*

心の底からすすめたいBD10選

 BDのローンチから9年。次世代たるUHD BDがローンチした今日この頃。
 しかし未だに「BDとDVDってどう違うの」と至極自然に聞かれるという現実は変わっていない。無念だ。


 優れた作品はただそれだけで素晴らしい。
 しかし、そこに優れた画質と音質が加わると、作品を観る楽しみは一挙に増大する。

 なぜBDを買うのか。
 なぜ画質にこだわるのか。
 なぜ音質にこだわるのか。

 感動したいからである。
 より深く感動したいからである。


 純粋に面白い作品が見たい人。
 BDとして高画質を求める人、高音質を求める人。
 ホームシアターでの画と音の快感を求める人。
 すべての人にすすめたいBDを10本、いつものおふざけやあまりにも一般受けしそうにない作品は抜きにして、真面目にランキングしてみた。






第10位 すべてのジブリ作品

 『風の谷のナウシカ』は少々アレだったが、それ以外のBDはまさに盤石の出来。
 旧作新作問わず、画質音質ともに極めて高品質。作品の面白さは言わずもがな。
 日本のディズニーと言ってもいいほどのBDの完成度は、やはり作品への愛情があるからこそ。
 思い出を最高の形で甦らせる環境は既に整っている。





第9位 『リアル・スティール』

 観る者の心を熱くする、鑑賞後に素直に「楽しかった」と思える傑作。
 BDとしてもデジタル時代の完璧な画質と分厚い音質で収録されている超優秀盤。





第8位 『コンタクト』

 インターステラーなんか見てる暇があったらこっちを見るべき。
 脚本、映像、音楽、画質、音質、何から何まで美しいSF映画。





第7位 『グラン・トリノ』『善き人のためのソナタ』『ぼくのエリ 200歳の少女』

 どれも外すことができず同着で選出。
 三作品ともにAV的な派手さはないが、紛れもなく完璧なBDである。
 何にも邪魔されることなく、作品に浸るのみ。





第6位 『ヘアスプレー』

 圧倒的に楽しく、圧倒的に高音質。
 細かいことは抜きにして歌って踊ればいい。





第5位 すべてのディズニー・アニメーション作品

 「BDのクオリティを決定付けるのは制作側の愛情である」という真実を体現し続けることの比類なき偉大さ。
 最上の画質と上々の音質。最高のホスピタリティ。
 強いて挙げるとすれば、すべてが完璧な『WALL.E』と、50年越しの奇跡を目の当たりにできる『眠れる森の美女』か。もちろん、『アナと雪の女王』も極め付きの品質である。





第4位 『鴉 -KARAS-』

 ホームシアターでアニメを見る意味はあるのか?
 この作品を見ればわかる。聴けばわかる。





第3位 『インデペンデンス・デイ』

 これぞ映画。
 音が良ければ、かくも映画は面白くなるのだ!
 続編も楽しみである。





第2位 『ダークシティ』

 世界を溶かし込んだ美しい闇。新たな天地開闢を壮麗に描き出す音。
 埋もれていくにはあまりにも勿体ない、神話的感覚に満ち溢れた珠玉のSF映画。
 あと、日本盤は買ってはいけない。
 日本盤は買ってはいけない





第1位 『ブレイブハート』
 
 画質と音質だけならば本作よりも優れたBDはいくらでもある。しかし、内容を含めて万人にすすめられる作品となれば、この作品を選ぶことに迷いはない。
 最後にウォレスの剣が投げ放たれた瞬間、きっと1位に選んだ理由がわかってもらえるはずだ。





以下、惜しくも選外となった作品。


『ダークナイト』
 IMAXの映像美と類稀な音響美。
 興味がない人にとってはどこまでも興味がないだろうし、トリロジーであり単体での鑑賞が難しい。


『AKIRA』
 すすめたいのはやまやまだが、どう考えても見る人を選ぶ。
 あと、画質に問題がありすぎる。


『遊星からの物体X』
 未来永劫燦然と輝くSF映画の金字塔。
 が、画質音質的にはあくまで年代相応で、内容的にも万人受けしそうにない。


『アバター』
 画質だけなら最高峰だが、いかんせん話が並。


『七人の侍』
 東宝版ではなくクライテリオン版を買うこと。
 レビューはしていないが、『荒野の七人』も死ぬほどおすすめ。



 愛してやまない映画がもっと面白くなる。
 オーディオの趣味に目覚めてよかったよ。



【BDレビュー】 総まとめ


スポンサーリンク


関連記事

【音源管理の精髄】 NASとサーバーに関するありがちな誤解 【ネットワークオーディオTips】

 前回の内容を頭に叩き込んたうえで読んでほしい。  以下、サーバーに関するありがちな誤解である。

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】AVアンプの選択②――Pioneer SC-LX59

【Dolby Atmos導入記】AVアンプの選択  上の記事を書いてから既に2年近く、ようやく

記事を読む

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

 HDRやら色域の拡大やら、業界はBDに対するUHD BDの優位性は解像度だけではないとしきりに叫ん

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第127回『BLOOD THE LAST VAMPIRE』

フルデジタル製作黎明期の傑作。 デジタルという言葉から連想される機械的無機質さは全く無く、むしろ非

記事を読む

【BDレビュー】 第244回『KICK-ASS 2』 北米盤

 日本じゃまだ公開もしてないのか…… 画質:9 音質:9 映像:AVC 音声

記事を読む

QNAP TS-119のアナログ電源を導入してみた

 システムまとめにも書いているが、現在私のシステムではサーバーとして600GのSSDを入れたQNAP

記事を読む

続・dBpoweramp Tag Editorを使ったDSDのタグ編集

dBpoweramp Tag Editorを使ったDSDのタグ編集 Asset UPnP Re

記事を読む

DELA N1ZのUSB DAC接続機能を試したかった

USB出力を搭載したネットワークオーディオトランスポートについて考える  色々と大騒ぎ

記事を読む

【UHD BDレビュー】第31回『キング・コング:髑髏島の巨神』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:HEVC 

記事を読む

【レビュー】fidata HFAS1 ― 清冽な源流

 NASの中ではQNAPのTS-119がいいとか、TS-119にアナログ電源を付けるともっといいとか

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突! OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

【UHD BDレビュー】第31回『キング・コング:髑髏島の巨神』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

【UHD BDレビュー】第30回『ハクソー・リッジ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:15☆ (評価の詳細についてはこの記事

【UHD BDレビュー】第29回『許されざる者』 米国盤

【BDレビュー】第112回『許されざる者』 画質

→もっと見る

PAGE TOP ↑