*

【BDレビュー】第282回『X-MEN: フューチャー&パスト』

BDxmenfuturepast


画質:12
音質:10


映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 7.1ch


○画質
 AVC採用だとか新装版だとか言っていた『X-MEN 3』が遠い昔に思える。
 本作の画質はかつて高画質だの何だのと騒いだファイナル・ディシジョンとは比べ物にならない。映像圧縮のノウハウの浸透よりも、ポストHD時代に突入して久しい撮影機材そのものの進歩によるものだろう。最近のBDは画質的に完全にインフレを起こしていて、黎明期のように明確な画質差をどうこう言えるような状況ではなくなりつつある。
 本作の画質も非常に素晴らしい。数年前であれば問答無用で「超高画質」と言って椅子から転げ落ちていたであろうレベルである。
 さすがビッグ・バジェットムービーと言うべきか、センチネルをはじめとするCGIの完成度は素晴らしく、実写にもディティールでまったく負けていない。そしてファースト・ジェネレーションから大きく存在感を増したドラマパートも、凄まじい情報量で切り取られることにより巨大な緊迫感を持たせることに成功している。
 情報量、解像感、すべてにおいて100インチのサイズでもまったく不満なし。

○見どころ
 ウルヴァリンの髭面
 新旧センチネル


○音質
 空間すべてに炸裂する音を散りばめるというよりは、重厚な劇伴と低域の力感でもって空間を塗り潰す類の音。アクションシーンでは十分すぎるほどのサラウンド感も味わえる。
 ダイアローグは重く力強く、本作の会話劇としての魅力を引き立てるうえで素晴らしい仕事をしている。
 これまたDolby Atmosで収録してほしかった。ま、いずれDTS:X版が出るだろうが。

○聴きどころ
 クイックシルバー
 スタジアム


○総評
 サムライは置いといて、ファースト・ジェネレーションが実に面白かったので本作を心待ちにしていた。
 過去組に関して言えば正直「まだ」顔見せの感があるので、彼らが能力を全開にするであろうアポカリプスが待ち遠しい。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.0ch)
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第21回『パイレーツ・オブ・カリビアン3』

画質:14 音質:8 映像はAVCの完全不定。 音声はリニアPCMの4.6. 画質

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第133回『平成ガメラ三部作』

どいつもこいつもレギオンレギオン言いやがって! おれはイリスが好きなんだよ!!

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】foobar2000のコントロールアプリ 『MonkeyMote 4 foobar2000』

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。  マウスをカチカチもしたくない。  要は、オー

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第126回『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』

画質:13 音質:14(改訂) 映像はAVCでビットレートはかなり高めな気がする。 音声

記事を読む

Roonは音楽鑑賞の未来たり得るか

 Roon。  日本じゃまるで話題に上らないが、みんな興味ないのだろうか。  唯一、今年の独HI

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Asset UPnP 導入・設定・運用編

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』   ・使用したサーバー機器 PC(Wind

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第153回『THIS IS IT』

画質:無評価 音質:15 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質につ

記事を読む

【音源管理の精髄】 ハイレゾ音源! ……でもちょっと待った 【ネットワークオーディオTips】

 12月18日にエヴァのハイレゾが出て、かつ色んな意味で期待通りだったので予定通り書くとしよう。

記事を読む

B&W CM Series 2登場

 ますますすっきりしたデザインになった。  順当なシリーズ刷新。  どうやらCMシリーズ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第221回『トップをねらえ2!』

画質:9 音質:8 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bit 画質につい

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑