*

【BDレビュー】 第2回『キングダム・オブ・ヘブン』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

やる気のある内に第二回。今後も期待の新作が次々に発売になるので、早いうちにお気に入りのソフトの評価をできるだけやっておきたいと思います。

さて今回は、十字軍を題材にしたキングダム・オブ・ヘブンを取り上げます。


画質:9 音質:9→11


最初期に発売されたソフトとしては断トツのクオリティを誇るお気に入りのソフトです。
映像コーデックはMPEG2でビットレートは25~30Mbps、MPEG2なのでビットレートは安定しています。
音声はフォックスお家芸のDTS-HDマスターオーディオ。うちの環境では聴けないのでDTSコア1.5Mbpsになります。なお、このDTSのビットレートもDVDに比べると2倍近くある、いわゆるハイビットレートってやつです。

相当な高画質です。007や海賊が出た今となっては一歩後退する感がありますが、最初期のソフトでこれだけの画質を実現したことは素直に素晴らしい。
実はBDの画質を評価する上でちょっとしたポイントがありまして、それは「人物の唇の色」です。最初期のソフトではそれが不自然に鮮やかだったり、ともすれば不気味なピンク色になっています。ちなみに最も酷いのはミッションインポッシブル3。キングダム・オブ・ヘブンにも、僅かながらこの傾向が見られます……が、他の画質評価に関する部分はほぼ完璧、不要なノイズも皆無です。解像感・階調・コントラスト、全て申し分ありません。


音質も、DTSコア部分のみでの評価になりますが、ひょっとしたら下手なロスレス音源収録のソフトよりも高音質なのではないかと思うほどの高音質です。剣戟の冴え渡る響き、弓矢の風切り音、騎兵同士の激突音、投石機が放つ弾丸の空を裂く轟音、爆音などなど……音響設計の素晴らしさもあいまって、DVDとは次元の違う音が体感できます。
さらにさらに、これはあくまでDTSコア部分のみの評価であって、DTS-HDマスターオーディオはまだ本領発揮をしていません。最近発表されている機器を使い、その真の音を聴いた暁には音質評価が10以上になる可能性も大いにあります。

総論として、キングダム・オブ・ヘブンは非常に高いクオリティを持ったソフトであると言えます。最初期に発売されたソフトでありながら、未だに総合的なクオリティではトップクラスに位置します。
BDを初めて購入する方で、かつ歴史もの、戦闘ものがお好きな方には非常にお勧めできるソフトです。




おまけ

今全国行脚をしているパイオニアプレミアフェスタでも、KUROに映す映像としてキングダム・オブ・ヘブンが選ばれていました。やっぱりそれだけ画質音質の評価が高いのでしょう。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【イベントレポート】春のヘッドホン祭り2015

 ネットワークオーディオは実際に使ってなんぼ。  コントロールアプリは実際に触ってなんぼ。  触

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】foobar2000のコントロールアプリ 『foobarCon』

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。  マウスをカチカチもしたくない。  要は、オー

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー 音や

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  10月10

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第182回『ムーラン・ルージュ』

画質:7 音質:9 映像はAVC、音声はDTS-HDMA bit数は失念 画質につい

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第66回『パプリカ』

画質:8 音質:10 映像はMPEG-2、動きのある場面では基本的に30Mbpsの大台。

記事を読む

【CES2016】AKM VERITA AK4497

"VERITA" AKM 歴代最高音質・性能の新フラグシップ プレミアムD/Aコンバーター AK44

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 ネットワークオーディオプレーヤーを使う

 この記事で扱うのは、いわゆるオーディオ機器としてのネットワークオーディオプレーヤーである。  こ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】あえて単体サーバーを導入するメリットとデメリット

 この記事で言う「単体サーバー」とは、「オーディオのためだけに使うサーバー機器」を指す。  要する

記事を読む

【ネットワークオーディオ・実践編】必要なハードウェア

 必要不可欠なハードウェア。機器類。  各論に走ってしまうと全体像が見え辛くなるので、まずはこ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリのインターフェース/デザインはどのようにあるべきか

 個別検証前にちょっと整理その2。  この記事の続きなので復習。  コントロールアプリの基本

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑