて清涼になった、今風の切れ上がる解像感を備えた画となっている。“グレインをまぶして感覚的な情報量をブーストする”という手法を用いず、最近の映画らしい“純粋に撮影された情報量でもって勝負する”という方向と言えよう。
 これは『ローン・サバイバー』のレビューでも書いたことだが、無闇に演出として映像を汚すよりも、ありったけの情報量で、ただ在るものを在るがままに映し出すほうが凄みが出るように思うのは私だけだろうか。実際にその方が、消耗品軍団と若手チームの顔面に刻み込まれた戦歴の差が容赦なく浮かび上がる。
 が、スカウトのために夜を走るシーンでは夜空に露骨なバンディングが生じている。そこだけマイナス。

○見どころ
 皺
 鉄火


○音質
 Dolby Atmos収録。
 が、上記の通り再生環境がないので視聴はドルビーTRUEHD 7.1chとなる。
 単純な力押しの感があった一作目、銃弾と音数が激増した二作目と比べると、本作は空間、特に縦方向の表現に注力している。Dolby Atmosという方式が採用されたことも、本作のそうした音作りに少なからず影響を与えているように思う。ヘリとの攻防、建物の上下階を駆使して戦う展開の多さも音響に多彩さを与えている。
 現に、Dolby Atmosの再生でなくても上下方向の情報量は明らかに増している。前作に比べると絶対的な音数、もとい銃撃の密度は少々劣り、火砲の威力は同程度、空間表現で勝る。結果として、音質の評点としては前作と同じにしてある。
 が、前述のとおりこの評価はドルビーTRUEHD 7.1chで視聴したものであり、Dolby Atmosで真価を発揮させた状態でどのようなことになるのかは想像できない。よってプラスアルファとした。
 言うまでもないことだが、精緻に構築された映画音響をきちんとしたマルチチャンネル環境で再生すれば、別にDolby Atmosでなかろうと上下方向の情報量は大いに出すことが可能である。そのうえで、Dolby Atmosがどのような向上をもたらすのかが楽しみで仕方がない。

【追記】
 Pioneer SC-LX59とECLIPSE TD307MK2Aの導入に伴いDolby Atmosで聴いた。
 参照:Dolby Atmosのソフトを片っ端から聴く

○聴きどころ
 火花と血肉が散るすべての場面
 

○総評
 「真正面から突っ込んでいってブッ潰す? 85年ならそれでもよかったけど、もうそんな時代じゃないでしょ」的な台詞が作中にあった。エクスペンダブルズらしからぬテクニカルな作戦が遂行されるシーンがあった。が、最後の最後は剥き出しの暴力で相手を粉砕するといういつもの展開になる。それがたまらなく愛しい。一作目・二作目に比べて脚本が丹念というか丁寧になり、“溜め”の部分が大きくなったおかげで、クライマックスの爆発力は過去最高となった。
 画も音も過去最高潮の出来映えであり、Dolby Atmosでのさらなる飛躍を今後の楽しみとしたい。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire(フロント)
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

「DACプリ」に対するささやかな希望

 「DACプリ」と一言で言っても、実際の製品はいくつかの種類に分かれるようだ。 ①アナログ

記事を読む

【おしらせ】春のヘッドホン祭2015に参加します

フジヤエービック 春のヘッドホン祭り2015 新製品発表会 日時:5/17(日) 14:00~

記事を読む

【BDレビュー】第279回『猿の惑星:新世紀(ライジング)』

 色々とおまけつき。  それはそうとパッケージデザイン酷過ぎない? ポスターじゃあるまいし……

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第141回『グラン・トリノ』

浄化、カタルシス 画質:10 音質:10 映像はVC-1、音声はドルビーTRUE

記事を読む

【おしらせ・再】音展2015に参加します

 しかも今回は出番が増えたようです。 ネットワークオーディオ実践セミナー・音展スペシャル

記事を読む

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous Roon 1.3 - DAR

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Keith Jarrett / The Koln Concert

・アーティスト / アルバムタイトル Keith Jarrett / The Koln Conce

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第219回『電脳コイル』

この時代において攻殻機動隊を再解釈して再構築したとも言える傑作 画質:9 音質:10

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】光田康典 / クロノ・トリガー&クロノ・クロス アレンジアルバム/ハルカナルトキノカナタへ

・アーティスト / アルバムタイトル 光田康典 / クロノ・トリガー&クロノ・クロス アレ

記事を読む

【Audio】 システムまとめ 【Visual】

システム全景(2016/03/25) 【オーディオ】 canarino Fils +

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑