*

【BDレビュー】 第2回『キングダム・オブ・ヘブン』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

やる気のある内に第二回。今後も期待の新作が次々に発売になるので、早いうちにお気に入りのソフトの評価をできるだけやっておきたいと思います。

さて今回は、十字軍を題材にしたキングダム・オブ・ヘブンを取り上げます。


画質:9 音質:9→11


最初期に発売されたソフトとしては断トツのクオリティを誇るお気に入りのソフトです。
映像コーデックはMPEG2でビットレートは25~30Mbps、MPEG2なのでビットレートは安定しています。
音声はフォックスお家芸のDTS-HDマスターオーディオ。うちの環境では聴けないのでDTSコア1.5Mbpsになります。なお、このDTSのビットレートもDVDに比べると2倍近くある、いわゆるハイビットレートってやつです。

相当な高画質です。007や海賊が出た今となっては一歩後退する感がありますが、最初期のソフトでこれだけの画質を実現したことは素直に素晴らしい。
実はBDの画質を評価する上でちょっとしたポイントがありまして、それは「人物の唇の色」です。最初期のソフトではそれが不自然に鮮やかだったり、ともすれば不気味なピンク色になっています。ちなみに最も酷いのはミッションインポッシブル3。キングダム・オブ・ヘブンにも、僅かながらこの傾向が見られます……が、他の画質評価に関する部分はほぼ完璧、不要なノイズも皆無です。解像感・階調・コントラスト、全て申し分ありません。


音質も、DTSコア部分のみでの評価になりますが、ひょっとしたら下手なロスレス音源収録のソフトよりも高音質なのではないかと思うほどの高音質です。剣戟の冴え渡る響き、弓矢の風切り音、騎兵同士の激突音、投石機が放つ弾丸の空を裂く轟音、爆音などなど……音響設計の素晴らしさもあいまって、DVDとは次元の違う音が体感できます。
さらにさらに、これはあくまでDTSコア部分のみの評価であって、DTS-HDマスターオーディオはまだ本領発揮をしていません。最近発表されている機器を使い、その真の音を聴いた暁には音質評価が10以上になる可能性も大いにあります。

総論として、キングダム・オブ・ヘブンは非常に高いクオリティを持ったソフトであると言えます。最初期に発売されたソフトでありながら、未だに総合的なクオリティではトップクラスに位置します。
BDを初めて購入する方で、かつ歴史もの、戦闘ものがお好きな方には非常にお勧めできるソフトです。




おまけ

今全国行脚をしているパイオニアプレミアフェスタでも、KUROに映す映像としてキングダム・オブ・ヘブンが選ばれていました。やっぱりそれだけ画質音質の評価が高いのでしょう。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【RoonReady】Musica Pristina A Cappella II

 Roonの1.2へのアップデートに伴い突如として現れた感。 Musica Pristin

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】サーバーソフトの画像配信能力をぶった斬る

 コントロールアプリ上で美しいアルバムアートを表示するためには三つの条件がある。  1、大前提

記事を読む

no image

【アプリ紹介】 Denon Remote App iPad版検証

ようやくiPadに対応したので早速検証してみる。 Denon Remote AppはMaran

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第45回『アンダーワールド』

3月はBDソフトを8枚カッとなってカッた。後悔はしていない。 一年以上の時を経てリリースされた

記事を読む

【音源管理の精髄】 DLNAにおけるデバイスクラスについて 【ネットワークオーディオTips】

 UPnP/DLNAとがどういうものなのかについては、前回の記事で概要を示した。  この記事で

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第40回『スチームボーイ』

絵を見もしない人間がガタガタ抜かすな。 これはアニメだ。 動く絵だ。 画質:1

記事を読む

【システム】 Dynaudio Audience122

 思い出深い初Dynaudio、Audience122。  東日本大震災でぶっ倒れてもなお、力強く

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第208回『ノエイン』

画質:5 音質:8 映像はAVC、音声はリニアPCMの16bitステレオ 画質につい

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Natalie Merchant / Natalie Merchant

・アーティスト / アルバムタイトル Natalie Merchant / Natal

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】MediaMonkeyのコントロールアプリ 『MonkeyMote Music Remote』

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。  マウスをカチカチもしたくない。  要は、オー

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

→もっと見る

PAGE TOP ↑