*

【BDレビュー】 第171回『エイリアン 四部作』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

『エイリアン』  画質:7 音質:8
『エイリアン2』 画質:8 音質:10
『エイリアン3』 画質:8 音質:7
『エイリアン4』 画質:9 音質:10


1から4まで映像は共通して映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit

画質について。
『1』
若き日のリプリーが美しい!
1から3までの作品に言えることだが、フィルムらしい粒状感を上手に残しつつ、基本的にはFOXの旧作に共通する高SN基調の画。暗部はしっかりと沈み込むのに加えて情報量も豊富にたたえており、美しい光と闇の対比でノストロモ号のどこか神秘的なたたずまいを際立たせている。
79年という製作年を考えれば上々の仕上がりで、監督本人が画質にゴーサインを出しただけのことはある。どことなく映像の質感がブレードランナーと似通っているのは決して偶然ではあるまい。

『2』
時代も下がり、順当に画質もよくなっている。
いかにも80年代的な清廉さであり、殖民惑星アケロンの寒々とした光が映える。
スタン・ウィンストン大先生の神がかり的な職人芸を存分に堪能するべし。
なお、2も監督本人から画質にゴーサインをもらってるらしい。

『3』
2からもう一段情報量や解像感は増しているものの、暗部にノイズが目立ったり、エイリアンとの合成部の粗があまりにも目立ったりと、いまひとつ煮え切らない。
1も2も監督に見てもらってるのに3はそういうことは無い様子。
フィンチャー……

『4』
餓鬼の頃に映画館で見た記憶そのものずばりの映像に大興奮。
漂う非常に濃密な黄土色が全編に満ちる、やりすぎ感も漂う毒々しい画。
フィルムらしい清廉さはとりあえず隅に追いやり、粒状感をごりごりと効かせた従来とは異質な映像となっている。ディティールは徹底的にさらけ出され、酷薄な解像感が漂う。
濃厚極まる色彩と凝縮された闇は『ファイト・クラブ』とも共通する。こっちはもっと不健康だけど。
エイリアンの粘液や血に煌く光のおぞましいコントラストに酔う。


音質について。
『1』
5.1ch収録ながら、時代を反映してかサラウンドチャンネルは必要最低限であり、基本的にはフロントを主体とした音作り。
逃げ場の無い空間でのゼノモーフとの死闘が最も巧い具合に出ている作品でもある。

『2』
音響も物語と同様、随分と活劇仕様となっている。
四方八方を銃弾が跳ね回るような音にはなっていないが、おどろおどろしく分厚く、1から格段に迫力を増した音響が楽しめる。
ラスト近辺の業火と爆発は“前プライベート・ライアン”的な音響の面白みを存分に味わえる。

『3』
さすがに2と比べるとトーンダウンしてしまった感はあるが、映画音響としてそこそこのレベルにはある。
残念ながら聴き所のようなものは無い。

『4』
ついにエイリアンシリーズでマルチチャンネルが効果的に活かされるようになった。
主に銃火器を使ったアクションシーンで後方のチャンネルが有効活用される。聴き所は跳弾。
総じて2に比して厚みは減退したが、その分音数と鋭利さ、マルチチャンネルの有効活用という点ではこちらが勝っている。
エレン・リプリー、ついに地球に帰還!



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

BubbleUPnPとJPLAY 6.2がQobuzに対応

 BubbleUPnPがQobuzに対応。  汎用アプリでありながらTIDALとQobuzに両対応

記事を読む

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino Fils + JRiver

記事を読む

BUFFALOの超高級NAS(価格的な意味で)

バッファロー、70万円超のオーディオ用NAS「N1Z」などハイレゾ新ブランド「DELA」

記事を読む

【BDレビュー】第259回『風立ちぬ』

好きなことを一生懸命やる。 画質:15 音質:10 映像:AVC 音声:

記事を読む

なぜ、オーディオなのか?

 なぜ、オーディオなのか?  ここいらで、私のオーディオ遍歴を備忘録的に書いてみようと思う。

記事を読む

【魔境】ハブで音は変わるか? 完結編

 魔境深淵注意。 ネットワークオーディオの魔境を往く 【魔境】ハブで音は変わるか

記事を読む

【音源管理の精髄】 Tag&Renameを使ったDSDのタグ編集 【ネットワークオーディオTips】

 本題である。  前々から言っているとおり、正直なところ私はDSD音源にあまり興味がない。

記事を読む

LUMIN A1を試す・DSD編

導入編 動作編 機能編 LINN DSとの徹底比較  LUMINのネットワークオーディ

記事を読む

【BDレビュー】第338回『ズートピア』

画質:10 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC

記事を読む

【システム】 Dynaudio Audience122

 思い出深い初Dynaudio、Audience122。  東日本大震災でぶっ倒れてもなお、力強く

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑