*

【BDレビュー】 第11回『エイリアン VS. プレデター』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

11回目に突入です。
こないだテレビでプレデターの一作目がやってました。
AVP2も12月公開だそうで。楽しみですねえ。
「くだらん映画」と一蹴されるタイプの映画ではありますが、面白けりゃなんでもいいのです。
そんなわけで、AVPも大好きです。


画質:8 音質:8→10


映像コーデックはMPEG-2でビットレートは30弱で安定。
音声はFOXで毎度おなじみDTS-HDマスターオーディオ。例によってコア部分のみの評価です。

画質について。
基本的に薄暗い、というかほぼ真っ暗な場面の連続で、うちのヘッポコ液晶にとっては悪夢のような映画です。色乗りはかなり抑え目、フィルムグレインも多目で、いわゆる“ざらざらした”画調といえます。この手の画作りは得てしてノイズとの兼ね合いの面で非常に難しいらしく、それを狙った挙句ただのノイズまみれの映像に陥った作品も多々あります。まあこの辺は300でも書いたのでこれ以上は割愛。
で、このAVPの画質はどうかといえば、まあまあそれなりに高画質です。300ほでではありませんが、粒状感とノイズの少なさをかなり両立できています。暗部には莫大な情報が埋もれているでしょうが、残念ながら今の私の環境じゃあそれを確認できません。
もっとも、この映画に関して言えばざらざらよりもつるつるな画作りの方が良かったような気がしますが。エイリアンだし。その辺はこの映画のオーサリング担当者との見解の相違ですかね。

音質について。
ギシャーッ!
ギュォーッ!
ギョェエーッ!
ドビャーッ!
ズギャーッ!
エイリアンが脳味噌ぶちまけたり、プレデターがのっしのっしと走ったり、エイリアンとプレデターが乳繰り合ったりする映画で、それでいて諸々の殺戮劇が全て石造りの狭い空間内で展開されるわけで、とにかく反響音も含めてサラウンド効果はてんこ盛りです。子供が見たら泣くソフトの一つですな。っつっても私の持ってるソフトってそんなんばっかりですけど。
それにしても、FOXのソフトって全体的に高音質。DTSコア部分だけじゃ未だに圧縮音源のままだけれど、そこはやっぱりBDのハイビットレートが効いてるのかな? ドルビーTRUEHDは正直言って現時点じゃ期待外れもいいところですが、コア部分の音質を考えるとDTS-HDにはかなり期待できそうです。
でも、ここのコミュを見ている限り、最近のBDプレーヤーと次世代AVアンプをお持ちで、ビットストリーム出力で次世代音声を聴いたけどもイマイチ音質がよろしくないという人が多い気がします。スピーカーも含め、私のPS3&TA-DA3200ES環境よりも遥かに高音質を実現できそうなんですが……実際その辺どうなんでしょう。
教えて持ってる人。

画質音質と見てきて、どうにもFOXのソフトは画質面で頭打ちな感じです。そもそもFOXのソフトで一番高画質なのは未だに最初に出たキングダムオブヘブンですし。いい加減MPEG-2をやめてAVCないしVC-1に移行しないもんでしょうか。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

ホームシアターでゲームをしよう!

続編:【ホームシアターでゲームをしよう!】はじめに 【ホームシアターでゲームをしよう!

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 ハイレゾ音源をライブラリに含める

 どのサイトから何を買ってもいいのだが、今回はmoraからYesの『Tormato』を買った。  

記事を読む

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

 せっかく書いたものがただ埋もれていくだけというのも勿体ないのでまとめ記事。  メーカー/ブランド

記事を読む

激突! DELA N1Z vs LUMIN L1

 サーバー同士の音質対決。  一昔前には思いもよらなかった展開だ。  が、サーバーで音が

記事を読む

【音源管理の精髄】 foobar2000でネットワークオーディオする! 【ネットワークオーディオTips】

 PCオーディオの文脈で、foobar2000を取扱う記事は枚挙に暇がない。  foobar200

記事を読む

dBpowerampがMacに対応

 前々から開発は進めていたようだが、ついにdBpowerampがMacでも使えるようになった(なって

記事を読む

【ネットワークオーディオ・実践編】dBpoweramp CD Ripperでリッピング

 38ドルくらい投資しよう。  買いましたね?  インストールしましたね?  

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / BUTTERFLY

・アーティスト / アルバムタイトル fox capture plan / UNDER

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第214回『男たちの挽歌』

画質:5 音質:14 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの16bit、7.1ch

記事を読む

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is delivering master-qualit

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑