*

【BDレビュー】第276回『エクスペンダブルズ 3』 北米盤 【Dolby Atmos】

公開日: : 最終更新日:2016/09/25 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

BDエクスペンダブルズ大集合
家族のような安心感


画質:9
音質:14


映像:AVC
音声:Dolby Atmos
20141204-9


○画質
 端的に言って、高画質である。
 エクスペンダブルズのくせに高画質である。
 前作のいじくり回した挙句劣化した画とは大違いで、きれいさっぱり汚れが取り除かれて清涼になった、今風の切れ上がる解像感を備えた画となっている。“グレインをまぶして感覚的な情報量をブーストする”という手法を用いず、最近の映画らしい“純粋に撮影された情報量でもって勝負する”という方向と言えよう。
 これは『ローン・サバイバー』のレビューでも書いたことだが、無闇に演出として映像を汚すよりも、ありったけの情報量で、ただ在るものを在るがままに映し出すほうが凄みが出るように思うのは私だけだろうか。実際にその方が、消耗品軍団と若手チームの顔面に刻み込まれた戦歴の差が容赦なく浮かび上がる。
 が、スカウトのために夜を走るシーンでは夜空に露骨なバンディングが生じている。そこだけマイナス。

○見どころ
 皺
 鉄火


○音質
 Dolby Atmos収録。
 が、上記の通り再生環境がないので視聴はドルビーTRUEHD 7.1chとなる。
 単純な力押しの感があった一作目、銃弾と音数が激増した二作目と比べると、本作は空間、特に縦方向の表現に注力している。Dolby Atmosという方式が採用されたことも、本作のそうした音作りに少なからず影響を与えているように思う。ヘリとの攻防、建物の上下階を駆使して戦う展開の多さも音響に多彩さを与えている。
 現に、Dolby Atmosの再生でなくても上下方向の情報量は明らかに増している。前作に比べると絶対的な音数、もとい銃撃の密度は少々劣り、火砲の威力は同程度、空間表現で勝る。結果として、音質の評点としては前作と同じにしてある。
 が、前述のとおりこの評価はドルビーTRUEHD 7.1chで視聴したものであり、Dolby Atmosで真価を発揮させた状態でどのようなことになるのかは想像できない。よってプラスアルファとした。
 言うまでもないことだが、精緻に構築された映画音響をきちんとしたマルチチャンネル環境で再生すれば、別にDolby Atmosでなかろうと上下方向の情報量は大いに出すことが可能である。そのうえで、Dolby Atmosがどのような向上をもたらすのかが楽しみで仕方がない。

【追記】
 Pioneer SC-LX59とECLIPSE TD307MK2Aの導入に伴いDolby Atmosで聴いた。
 参照:Dolby Atmosのソフトを片っ端から聴く

○聴きどころ
 火花と血肉が散るすべての場面
 

○総評
 「真正面から突っ込んでいってブッ潰す? 85年ならそれでもよかったけど、もうそんな時代じゃないでしょ」的な台詞が作中にあった。エクスペンダブルズらしからぬテクニカルな作戦が遂行されるシーンがあった。が、最後の最後は剥き出しの暴力で相手を粉砕するといういつもの展開になる。それがたまらなく愛しい。一作目・二作目に比べて脚本が丹念というか丁寧になり、“溜め”の部分が大きくなったおかげで、クライマックスの爆発力は過去最高となった。
 画も音も過去最高潮の出来映えであり、Dolby Atmosでのさらなる飛躍を今後の楽しみとしたい。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire(フロント)
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第132回『D WARS』

これ…… 画質:7 音質:7 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bi

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第188回『パットン 大戦車軍団』

画質:10 音質:6 映像はAVC、音声はDTS-HDMA・24bit 画質について

記事を読む

【ネットワークオーディオ・実践編】 あると便利なもの

○スキャナ  ネットに転がっているアルバムアートを適当に貼り付けるだけでも、何もないのに比べれ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / Canta Con Me~あの日の歌

 以下、光田康典公式ホームページ「Our Millenial Fair」より引用。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第82回『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』

画質:6 音質:5 映像はAVCでレートは目一杯。 音声はリニアPCMステレオ。

記事を読む

サーバーが本当の意味で「オーディオ機器」になる日

ネットワークオーディオの三要素――『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』  システムの

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第89回『シューテム・アップ』

画質:14 音質:12+(7.1ch収録のため) 映像はVC-1でビットレートはストレスな

記事を読む

【レビュー】LUMIN A1

 素材が出揃ったので、まとめ。  ちなみに本国HP、あるいは国内のHPやメディアでは「LUMI

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・アバック大阪梅田店

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  8月1日と

記事を読む

アニソンオーディオ vol.3を買ったよ

 盛りだくさんの内容。  光田氏のインタビューも読めて満足。  ハルカナルトキノカナタへ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑