*

【BDレビュー】 第130回『スカイクロラ』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:10 音質:10


映像はAVCでビットレートはかなり高め。
音声はドルビーTRUEHDとDTS-HDMAの両方を16bitで収録。二つ収録するのは無意味っつってんだろ!

画質について。
押井守の映像製作に対する意図が事細かに見て取れるレベルの画質。
2D作画と3CGIをコンポジットすると情報量の差が映像の断層として見えてヤダヤダ!→3DCGIの部分はフォーカス甘くして微妙にぼかせばいんじゃね?→甘くなりました。でも、こんな小手先で馴染みが出たかどうかは正直謎。実際問題、こんなものが押井守の見出した“2Dと3Dを融合させる方法”なのだとしたら実に情けない。ポストエフェクトによって2Dを本気の3Dと同じ次元にまで引き上げた鴉-KARAS-を見習え!
フルデジタル製作だと原理的に撮影時の明暗によって画質差なんて生じ得ないけれど、そうなるとフィルムらしさが無くなってヤダヤダ!→夜、闇の部分だけフォーカス甘くすればいんじゃね?→甘くなりました。確かに、闇の中にぼんやり浮かび上がる建物にライトを当てるとしゃきっとフォーカスが合う、なんて表現はなかなか面白い。
映像云々はさておき、デジタルアニメの画質としては最上位である。画面はきりりと透徹し、ノイズは皆無、マッハバンドは気にならない、圧縮に伴う諸々の害悪はまず見られない。
しかし、画質的には完璧ながらとにかく映像的に小奇麗にまとまりすぎている感があり、イノセンスのように突出した映像美というものは無い。映像、画質において「うおおーッ、すげぇーッ」と言えるものは無いのだ。
よって、10点“満点”である。

音質について。
押井守は音を演出手段としてきちんと作品に取り込める、日本人としては稀有な監督の一人であると思っている。
そして実際、スカイクロラの音響も実によくできている。作品世界は決して画面の中だけではなく、画面の外にも空間が広がっているのだという当たり前の事実を、きちんと音響でもって表現できているのだ。
細かい音をきちんと散りばめた上で、音楽を含めて“空気感”や“雰囲気”といったものを表現しようという試みも見事に成功している。基本的に、スカイクロラの音響効果は完璧であり、何の不足も欠陥も無い。イノセンス同様、実に理詰めに精緻に組み上げられた見事な出来栄えである。
面白いのは、作品の音全体に遍在する“空虚さ”だ。基地での生活に付与された微細で繊細な音の数々、空戦シーンの迫力ある爆音、どれもこれもどこか白々しい――空しく、虚ろである。この辺りは音楽との関係も大いにあるだろうが、とにかく音全体から作品に込められたテーマが垣間見えるというのは素晴らしいことに思う。
たとえそれが、五感を震わせ血沸き肉踊るようなものではなくとも、作品の空気にぴたり合致する、まさに完成された音であるといえよう。
よって、10点“満点”である。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第28回『ジョン・ウィック:チャプター2』 米国盤 【Dolby Atmos】

【BDレビュー】第283回『JOHN WICK / ジョン・ウィック』 画質:

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Jan Gunnar Hoff / Stille lys (Quiet Light)

・アーティスト / アルバムタイトル Jan Gunnar Hoff / Stille

記事を読む

ライオンズゲートからUHD BDがリリース

Lionsgate Announces First 4K Blu-ray Releases  

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / サラ-プレミアム・セレクション

・アーティスト / アルバムタイトル サラ・オレイン / サラ-プレミアム・セレクショ

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・サウンドマック

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  9月5日・

記事を読む

Nmode X-PW1導入

 どれだけ新しいサラウンドフォーマットが現れようが、“アンプでスピーカーを鳴らす”という基本は変わら

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】ネットワークオーディオの三要素――『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』

 「はじめに」でも言っているように、ネットワークオーディオは決して理解不能な代物ではない。  

記事を読む

2013年のまとめ

 実質半年で、こんな感じ。  まだまだ書きたいことは山ほどある。  来年はもっともっ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック -デラックス・エディション-

・アーティスト / アルバムタイトル V.A. / アナと雪の女王 オリジナル・サウンドト

記事を読む

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUHD BDは本当に4Kマスターな

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑