*

【BDレビュー】 第138回『続・夕陽のガンマン』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

あうあうあー
ほわーんほわーんほわーん


画質:7 音質:10☆


映像はAVC、音声はDTS-HDMAの16bit。FOXにしては珍しい。

画質について。
66年公開の作品としては望外の高画質であろう。
最後のスタッフロールを見る限り、マスターには2003年のリマスター版を用いているようだ。無論、今回のBD化に際してさらなるリストアはされているのだろうが。実際、リストアの有無とその効果の差は歴然である。FOXは相変わらず本気で仕事をする。たまに手を抜くけど。羊たちの沈黙とか。
なんにせよ、時代に起因する甘さは終始見られるものの、それを補ってあまりある力強さのみなぎる画である。暗部ノイズは年代を考えれば驚異的に押さえ込まれており、暗がりに潜む人間の黒い服の模様まで、つぶれることなくしっかりと見える。役者の顔のアップ時のディティール表出など見事なものである。作品を貫徹する乾いた質感、スカッッッとした青空、頻繁に登場するロングショットの冴えなど、近作の切れるような高画質とは別物だが、偉大な作品の空気感を現代に伝える見事な画質である。

音質について。
音響によって観客(つまり私自身)の心を震わせた時点で、曇っていようが、歪んでいようが、古臭かろうが、マルチチャンネルをちっとも活かしてなかろうが、高得点は確実だった。
変化に乏しい銃声、明瞭さの無いダイアローグ、高音の荒れたナローレンジのBGMなど、ひとつひとつの要素を冷静に分析すれば決して褒められたものではないのだが、とにかく聴いていて心が震えるのだ。いかにも古臭く少々緊張感に欠ける「バキュゥ~ン」という銃声でさえ、心を射抜くには十分すぎるのだ。
特に音楽! 音楽が主題の映画でもここまで心揺さぶられるのもそうはあるまい。「この楽曲を聴けェ!」とう製作者の魂の叫びが聞こえてきそうである。猛々しく、力強く、時にユーモラスに、本当に生き生きと曲が鳴る。鳴り響く。
サウンド・エフェクトについても聴き所は多い。橋を巡る砲打撃戦など、U-571にも通じる轟爆音の連鎖を聴かせる。地味なところでは足音なんかも非常に印象に残る。
心躍る音である。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

LUMIN A1を試す・導入編

 DAC2 HGCは素晴らしいDACだ。  USB入力もあるし、「ネットワークオーディオはコントロ

記事を読む

Leema Acoustics Sirius audiophile music server

 日本未上陸のネットワークオーディオ関連機器をなんとなく紹介するシリーズ。 Leema A

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】鷺巣詩郎 / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q オリジナルサウンドトラック

・アーティスト / アルバムタイトル 鷺巣詩郎 / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q オリジナルサウン

記事を読む

【アプリ紹介】 LUMIN App

↓↓↓再検証したのでこちらをご覧ください↓↓↓ 【ネットワークオーディオTips】コントロール

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第1位『アバター』&『プライベート・ライアン』 ― 高画質・高音質という福音

【BDレビュー】第160回『アバター』 【BDレビュー】第158回『プライベート・ライアン

記事を読む

【追記あり】QNAPでTwonky Serverが使えなくなるという話

 日本のネットワークオーディオシーンで、これほどまでに「サーバーソフト」という単語が飛び交ったことが

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第83回『機動戦士ガンダム F91』

画質:7 音質:5 映像はAVCでレートは目一杯。 音声はリニアPCMステレオ。

記事を読む

【オブジェクトベースシアターへの道】DTS:X!!!

 やっぱりというか案の定というか想像通りというか、CES2015においてDTSからもオブジェクトベー

記事を読む

【BDレビュー】第261回『300: Rise of an Empire / 帝国の進撃』 北米盤

画質:9 音質:9 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Audio

記事を読む

【理想のオーディオ用PCを求めて】canarino Fils ― デジタル・ファイル再生の原器

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑