*

【BDレビュー】 第159回『風の谷のナウシカ』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:7 音質:6


映像はAVC、音声はリニアPCMの24bitステレオ

画質について。
とりあえずこの記事を参照。
びっくりするくらいに鮮明なカットもあればなんじゃこりゃと首をかしげるくらい甘いカットがこれでもかと全編入り乱れる。
セルの揺れ、フォーカスむら、色むら、出るわ出るわ。
が、それら全てを含めてオリジナルの忠実な再現を目指しました、と言われてしまえばもうこちらとしては黙るしかない。なんにせよ圧縮における余計なノイズを出さないという点において、BD化の恩恵はある。
それでもDVDに比してディティールやら色彩やら情報量は明確に増大している。特に塗りのタッチの部分。これは冒頭の雲を見れば一目瞭然。
ディズニーのように魔法をかけないんじゃこんなもんか、というのが正直なところ。

音質について。
ナウシカの音ってこんなにキンキンしてたっけ? というのが第一印象。
音、特に声がくっきり明瞭の範疇を通り越して少々うるさく感じられる。全体的にダイナミックレンジは狭く、音圧ばかりが大きくなって飽和を引き起こしているイメージ。とにかく声優の演技がこれでもかと言わんばかりにクローズアップされている。作中で使われる全ての音の中で声が一番でかい。そのうえ口もでかい。
私のしっぽりディナウディオですら上記のように感じるので、JBLなんかで聴いた暁には一体どうなることやら。
ステレオ収録だが、ステレオの意味を感じるような音響効果は皆無。というより実質モノラル。BD化するんだから音声サラウンド化しろよ! という声もあるが、「当時と同じ」ということに監督が妄執を抱いている以上ほとんど実現不可能だろう。大人しくAVアンプ側で拡張するしかない。


映像も音声もひたすらオリジナルに忠実であることを意図して、それ以上のことはあえて何もしなかったように思える今回のBDだが、作品に対してよほどの思い入れが無いかぎりはDVDとの差異をさほど見出されないまま終わってしまうような気もする。
個人的には眠れる森の美女のごとく奇蹟のような高画質に生まれ変わり、AKIRAのごとく血と肉と骨を震わす驚天動地の音響に再編集したナウシカも見てみたかった。
ちなみにおまけで入っていたアリエッティの予告編は鬼のように高画質だった。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

続・Roonの「魔法」の正体と、その限界

Roonの「魔法」の正体  Roonを紹介するにあたり、その機能について、当時

記事を読む

【魔境】ハブで音は変わるか?

 魔境注意。 ネットワークオーディオの魔境を往く  今回の魔境はかなり深

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第82回『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』

画質:6 音質:5 映像はAVCでレートは目一杯。 音声はリニアPCMステレオ。

記事を読む

SOUND SPHEREでルームチューニングをしてみる

 オーディオを初めてかれこれ8年になるが、恥ずかしながら今の今まで「ルームチューニング」なるものを、

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】HDtracks 2013 Sampler

・アーティスト / アルバムタイトル Various Artists / HDtrac

記事を読む

リッピングソフトで音は変わるか?

【ネットワークオーディオの魔境を往く】 - いったい何が始まるんです?  いよいよ魔境

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第30回『ワールド・トレード・センター』

今となっては貴重なパラマウントのBDソフトです。 まだまだ発表されるソフトが少なかった当時だから買

記事を読む

なぜ、オーディオなのか?

 なぜ、オーディオなのか?  ここいらで、私のオーディオ遍歴を備忘録的に書いてみようと思う。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第81回『紀元前1万年』

画質:8 音質:5 映像はVC-1でビットレートは20前後。頭を抑えられている感じではない

記事を読む

【アプリ紹介】Songbook Lite iPad版 version4.1.0検証

※この記事のデータ等は基本的に2012年5月12日時点のものです SongBook L

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

→もっと見る

PAGE TOP ↑