*

【BDレビュー】第282回『X-MEN: フューチャー&パスト』

BDxmenfuturepast


画質:12
音質:10


映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 7.1ch


○画質
 AVC採用だとか新装版だとか言っていた『X-MEN 3』が遠い昔に思える。
 本作の画質はかつて高画質だの何だのと騒いだファイナル・ディシジョンとは比べ物にならない。映像圧縮のノウハウの浸透よりも、ポストHD時代に突入して久しい撮影機材そのものの進歩によるものだろう。最近のBDは画質的に完全にインフレを起こしていて、黎明期のように明確な画質差をどうこう言えるような状況ではなくなりつつある。
 本作の画質も非常に素晴らしい。数年前であれば問答無用で「超高画質」と言って椅子から転げ落ちていたであろうレベルである。
 さすがビッグ・バジェットムービーと言うべきか、センチネルをはじめとするCGIの完成度は素晴らしく、実写にもディティールでまったく負けていない。そしてファースト・ジェネレーションから大きく存在感を増したドラマパートも、凄まじい情報量で切り取られることにより巨大な緊迫感を持たせることに成功している。
 情報量、解像感、すべてにおいて100インチのサイズでもまったく不満なし。

○見どころ
 ウルヴァリンの髭面
 新旧センチネル


○音質
 空間すべてに炸裂する音を散りばめるというよりは、重厚な劇伴と低域の力感でもって空間を塗り潰す類の音。アクションシーンでは十分すぎるほどのサラウンド感も味わえる。
 ダイアローグは重く力強く、本作の会話劇としての魅力を引き立てるうえで素晴らしい仕事をしている。
 これまたDolby Atmosで収録してほしかった。ま、いずれDTS:X版が出るだろうが。

○聴きどころ
 クイックシルバー
 スタジアム


○総評
 サムライは置いといて、ファースト・ジェネレーションが実に面白かったので本作を心待ちにしていた。
 過去組に関して言えば正直「まだ」顔見せの感があるので、彼らが能力を全開にするであろうアポカリプスが待ち遠しい。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.0ch)
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【AV史に残るBD勝手に10選】第9位『イノセンス』 ― リニアPCM7.1chの衝撃

写真はアブソリュート・エディションのもの。 【BDレビュー】第8回『イノセンス』 【

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第215回『男たちの挽歌 II』

ビバップの元ネタ 画質:6 音質:15 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの1

記事を読む

【全日程終了】全国でネットワークオーディオの実践セミナーを行います

 全日程が終了しました。  「ネットワークオーディオで快適な音楽再生を」という言葉を絵に描いた

記事を読む

【アプリ紹介】Songbook Lite iPad版 version4.1.0検証

※この記事のデータ等は基本的に2012年5月12日時点のものです SongBook L

記事を読む

【音源管理の精髄】 『タグ』とは何か? 【ネットワークオーディオTips】

 タグ。  PCオーディオとネットワークオーディオの両方、特にネットワークオーディオの文脈で語られ

記事を読む

【音響の火花】・序・そもそも“音響”って?

 いわゆるオーディオの考え方を映像にも取り入れると、「オーディオビジュアル」という趣味の領域が出来上

記事を読む

JPLAYを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化・音質編

JPLAYを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化 JPLAYを用いたPCのネットワー

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第33回『キング・アーサー』

一方日本はアーサー王のエロゲを作った がちがちの歴史スペクタクルというわけではなく、かなり

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 toe / Ordinary Days

・アーティスト / アルバムタイトル toe / Ordinary Days ・購入元 O

記事を読む

【システム】 QNAP TS-119

 2010年のネットワークオーディオ。  そりゃもう大変である。  2013年が終わる時点でも状

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

DLNA解散

DLNA解散。13年で40億台の音・映像のホームネットワーク相互接続を

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第九章「馨る女神の御膝元」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第八章「光ことなる錦秋の宮」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

Twonky Server 8.4にアップデートするのは待った方がいいかもしれない

 QNAPへの今後の対応が取り沙汰されたTwonky Serverだが

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第七章「風渡る山姫の幽谷」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第六章「恵み色濃き深碧の淵」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

ポタ研の中のデジ研

ポータブルしないオーディオイベント「デジ研」、ポタ研と同時開催 - P

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第五章「雄勝の背骨に麒麟舞う」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】OPPO Sonica DAC 音質編

導入・外観編 ネットワーク編 ・再生環境(詳細)

【ハイレゾ音源備忘録】Marcus Miller / Afrodeezia

・アーティスト / アルバムタイトル Marcus Mi

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / BUTTERFLY

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【レビュー】OPPO Sonica DAC ネットワーク編

導入・外観編 音質編  USB入力と比べて対応フォ

【レビュー】OPPO Sonica DAC 導入・外観編

ネットワーク編 音質編  待ちに待ったOPPO S

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNDERGROUND

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第四章「湯澤の山の上と下」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave One

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

Roon 1.3の諸々 再生機能編

 Roon 1.3! Roon 1.3 Is Live!

Roon 1.3の諸々 ライブラリ機能編

 Roon 1.3! Roon 1.3 Is Live!

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第三章「彼岸の真白なる静寂」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第二章「妙産の湯、深山に湧く」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑