*

【BDレビュー】 第47回『インベージョン』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

それにしても二コール・キッドマン美人杉ワロタ

必殺技はゲロぶっかけ。


画質:8 音質:9


映像はVC-1でビットレートは20Mbps前後。
音声はドルビーTRUEHDでビットレートは1.5Mbps前後。
一層なんでこんなもんでしょう。

画質について。
かなり映画らしいしっとりした画調です。かなり厚いフィルターがかかってるようで、精細感ごりごりの画ではありませんが、画質としては上々です。ワーナーにしては。
無闇やたらに精細感を求めるような人には合わんでしょうね。
場面によって人物の表情の情報量(精細感)がころころ変わるのはそもそもそういう画作りなんでしょうか。それともエンコード時のゆらぎなんでしょうか。あいにく中の人じゃないんでその辺は分かりませんが結構気になりました。
場面場面でかなりカラーコレクトされた作品で、その色彩表現についてはワーナー作品の中では300を越えて一番のように思います。映画館を髣髴とさせるこってりしっとりとした色乗りで破綻もありません。中でも赤いドアの色彩がえらく印象に残りました。
でもこう、何か足りない。
感性に訴えかける最後のピースが足りない。
そんな感じです。初期のソフトに比べればソフト全体の画質の平均値も相当上がってきた中でこその贅沢な感想ですがね。
折角ここまで持ち直したんだから、ワーナーは寄り道せずに、下手な策を打たずに、1層だとか2層だとかもとりあえず目を瞑っててやるから、VC-1一本で行くっていうなら愚直にその画質を磨いてくださいよ。
期待してるよ!!

音質について。
ワーナーはいかんせんソフトごとの音質差が激しすぎるんですよ。
悪い時:ドルビーデジタルのみ
良い時:ロスレス音声収録
ってな感じで物凄く分かりやすいっちゃそうなんですが、ロスレス音声を収録したりしなかったりする時があるのは正直言って理解不能。
脳味噌涌いてんじゃないの?
自分で進んで折角の映像資源をゴミにしてるってのがまだ分からんの?
このド低脳がァーーーーッ!!
と昔は散々怒り狂ってたもんですが、幸いにして最近はだいたいドルビーTRUEHD収録がされているので音質的にも抜かりはありません。案外、以前のワーナーにも硫黄島二部作のような高音質ソフトがあったりするのです。
そんで勿論このソフトもロスレス収録です。
ゾンビ映画とSF映画とパニック映画とホラー映画の微妙な隙間をうろうろする映画ですが、音響的に一番の見せ場がカーチェイスだったり。製作がジョエル・シルバーだけあって無闇に派手でした。
DVD版じゃあクソすぎたマトリックスの音も期待してるよ!!!

そういえばワーナー、伝説の男以降のリリース予定が全く立ってませんね。
HDDVD終了で色々見直してるんですかね。
まあ片方に引き摺られたなら糞仕様になるのも仕方が無い、って理屈はもう通じませんからね、きちんと手間隙かけてソフト作り込んでくださいよ。





おまけ

第48回は結構前に発売された『デジャヴ』です。
第49回は一週間後に発売される『パフューム』です。
記念すべき第50回に取り上げるソフトはもう決めてあります。
そのためにここんとこ視聴記うpを加速してたんです。
単に今月ソフトを買いまくったってのもあるんですがね。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【TIAS2016】るんるん気分には程遠い

 たまには都会に出てこないと世の中の流れから取り残されるというわけで、久しぶりに東京インターナショナ

記事を読む

fidata HFAS1-XS20

fidata、オーディオサーバー最上位機「HFAS1-XS20」。2TB SSDを搭載し音質強化 -

記事を読む

SOtM sMS-200にアナログ電源を使ってみる

SOtM sMS-200 運用・音質編  外付けHDDやNASといった純PC周辺機器に付属

記事を読む

【ホームシアターでゲームをしよう!】「映画的なゲーム」はもっと評価されるべき

 恐縮だが、第1回の前にちょいと昔語りに付き合ってくれないか?  ゲームと一言

記事を読む

オンキヨー TX-NR3030

オンキヨー、Dolby Atmos/HDCP 2.2対応の最上位AVアンプ  ついに一体型

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Dan Arborise / Of Tide & Trail

・アーティスト / アルバムタイトル Dan Arborise / Of Tide & Trail

記事を読む

LUMIN A1、導入2周年

 色々あった一年だった。  当たり前のようにTIDALに対応したり、Qobuzにも対応したり。

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Billy Joel / Piano Man

・アーティスト / アルバムタイトル Billy Joel / Piano Man ・購入元

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第81回『紀元前1万年』

画質:8 音質:5 映像はVC-1でビットレートは20前後。頭を抑えられている感じではない

記事を読む

曲順がアルバム通りに並ばなかったり表示される画像がぼやけたりするのはコントロールアプリが原因ではない

 ネットワークオーディオにおいて、曲順がアルバム通りに並ばなかったり表示される画像がぼやけたりするの

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

→もっと見る

PAGE TOP ↑