*

【BDレビュー】 第47回『インベージョン』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

それにしても二コール・キッドマン美人杉ワロタ

必殺技はゲロぶっかけ。


画質:8 音質:9


映像はVC-1でビットレートは20Mbps前後。
音声はドルビーTRUEHDでビットレートは1.5Mbps前後。
一層なんでこんなもんでしょう。

画質について。
かなり映画らしいしっとりした画調です。かなり厚いフィルターがかかってるようで、精細感ごりごりの画ではありませんが、画質としては上々です。ワーナーにしては。
無闇やたらに精細感を求めるような人には合わんでしょうね。
場面によって人物の表情の情報量(精細感)がころころ変わるのはそもそもそういう画作りなんでしょうか。それともエンコード時のゆらぎなんでしょうか。あいにく中の人じゃないんでその辺は分かりませんが結構気になりました。
場面場面でかなりカラーコレクトされた作品で、その色彩表現についてはワーナー作品の中では300を越えて一番のように思います。映画館を髣髴とさせるこってりしっとりとした色乗りで破綻もありません。中でも赤いドアの色彩がえらく印象に残りました。
でもこう、何か足りない。
感性に訴えかける最後のピースが足りない。
そんな感じです。初期のソフトに比べればソフト全体の画質の平均値も相当上がってきた中でこその贅沢な感想ですがね。
折角ここまで持ち直したんだから、ワーナーは寄り道せずに、下手な策を打たずに、1層だとか2層だとかもとりあえず目を瞑っててやるから、VC-1一本で行くっていうなら愚直にその画質を磨いてくださいよ。
期待してるよ!!

音質について。
ワーナーはいかんせんソフトごとの音質差が激しすぎるんですよ。
悪い時:ドルビーデジタルのみ
良い時:ロスレス音声収録
ってな感じで物凄く分かりやすいっちゃそうなんですが、ロスレス音声を収録したりしなかったりする時があるのは正直言って理解不能。
脳味噌涌いてんじゃないの?
自分で進んで折角の映像資源をゴミにしてるってのがまだ分からんの?
このド低脳がァーーーーッ!!
と昔は散々怒り狂ってたもんですが、幸いにして最近はだいたいドルビーTRUEHD収録がされているので音質的にも抜かりはありません。案外、以前のワーナーにも硫黄島二部作のような高音質ソフトがあったりするのです。
そんで勿論このソフトもロスレス収録です。
ゾンビ映画とSF映画とパニック映画とホラー映画の微妙な隙間をうろうろする映画ですが、音響的に一番の見せ場がカーチェイスだったり。製作がジョエル・シルバーだけあって無闇に派手でした。
DVD版じゃあクソすぎたマトリックスの音も期待してるよ!!!

そういえばワーナー、伝説の男以降のリリース予定が全く立ってませんね。
HDDVD終了で色々見直してるんですかね。
まあ片方に引き摺られたなら糞仕様になるのも仕方が無い、って理屈はもう通じませんからね、きちんと手間隙かけてソフト作り込んでくださいよ。





おまけ

第48回は結構前に発売された『デジャヴ』です。
第49回は一週間後に発売される『パフューム』です。
記念すべき第50回に取り上げるソフトはもう決めてあります。
そのためにここんとこ視聴記うpを加速してたんです。
単に今月ソフトを買いまくったってのもあるんですがね。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【音源管理の精髄】フォーマットによるディスクナンバーの扱い サーバーソフト編

 「複数のディスクから成るアルバム」について、「物理ディスク一枚につきフォルダ分け&アルバムタイトル

記事を読む

Roon関連記事まとめ

 音楽愛好家のための「総合音楽鑑賞ソフト」、Roon。  「聴くだけにとどまらない多面的な音楽の楽

記事を読む

【アプリ紹介】eLyric iPad版

※この記事のデータ等は2012年2月28日時点のものです ●イントロダクション 『e

記事を読む

Dolby Atmosが楽しみで仕方がない

 BD買い替え不可避。  『ゼロ・グラビティ』の宇宙遊泳のシーンとか『マン・オブ・スティー

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第111回『インクレディブル・ハルク』

画質:9 音質:7 映像はAVCでSPEの手堅いエンコード。 音声はドルビーTRUEHD

記事を読む

canarino Fils 単体サーバー編 その1

canarino Fils ― デジタル・ファイル再生の原器 ついにデジタル・ファイル再生の原器を

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Helge Lien Trio / Natsukashii

・アーティスト / アルバムタイトル Helge Lien Trio / Natsukashii

記事を読む

4K/HDRディスプレイが無くともUHD BDの恩恵を受けられるか?

 現状で手持ちのUHD BD15本のレビューを終えたので、記事タイトルの問題と向き合ってみる。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第129回『007 慰めの報酬』

画質:15 音質:14 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit。 画質につ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第106回『ターミネーター2』

画質:7 音質:6 映像はAVCでハイビットレート。 音声はドルビーTRUEHDの24b

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑