*

【BDレビュー】 第171回『エイリアン 四部作』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

『エイリアン』  画質:7 音質:8
『エイリアン2』 画質:8 音質:10
『エイリアン3』 画質:8 音質:7
『エイリアン4』 画質:9 音質:10


1から4まで映像は共通して映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit

画質について。
『1』
若き日のリプリーが美しい!
1から3までの作品に言えることだが、フィルムらしい粒状感を上手に残しつつ、基本的にはFOXの旧作に共通する高SN基調の画。暗部はしっかりと沈み込むのに加えて情報量も豊富にたたえており、美しい光と闇の対比でノストロモ号のどこか神秘的なたたずまいを際立たせている。
79年という製作年を考えれば上々の仕上がりで、監督本人が画質にゴーサインを出しただけのことはある。どことなく映像の質感がブレードランナーと似通っているのは決して偶然ではあるまい。

『2』
時代も下がり、順当に画質もよくなっている。
いかにも80年代的な清廉さであり、殖民惑星アケロンの寒々とした光が映える。
スタン・ウィンストン大先生の神がかり的な職人芸を存分に堪能するべし。
なお、2も監督本人から画質にゴーサインをもらってるらしい。

『3』
2からもう一段情報量や解像感は増しているものの、暗部にノイズが目立ったり、エイリアンとの合成部の粗があまりにも目立ったりと、いまひとつ煮え切らない。
1も2も監督に見てもらってるのに3はそういうことは無い様子。
フィンチャー……

『4』
餓鬼の頃に映画館で見た記憶そのものずばりの映像に大興奮。
漂う非常に濃密な黄土色が全編に満ちる、やりすぎ感も漂う毒々しい画。
フィルムらしい清廉さはとりあえず隅に追いやり、粒状感をごりごりと効かせた従来とは異質な映像となっている。ディティールは徹底的にさらけ出され、酷薄な解像感が漂う。
濃厚極まる色彩と凝縮された闇は『ファイト・クラブ』とも共通する。こっちはもっと不健康だけど。
エイリアンの粘液や血に煌く光のおぞましいコントラストに酔う。


音質について。
『1』
5.1ch収録ながら、時代を反映してかサラウンドチャンネルは必要最低限であり、基本的にはフロントを主体とした音作り。
逃げ場の無い空間でのゼノモーフとの死闘が最も巧い具合に出ている作品でもある。

『2』
音響も物語と同様、随分と活劇仕様となっている。
四方八方を銃弾が跳ね回るような音にはなっていないが、おどろおどろしく分厚く、1から格段に迫力を増した音響が楽しめる。
ラスト近辺の業火と爆発は“前プライベート・ライアン”的な音響の面白みを存分に味わえる。

『3』
さすがに2と比べるとトーンダウンしてしまった感はあるが、映画音響としてそこそこのレベルにはある。
残念ながら聴き所のようなものは無い。

『4』
ついにエイリアンシリーズでマルチチャンネルが効果的に活かされるようになった。
主に銃火器を使ったアクションシーンで後方のチャンネルが有効活用される。聴き所は跳弾。
総じて2に比して厚みは減退したが、その分音数と鋭利さ、マルチチャンネルの有効活用という点ではこちらが勝っている。
エレン・リプリー、ついに地球に帰還!



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

さらば、SC-LX85

 Marantz PS4500 → Sony TA-DA3200ES → Marantz SR600

記事を読む

別に無理して「プレーヤー」にしなくても……

 一昔前、「ネットワークオーディオプレーヤーと名乗りながらUSB DACとしても使える」ような製品に

記事を読む

【理想のオーディオ用PCを求めて】canarino Fils ― デジタル・ファイル再生の原器

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

【BDレビュー】第279回『猿の惑星:新世紀(ライジング)』

 色々とおまけつき。  それはそうとパッケージデザイン酷過ぎない? ポスターじゃあるまいし……

記事を読む

【Dynaudio】 Sapphireの足元 その3 【完結】

 ついに、Sapphireに相応しい台座を導入できた。  導入したのは、『ブビンガ』のボードで

記事を読む

【BDレビュー】第261回『300: Rise of an Empire / 帝国の進撃』 北米盤

画質:9 音質:9 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Audio

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第114回『ティンカーベル』

画質:15 音質:10 映像はAVC、ビットレートは30Mbps前後で推移。 音声はリニ

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースオーディオとトップスピーカー

 Dolby AtmosにDTS:X、あと一応Auro-3D。  これらオブジェクトベースの新

記事を読む

EPSON EH-LS10000の機能やら設定やら何やら

EPSON EH-LS10000を見てきた EPSON EH-LS10000がやってきた

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第109回『ドリームガールズ』

Hなんとかと付き合ったパラマウントの業が最も色濃く顕れた不運なソフト。 Hなんとかとの兼ね合い

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑