*

心の底からすすめたいBD10選

 BDのローンチから9年。次世代たるUHD BDがローンチした今日この頃。
 しかし未だに「BDとDVDってどう違うの」と至極自然に聞かれるという現実は変わっていない。無念だ。


 優れた作品はただそれだけで素晴らしい。
 しかし、そこに優れた画質と音質が加わると、作品を観る楽しみは一挙に増大する。

 なぜBDを買うのか。
 なぜ画質にこだわるのか。
 なぜ音質にこだわるのか。

 感動したいからである。
 より深く感動したいからである。


 純粋に面白い作品が見たい人。
 BDとして高画質を求める人、高音質を求める人。
 ホームシアターでの画と音の快感を求める人。
 すべての人にすすめたいBDを10本、いつものおふざけやあまりにも一般受けしそうにない作品は抜きにして、真面目にランキングしてみた。






第10位 すべてのジブリ作品

 『風の谷のナウシカ』は少々アレだったが、それ以外のBDはまさに盤石の出来。
 旧作新作問わず、画質音質ともに極めて高品質。作品の面白さは言わずもがな。
 日本のディズニーと言ってもいいほどのBDの完成度は、やはり作品への愛情があるからこそ。
 思い出を最高の形で甦らせる環境は既に整っている。





第9位 『リアル・スティール』

 観る者の心を熱くする、鑑賞後に素直に「楽しかった」と思える傑作。
 BDとしてもデジタル時代の完璧な画質と分厚い音質で収録されている超優秀盤。





第8位 『コンタクト』

 インターステラーなんか見てる暇があったらこっちを見るべき。
 脚本、映像、音楽、画質、音質、何から何まで美しいSF映画。





第7位 『グラン・トリノ』『善き人のためのソナタ』『ぼくのエリ 200歳の少女』

 どれも外すことができず同着で選出。
 三作品ともにAV的な派手さはないが、紛れもなく完璧なBDである。
 何にも邪魔されることなく、作品に浸るのみ。





第6位 『ヘアスプレー』

 圧倒的に楽しく、圧倒的に高音質。
 細かいことは抜きにして歌って踊ればいい。





第5位 すべてのディズニー・アニメーション作品

 「BDのクオリティを決定付けるのは制作側の愛情である」という真実を体現し続けることの比類なき偉大さ。
 最上の画質と上々の音質。最高のホスピタリティ。
 強いて挙げるとすれば、すべてが完璧な『WALL.E』と、50年越しの奇跡を目の当たりにできる『眠れる森の美女』か。もちろん、『アナと雪の女王』も極め付きの品質である。





第4位 『鴉 -KARAS-』

 ホームシアターでアニメを見る意味はあるのか?
 この作品を見ればわかる。聴けばわかる。





第3位 『インデペンデンス・デイ』

 これぞ映画。
 音が良ければ、かくも映画は面白くなるのだ!
 続編も楽しみである。





第2位 『ダークシティ』

 世界を溶かし込んだ美しい闇。新たな天地開闢を壮麗に描き出す音。
 埋もれていくにはあまりにも勿体ない、神話的感覚に満ち溢れた珠玉のSF映画。
 あと、日本盤は買ってはいけない。
 日本盤は買ってはいけない





第1位 『ブレイブハート』
 
 画質と音質だけならば本作よりも優れたBDはいくらでもある。しかし、内容を含めて万人にすすめられる作品となれば、この作品を選ぶことに迷いはない。
 最後にウォレスの剣が投げ放たれた瞬間、きっと1位に選んだ理由がわかってもらえるはずだ。





以下、惜しくも選外となった作品。


『ダークナイト』
 IMAXの映像美と類稀な音響美。
 興味がない人にとってはどこまでも興味がないだろうし、トリロジーであり単体での鑑賞が難しい。


『AKIRA』
 すすめたいのはやまやまだが、どう考えても見る人を選ぶ。
 あと、画質に問題がありすぎる。


『遊星からの物体X』
 未来永劫燦然と輝くSF映画の金字塔。
 が、画質音質的にはあくまで年代相応で、内容的にも万人受けしそうにない。


『アバター』
 画質だけなら最高峰だが、いかんせん話が並。


『七人の侍』
 東宝版ではなくクライテリオン版を買うこと。
 レビューはしていないが、『荒野の七人』も死ぬほどおすすめ。



 愛してやまない映画がもっと面白くなる。
 オーディオの趣味に目覚めてよかったよ。



【BDレビュー】 総まとめ


スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】 鷺巣詩郎 / NEON GENESIS EVANGELION II

・アーティスト / アルバムタイトル 鷺巣詩郎 / NEON GENESIS EVANGELION

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第5位『眠れる森の美女』 ― 50年越しの奇跡

【BDレビュー】第90回『眠れる森の美女』  奇跡。  奇跡としか言いようが

記事を読む

【CES2016】眩しいディスプレイよりも黒が黒いディスプレイが欲しい

 テレビにおいては「解像度が4Kであることはもはや優位性ではない」とでも言わんばかりに、「その先」の

記事を読む

LFEとサブウーファーの意義を考える

 LFE。  Low-Frequency Effect。  映像音声にディスクリート収録(.1c

記事を読む

【BDレビュー】第326回『RWBY Volume 3』

 Vol.4は10/22放送開始!  ところで何故にワイスだけ後ろを向いてるんですかね……

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第202回『ヒックとドラゴン』

もっと早くに見るべきだった映画 画質:9 音質:8 映像はAVC、音声はドルビー

記事を読む

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境(詳細) canarin

記事を読む

Dolby Surround/ドルビーサラウンドを試す

 今までドルビーは「さらに後ろにスピーカーを置くといいぞ!」とか「フロントの横にスピーカーを置くとい

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Mayer / Continuum

記事を読む

4年以上前のノートPCでRoonは快適に使えるか?

4年以上前のノートPCでRoon Remoteは快適に使えるか?  前回の続き。  Roon

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

アニメ『宝石の国』が素晴らしい

 アニメから入って、原作漫画も全巻買ってしまった。フォス……

→もっと見る

PAGE TOP ↑