*

サラウンドジャンキーに送る“シューテムアップ”BD10選

 【BDレビュー】300回到達 & UHD BDローンチ記念。


 この記事における「シューテムアップ映画」とは、「銃撃そのものが作中で巨大な存在感を放っている映画」を指す。
 いわゆるドンパチが主役の映画でなくても、作中に印象的な銃撃があるのならそれだけでシューテムアップ映画と呼ぶに値する。というか、私が勝手に呼ぶ。

 めくるめく銃撃戦と大爆発。
 私は銃火こそ映画音響における最大の華であると思っている。着弾して爆発してしまえば同じだが、銃に関してはやはりビームやレーザーよりも火薬と実弾。
 一度でもマルチチャンネル・サラウンドで良く出来た銃撃戦を聴くと、人によってはもうそれが楽しくて楽しくて、もっと凄いものが聴きたくてたまらなくなってしまう。

 この記事ではそんなサラウンドジャンキーの飢えと渇きを癒すべく、銃撃戦の苛烈さに加えて、「音の良さ」という観点から、シューテムアップ映画のBDを10本、私の独断と偏見でランキングする。
 作品のランキングではなくBDのランキングなのだから、AV的な音質は当然考慮されるべきである。音のしょぼいガンアクションなど、炭酸の抜けたコーラのようなものだ。

 ホームシアターを作った!
 スピーカーをたくさん買ってサラウンドのシステムを作った!
 作ってよかったと心から思える映画が見たい!

 よし、ならばまずこの10本だ!



 というわけで、第10位から順に。
 見どころも併せて。









第10位 『プレデター』

 いたぞおおおおお! いたぞおおおおおおおお!





第9位 『人狼 JIN-ROH』

 MG42が生み出す壮絶なデスダンス。
 音の出来が素晴らしく、アニメだから云々などと言っている場合ではない。





第8位 『ヒート』

 白昼の市街地で繰り広げられる情け容赦ない銃撃戦。
 最初から最後まで極めて落ち着いたトーンを保ちつつも、銃撃戦そのものは背筋を凍らせる最上級の威力と壮絶さを見せる。





第7位 『デスペラード』

 個人技枠その1。
 銃弾一発一発の威力は最大級。
 頭のネジの吹き飛んだ連中が狂ったポージングで撃ちまくり、脳が焼き切れる銃声の嵐が悪漢どもを穴だらけにする。
 某漫画の某キャラの元ネタにもなっている。





第6位 『シューテム・アップ』

 個人技枠その2にして創意工大賞。
 いかに面白おかしく銃を撃つか。「銃撃戦」の地平を色んな意味で広げまくった、「シューテムアップ映画」の名をそのまま冠するに相応しい快作。
 あと、映画史上最もニンジンが活躍する作品でもある。





第5位 『リベリオン』

 個人技枠その3にしてスタイリッシュ大賞。
 もはや説明不要、ガン=カタを生み出した記念碑的作品。DVDの時点で良好だった音はBDでさらに磨きがかけられた。
 ガン=カタを見るならBDで見よう!





ここから先の作品は、本気で音が殺しにやって来る。
慈悲はない。






第4位 『男たちの挽歌Ⅱ』

 撃つ撃つ撃つ撃つ撃ちまくる。止まらない。
 銃撃と怒号をさらなる硝煙と爆炎で塗りつぶす喧噪の極致。
 明らかに火薬の量を間違えている。戦場でもないのにここまでやるのか。頭おかしい(褒め言葉)。
 まだドルビーデジタルさえ生まれていない時代の映画に、ここまでの音を載せるのか。これが制作者が作りたかった音なのか。頭おかしい(褒め言葉)。
 ちなみにカウボーイビバップの元ネタにもなっている。





第3位 『ローン・サバイバー』

 死にそう
 極限の音響構築。Dolby Atmos? DTS:X? そんなもんに現を抜かしている暇があるならまずコレを聴け! と言いたくなるほどの。
 神経が焼き切れる緊張と恐怖。
 他作品では「銃撃戦で最終的に主人公側が勝つ」のに対し、本作では「主人公側がどう頑張っても勝てない」という絶望的な状況にある。ひとかけらの希望も見いだせないまま、敵の銃撃は止まない。撃たれる。敵の銃撃が激しくなる。撃たれる。敵が機関銃を投入する。撃たれる。敵がRPGを投入する。撃たれる。そして崖から飛び降りる。





第2位 『プライベート・ライアン』

 死ぬ
 この作品以前と以後で映画音響の作り方そのものを根底から変えてしまった恐るべき作品。すなわち「面」の音響から「点と線」の音響へ。包み込まれる音響から串刺しにされる音響へ。カメラの動きに戦場の轟音がぴたりと追従し、逃げ場も切れ目も容赦もない。
 私のサラウンド・サウンド原体験の一つにして、移動感、包囲感、定位感、重厚感、威力、音数、マルチチャンネルの活用、すべてにおいて今なお基準点であり続ける。
 「ホームシアターがどんなもんか見ていってよ」と言ってうちに招いて冒頭の20分を見せて、トラウマを作ってしまった方々にはたいへん申し訳ないと思っている。





第1位 『ランボー 最後の戦場(エクステンデッド・カット)』

 死んだ
 恐ろしい。
 魂が焼き焦げる。
 もはや狂気しか感じない。
 見るのにかなりの覚悟と気合いと体力が要る。
 鑑賞後には汗をかいて疲れ切っているというありさま。
 しかし、すべてが終わった後で、「ホームシアターってすげえ」と心の底から思える、そんな作品である。





以下、惜しくも次点で選外になった作品。


『KICK-ASS』
 ヒットガール強すぎ。いいぞもっとやれ。


『スカーフェイス』
 貴様らのクソ弾でこの俺が死ぬか! あ!? まだ俺は立ってるぞ!


『第9地区』
 エビメカがかっこよすぎる。


『エクスペンダブルズ2』
 絵に描いたような夢の共演。もう少し音に工夫があれば。


『ノーカントリー』
 トリガーハッピーとは対極にある映画だが、一発の銃声の印象深さは史上最高級。



 さぁ、一緒に穴だらけになろうぜ!!



【BDレビュー】 総まとめ



スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第96回『鉄コン筋クリート』 北米盤

日本じゃ全く出る気配が無いね、仕方ないね…… うーん、面白さはさすがにマインドゲームには及ばず

記事を読む

【音源管理の精髄】 サーバーソフトとナビゲーションツリー 【ネットワークオーディオTips】

 サーバーソフト。  サーバーをサーバーたらしめているものの正体。  多くの場合、ネットワー

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Keith Jarrett / The Koln Concert

・アーティスト / アルバムタイトル Keith Jarrett / The Koln Conce

記事を読む

Roonは音楽鑑賞の未来たり得るか

 Roon。  日本じゃまるで話題に上らないが、みんな興味ないのだろうか。  唯一、今年の独HI

記事を読む

【BDレビュー】 第236回『ジャンゴ 繋がれざる者』

色んな意味で期待を裏切らない監督に拍手喝采 画質:9 音質:12 映像はAVC、

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第34回『ソード・フィッシュ』

ケツアゴ+素っ裸+マトリックスな映画。 画質:9 音質:6 映像はVC-1でビッ

記事を読む

【BDレビュー】第256回『機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編』

Iとまったく同じなら三部作をわざわざ分けることもないと思ったが、やはり微妙に違うようだ。

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 ネットワークオーディオのコントロールアプリ

 ネットワークオーディオの本質は「コントロール」である。  そして、コントロールを担うのがこの

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第220回『リアル・スティール』

わたしは映画通になりたいわけではない。 深淵な映画全般の知識も無ければ、作品の衒学的文学的な評論な

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて ミュージックサーバー編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoonReadyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoonReadyならず

RoonReady、ネットワークオーディオ第五の矢  LUM

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Se

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

canarino Fils 単体サーバー編 その2

その1  懸案だったアナログ電源を手に入れて状況が整ったので

→もっと見る

PAGE TOP ↑