*

【BDレビュー】 第140回『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:8 音質:10


映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bit。
ちなみにこの評価はBDBOX1、1~13話での評価である。

画質について。
製作時期的にはまだまだデジタルアニメーションの初期~発展期といった頃合いだったろう。それもあってか? 画調はいまいち安定せず、マッハバンドもそこかしこに見受けられる。エヴァ序にも用いられて物議を醸したソニー謹製のSBMVが攻殻SACにも用いられているが、マッハバンド皆無とはやはりいかなかったようである。映像自体も、オープニングの3DCGがそもそも解像度が足りていなかったり等、「BDになってここまで見えるとは思わんかった」的な場面が散見される。
しかし、とにもかくにも、結局のところ、この時代に、これだけの映像を、テレビシリーズで、しかもHDで製作していたという事実に惜しみない拍手を。
窮極に透徹した空気感、スタッフの脳内を直接覗き込んでいる極限のダイレクト感はまさにデジタルアニメでしか味わえない醍醐味である。偉大な作品の偉大なBD化である。

音質について。
よくもまあ、テレビシリーズの長丁場に渡って、これだけの上質な音響を作り続けたものだ。感動である。
OPからトばしている。
効果音のマルチチャンネルの有効な活用、移動感の明確な表現、菅野よう子BGMの見事なサラウンドミックスなど、マルチチャンネル・サラウンドに求められる全ての要素を完璧に構築しているというのはまったくもって見事の一言。公安九課の面々の声、アクションシーンの銃声や爆音、数々のメカが織り成す駆動音、電脳世界を駆け巡る純然たるイメージとしての音、どれもが力強く透明であり、場面に応じて各チャンネルに必要に応じて割りふられ、見事なサラウンドを構築している。見事のさらに上、驚愕と官能の領域には少々及ばないものの、とにかくこれだけの質の音響をテレビシリーズで作り続けたことに、映像同様最大級の賛辞を送る。
某亀の音響があまりにも凄惨だったこともあるが、やはり日本の映像作品の主役は画も音も含めてアニメなのだ、ということを実感させてくれる。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

AKIRAのハイレゾ

「交響組曲 AKIRA」が脳を活性化する“ハイパーハイレゾ”で配信開始。DSD 11.2MHzなど

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall Trio / Cirklar

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第121回『スターウォーズ クローンウォーズ』

画質:9 音質:8 映像はVC-1でビットレートは割と低め、高くても30に届く程度。 音

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Billy Joel / Piano Man

・アーティスト / アルバムタイトル Billy Joel / Piano Man ・購入元

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第185回『インセプション』

ベスト高画質賞にインセプション それはない。 絶対にない。 思いがけず視聴記を書く気になっ

記事を読む

怖れていたことが現実になってしまった Part 2

前回  検索ワードを眺めるシリーズ。  オーディオ業界はいったいどこへ行こうとしているのか。

記事を読む

【CES2014】 LUMINに新製品色々

 海外の複数のニュースサイトによれば、CES2014において、当ブログでも何度か登場しているPixe

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Mayer / Continuum

記事を読む

no image

【アプリ紹介】Marantz Remote App

●イントロダクション NA7004で国産ネットワークオーディオプレーヤーの先陣を切ったマランツだっ

記事を読む

DTS:Xのソフトを片っ端から聴く

 片っ端っつっても3枚しか持っていないが。 Pioneer SC-LX59でDolby

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突! OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

【UHD BDレビュー】第31回『キング・コング:髑髏島の巨神』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

【UHD BDレビュー】第30回『ハクソー・リッジ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:15☆ (評価の詳細についてはこの記事

【UHD BDレビュー】第29回『許されざる者』 米国盤

【BDレビュー】第112回『許されざる者』 画質

→もっと見る

PAGE TOP ↑