*

【BDレビュー】第258回『RWBY Volume 1』

公開日: : 最終更新日:2016/07/20 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

BDrwby


 2期のOP公開記念

 もっともっと評価されるべき快作。
 BDの構成としては、現在まで公開されているエピソード16までを「Volume 1」としてひとまとめにして収録している。エピソード単位で見ていくこともできる。各エピソードのオープニングは配信とは別のロングバージョンになっている。
 特典映像として、Red/White/Black/Yellowの各トレーラーと、ファンアート紹介、コメンタリーなんかが入っている。


画質:6
音質:5


映像:AVC
音声:Dolby Digital 5.1ch


○画質
 とにかく作ったものをそのまんまぶち込んだ、それ以上でもそれ以下でもないという印象。配信されている720Pの動画と比べれば、確かに高ビットレートの恩恵を受けてノイズレスになっているし、グラデーションも綺麗に出ている。
 ただし、配信と比べて明らかなアドバンテージがあるとは言い難く、はたして画質のためにBDを買う意味がどこまであるのか……微妙なところである。
 ちなみに、四色トレーラーに比べると本編の方が明らかに高画質。
 あと、エピソード16に相当する部分は明らかに解像度が低く、収録に際して何かを間違えたとしか思えない。ダブルヌンチャクガン=カタ(!?)は屈指の神シーンなだけにもったいない。

○見どころ
 すべてのアクション・シークエンス
 First Mission “BAN-ZAI”
 Ninjas of Love


○音質
 パッケージの裏面見るとDTS-HD Master Audioって書いてあるんですがどういうことなんですかね……
 まぁいいか。
 オープニングだけ異様に音圧がでかい。むしろ単純にやかましい。
 まぁいいか。
 各色トレーラーでそれぞれ収録音量がばらばら。
 まぁいいか。
 要所要所のボーカルに乗せて撃つ、斬る、跳ぶ、それだけで楽しい。
 そして配信では絶対に聞けない5.1ch音声である。それでよしとしよう。
 
○聴きどころ
 各色トレーラー
 8話
 16話


○総評
 パッケージメディアとして画質音質を冷徹に評価すればまったく褒められたものではないが、それはこの作品の価値を落とすものではない。
 そもそもトゥーンレンダリングされたキャラクターや世界はディティールの再現に突き詰めた高画質を要求するようなものでもないし、音だってやかましかろうが何だろうが、素敵ウェポンが火花を散らす様を盛り上げるには十分仕事をしている。
 みんなかわいい顔して繰り出すアクションは壮絶至極、人型の為し得る可能性を示すめくるめくシーンが目白押しで、1期は各エピソードの公開が待ち遠しくてならなかった。そりゃBDだって当然買うさ。
 2期が楽しみすぎる。
 ちなみに私のお気に入りはブレイク=サンです。


○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PW10
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Focus200C
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



【BDレビュー】第280回『RWBY Volume 2』

【BDレビュー】第326回『RWBY Volume 3』

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

Qobuzがハイレゾストリーミングを開始

 何を使ってどんな仕組みでどんな具合にハイレゾを配信するのかは分からないが、とりあえず始まっ

記事を読む

【BDレビュー】第255回『機動戦士ガンダム』

 待っていた人は多いはずだ。  「我々は3年待ったのだ」どころではない。BDの始動から7年半も待っ

記事を読む

Nmode X-PM100 続報!

X-PM100 進捗状況 - Nmodeの部屋  画像は公式ブログより拝借。  

記事を読む

【Roon Server/RoonReady】Mivera Audio Superstream Transport/Server

Mivera Audio  1250ドルのRoon Server。  この価格でCore

記事を読む

【音源管理の精髄】 dBpoweramp Batch Converterを使ったWAV⇔FLACの一括変換 【ネットワークオーディオTips】

 今さら、わかりきっていることだとは思うが……  とにかく「WAVか、FLACか」という不毛な

記事を読む

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート機能を使ってみた OPP

記事を読む

【BDレビュー】第278回『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』

ライジングに向けて一括購入。 画質:8 音質:8 映像:AVC 音声:D

記事を読む

Roonが示すネットワークオーディオの到達点と新たな地平

『ネットワークオーディオ』とは何か ネットワークオーディオの実践に必ずしも単体プレーヤーは必要

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】鷺巣詩郎 / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q オリジナルサウンドトラック

・アーティスト / アルバムタイトル 鷺巣詩郎 / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q オリジナルサウン

記事を読む

【音源管理の精髄】 コントロールアプリ(iPad版)の紹介・2014年版 【ネットワークオーディオTips】

 前の紹介記事から既に2年近く経ったので、改めて紹介しようと思う。  脱落もあれば新顔もある。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃F

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

→もっと見る

PAGE TOP ↑