*

【BDレビュー】第258回『RWBY Volume 1』

公開日: : 最終更新日:2016/07/20 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

BDrwby


 2期のOP公開記念

 もっともっと評価されるべき快作。
 BDの構成としては、現在まで公開されているエピソード16までを「Volume 1」としてひとまとめにして収録している。エピソード単位で見ていくこともできる。各エピソードのオープニングは配信とは別のロングバージョンになっている。
 特典映像として、Red/White/Black/Yellowの各トレーラーと、ファンアート紹介、コメンタリーなんかが入っている。


画質:6
音質:5


映像:AVC
音声:Dolby Digital 5.1ch


○画質
 とにかく作ったものをそのまんまぶち込んだ、それ以上でもそれ以下でもないという印象。配信されている720Pの動画と比べれば、確かに高ビットレートの恩恵を受けてノイズレスになっているし、グラデーションも綺麗に出ている。
 ただし、配信と比べて明らかなアドバンテージがあるとは言い難く、はたして画質のためにBDを買う意味がどこまであるのか……微妙なところである。
 ちなみに、四色トレーラーに比べると本編の方が明らかに高画質。
 あと、エピソード16に相当する部分は明らかに解像度が低く、収録に際して何かを間違えたとしか思えない。ダブルヌンチャクガン=カタ(!?)は屈指の神シーンなだけにもったいない。

○見どころ
 すべてのアクション・シークエンス
 First Mission “BAN-ZAI”
 Ninjas of Love


○音質
 パッケージの裏面見るとDTS-HD Master Audioって書いてあるんですがどういうことなんですかね……
 まぁいいか。
 オープニングだけ異様に音圧がでかい。むしろ単純にやかましい。
 まぁいいか。
 各色トレーラーでそれぞれ収録音量がばらばら。
 まぁいいか。
 要所要所のボーカルに乗せて撃つ、斬る、跳ぶ、それだけで楽しい。
 そして配信では絶対に聞けない5.1ch音声である。それでよしとしよう。
 
○聴きどころ
 各色トレーラー
 8話
 16話


○総評
 パッケージメディアとして画質音質を冷徹に評価すればまったく褒められたものではないが、それはこの作品の価値を落とすものではない。
 そもそもトゥーンレンダリングされたキャラクターや世界はディティールの再現に突き詰めた高画質を要求するようなものでもないし、音だってやかましかろうが何だろうが、素敵ウェポンが火花を散らす様を盛り上げるには十分仕事をしている。
 みんなかわいい顔して繰り出すアクションは壮絶至極、人型の為し得る可能性を示すめくるめくシーンが目白押しで、1期は各エピソードの公開が待ち遠しくてならなかった。そりゃBDだって当然買うさ。
 2期が楽しみすぎる。
 ちなみに私のお気に入りはブレイク=サンです。


○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PW10
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Focus200C
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



【BDレビュー】第280回『RWBY Volume 2』

【BDレビュー】第326回『RWBY Volume 3』

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【AV史に残るBD勝手に10選】第6位『スター・ウォーズ』 ― 超絶クオリティが示したBDの成熟

背中合わせのスカイウォーカー 発売直前最速レポート!『スター・ウォーズ』BD-BOXの

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第82回『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』

画質:6 音質:5 映像はAVCでレートは目一杯。 音声はリニアPCMステレオ。

記事を読む

MELCO Digital Music Library range NEW

MELCO Digital Music Library range NEW  ん?

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第232回『バトルシップ』

お話はさておき。 映像と音響を浴びるための映画。 まさしくシアターのための映画。 「この艦

記事を読む

【BDレビュー】第309回『フューリー』

 某アニメを意識して今更取り上げたわけでは……なくはないです。 画質:9 音質:10→1

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 『サーバー』を用意する

 サーバーとは何か? →コチラとコチラ  今までの実践編で、『音源』/『ライブラリ』は

記事を読む

Roonの「Core」・「Control」・「Output」

Roon Labs  Roonの公式HPが刷新され、とっちらかっていた諸々の要素がまとめられて

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて 単体プレーヤー編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

続・LUMIN S1でDSDを聴く

 L1と一緒にS1を使う機会に再び恵まれたので、前回指摘したDSD再生時のノイズ問題がどうなっている

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第18回『アンダーワールド2 エボリューション』

御馬鹿で下品で愉快な映画。 エログロの見本のような血作。 美人のねーちゃんがぴちぴちの服を着て実

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑