*

【BDレビュー】第292回『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』

20150825エヴァ02

画質:8
音質:8


映像:AVC
音声:リニアPCM 5.1ch 16bit


○画質
 さすがに劇場版と言ったところか、映像全体の情報量は間違いなく増大している。そして冒頭に入る各社の映像ロゴの解像度がまったく足りていないあたりに時代を感じる。
 画面の揺れ・ゴミは僅かだがそのまま残されている。何もかもレストアしてしまうよりは「そのまま」を収録することを優先したのだろう。幸いにしてそれらが鑑賞の妨げになることはない。
 プロダクションIG制作のアニメらしい、光の柔らかさを感じるしっとりとした質感が支配的。そのためにテレビシリーズのダイレクト感はかなり薄まった。解像感だけを考えれば、テレビシリーズよりも劣っている場面も散見される。画の方向性の違いだろう。
 圧縮に関わる技術的な問題は見られない。補完発動以降、闇の中に微細な光が大量に乱舞しても、画面は清廉さを完璧に維持できている。
 気合いの入ったアニメ作品がBD化される時、往々にして「こんなに描き込んでいたのか!」という驚きと喜びを感じるわけだが、本作もその例に漏れない。従来の映像メディアでは埋もれてしまっていた数々のディテール、文字情報が溢れ出し、多くのの発見がある。高画質化によりさらなる映像鑑賞の楽しさが生まれる理想的な例と言える。
 
○見どころ
 逆さまの木
 補完


○音質
 残念なことに、音響のナローレンジぶりはテレビシリーズからほとんど変わっていない。サラウンドの活用も同様。弐号機覚醒シーンも展開の割にそれほど音は盛り上がらず、THANATOS-IF I CAN’T BE YOURS-はあまりサラウンドさせる気もないようだ。Komm, susser Todにしろ何にしろ、全体的に力に欠ける。最初からそういう意図で音作りがなされているいるなら仕方のない話だが、少々不満が残る。もちろん、DVDと比べれば明瞭度から低音の力感から大幅に向上していることも確かではある。
 声についてはテレビシリーズのように突出した感じはなくなり、音に一体感が出ている。そして、声を音響効果として使う技巧はますます磨きがかかっている。
 ちなみに全編通じて最も音に力があるのはネルフ本部襲撃のシーン、それも発令所の上部が銃撃を受けるシーンだったりする。

○聴きどころ
 本部襲撃~偽りの、再生


○総評
 エヴァの世界観でより近代的な映像音響を聴きたければ新劇場版を見ればいい。
 好きな作品をもっと面白くする。
 かつての思い出をさらに輝かせる。
 これだからオーディオ趣味はやめられない。
 良い。すべてはこれで良い。


○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.0ch)
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52


Blu-ray BOXの中身

【BDレビュー】第291回『新世紀エヴァンゲリオン TVシリーズ』

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

4K/HDRディスプレイが無くともUHD BDの恩恵を受けられるか?

 現状で手持ちのUHD BD15本のレビューを終えたので、記事タイトルの問題と向き合ってみる。

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】トップスピーカーの取り付け

スピーカーの配置④――ドルビーの推奨位置から考える トップスピーカーの選択②――ECLIPSE T

記事を読む

exaSound PlayPointがミュージックサーバー/Roon Serverになったぞ

exaSound PlayPoint  元々、PlayPointはすンごく多機能なネットワーク

記事を読む

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 フォースの覚醒を先日見てきた。  いやはや面白かった。  それはそれとして。  

記事を読む

【BDレビュー】第333回『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』

 ようやく未消化だった分のレビューを書き終えた。  ここからは使用機材が変わり、オブジェクトベース

記事を読む

Twonky Server 8.4にアップデートするのは待った方がいいかもしれない

 QNAPへの今後の対応が取り沙汰されたTwonky Serverだが、Twonky Server自

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第214回『男たちの挽歌』

画質:5 音質:14 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの16bit、7.1ch

記事を読む

OPPO Sonica DAC

<ヘッドホン祭>OPPOのネットワークプレーヤー「Sonica DAC」/MrSpeakersの静電

記事を読む

【音源管理の精髄】 コントロールアプリの重要性 【ネットワークオーディオTips】

 先の記事で、ネットワークオーディオの本質は『コントロール』にあり、スマホやタブレットの登場が、音楽

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第204回『耳をすませば』

    |                   \     |  ('A`)        カ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑