*

【BDレビュー】 第130回『スカイクロラ』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:10 音質:10


映像はAVCでビットレートはかなり高め。
音声はドルビーTRUEHDとDTS-HDMAの両方を16bitで収録。二つ収録するのは無意味っつってんだろ!

画質について。
押井守の映像製作に対する意図が事細かに見て取れるレベルの画質。
2D作画と3CGIをコンポジットすると情報量の差が映像の断層として見えてヤダヤダ!→3DCGIの部分はフォーカス甘くして微妙にぼかせばいんじゃね?→甘くなりました。でも、こんな小手先で馴染みが出たかどうかは正直謎。実際問題、こんなものが押井守の見出した“2Dと3Dを融合させる方法”なのだとしたら実に情けない。ポストエフェクトによって2Dを本気の3Dと同じ次元にまで引き上げた鴉-KARAS-を見習え!
フルデジタル製作だと原理的に撮影時の明暗によって画質差なんて生じ得ないけれど、そうなるとフィルムらしさが無くなってヤダヤダ!→夜、闇の部分だけフォーカス甘くすればいんじゃね?→甘くなりました。確かに、闇の中にぼんやり浮かび上がる建物にライトを当てるとしゃきっとフォーカスが合う、なんて表現はなかなか面白い。
映像云々はさておき、デジタルアニメの画質としては最上位である。画面はきりりと透徹し、ノイズは皆無、マッハバンドは気にならない、圧縮に伴う諸々の害悪はまず見られない。
しかし、画質的には完璧ながらとにかく映像的に小奇麗にまとまりすぎている感があり、イノセンスのように突出した映像美というものは無い。映像、画質において「うおおーッ、すげぇーッ」と言えるものは無いのだ。
よって、10点“満点”である。

音質について。
押井守は音を演出手段としてきちんと作品に取り込める、日本人としては稀有な監督の一人であると思っている。
そして実際、スカイクロラの音響も実によくできている。作品世界は決して画面の中だけではなく、画面の外にも空間が広がっているのだという当たり前の事実を、きちんと音響でもって表現できているのだ。
細かい音をきちんと散りばめた上で、音楽を含めて“空気感”や“雰囲気”といったものを表現しようという試みも見事に成功している。基本的に、スカイクロラの音響効果は完璧であり、何の不足も欠陥も無い。イノセンス同様、実に理詰めに精緻に組み上げられた見事な出来栄えである。
面白いのは、作品の音全体に遍在する“空虚さ”だ。基地での生活に付与された微細で繊細な音の数々、空戦シーンの迫力ある爆音、どれもこれもどこか白々しい――空しく、虚ろである。この辺りは音楽との関係も大いにあるだろうが、とにかく音全体から作品に込められたテーマが垣間見えるというのは素晴らしいことに思う。
たとえそれが、五感を震わせ血沸き肉踊るようなものではなくとも、作品の空気にぴたり合致する、まさに完成された音であるといえよう。
よって、10点“満点”である。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

ネットワークオーディオの本質

 2013/12/22初出の記事を、核心はそのままに、今までの蓄積と現状を踏まえて更新。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第24回『劇場版 機動警察パトレイバー2』

パトレイバーその2です。 1が89年で、2は93年。この二つを見ることで、日本のアニメーションの8

記事を読む

【音源管理の精髄】 Asset UPnPをQNAPで使う 【ネットワークオーディオTips】

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Asset U

記事を読む

【BDレビュー】 第228回『パンズ・ラビリンス』

前々から見たかった作品、ようやく国内でBDが出たので初視聴。 「ファンタジー」という言葉の意味を、

記事を読む

Linn KazooがiPhoneでもandroidでも使えるようになったよ+α

 Kinskyに続くLINN純正のコントロールアプリ、Linn Kazoo。  長らくiPad

記事を読む

【BDレビュー】第278回『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』

ライジングに向けて一括購入。 画質:8 音質:8 映像:AVC 音声:D

記事を読む

【レビュー・更新】OPPO Sonica DAC ネットワーク編

導入・外観編 音質編  USB入力と比べて対応フォーマットが寂しいのは残念だが、

記事を読む

【音源管理の精髄】 ハイレゾ音源! ……でもちょっと待った 【ネットワークオーディオTips】

 12月18日にエヴァのハイレゾが出て、かつ色んな意味で期待通りだったので予定通り書くとしよう。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第20回『攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL』

さて、アナログとデジタルの結節点に攻殻機動隊はBD化によってどんな姿を見せてくれるのでしょうか?

記事を読む

Nmode X-PM7 音質編

 電源入れっ放し三日目の音質所感速報。 ○システム LUMIN A1 LU

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑