*

【BDレビュー】 第1回『父親たちの星条旗』・『硫黄島からの手紙』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

やる気のある内に早々と第一回。

記念すべき?第一回は父親たちの星条旗と硫黄島からの手紙、いわゆる硫黄島二部作を取り上げます。日本が外国映画で取り上げられるだけで大騒ぎするマスコミのおかげでご存知の方も多いでしょう。
なお、今後にも言えることですが、内容面についてはとやかく書きません。


父親たちの星条旗
画質8 音質8

硫黄島からの手紙
画質6 音質9


まず父親たちの星条旗。
映像コーデックはVC-1でビットレートは20Mbps前後。戦場等、情報量の多い場面では25くらいまで上がります。
音声はドルビーデジタルのみ、ビットレートは640kbps。いわゆるハイビットレートドルビーデジタルってヤツです。

なかなかの高画質です。モノクロ並に彩度を落した戦場と、決して鮮やかではない落ち着いた色調の非戦場の色の違いもしっかりと描き分けます。むしろその程度も出来なかったら次世代ディスクの価値はないですが。しかし、解像感にはとぼしい画作りです。まあ元々そういう画作りなのでしょうが。“不要なノイズ”は抑え切れてはいません。

音質はドルビーデジタルのみですが、これもなかなか高音質です。硫黄島からの手紙にも言えることですが、ダイナミックレンジがかなり大きく、台詞が小さいと思ってボリュームを上げると戦場の場面でたまげることになります。


次に硫黄島からの手紙。
映像コーデックはVC-1でビットレートは20Mbps前後。戦場等、情報量の多い場面では25くらいまで上がります。この辺は父親たちの星条旗と共通です。
音声はワーナー改心の証、ドルビーTRUEHDでの収録。ビットレートは1.5Mbps前後、戦場では2.5前後まで上がります。かなり低い数値ですが、ドルビーTRUEHDのメリットである収録段階でのビットレートは抑えられるということを活かした結果でしょうか。

画質はあまり褒められたものではありません。全体的な傾向としては前編と同様なのですが、場面によってはノイズが出すぎです。ノイズにも“圧縮に伴う不要なノイズ”と、“雰囲気や質感を出すための有用なノイズ”(いわゆるフィルムグレイン的なもの)の二種類がありますが、この作品のノイズについては完全に前者のものです。著しく映像の品位を損なっています。
元々ワーナーのソフトは画質悪いですが、いい加減何とかしてほしい。次に控える300まで画質悪かったら泣きます。

音質は非常に良好です。ドルビーTRUEHDの面目躍如ってところでしょうか。前編の音質にさらに磨きをかけた感じで、ダイナミックレンジが非常に広い。戦闘シーンも凄まじい迫力です。手持ちのプライベートライアンやブラックホークダウンのDVDと比べても、やはり次元が違います。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第272回『●REC3 ジェネシス』

4が出ることを今さらながら知った記念。3でネタ映画化してそれっきりだと思っていた。 画

記事を読む

【Audio】 システムまとめ 【Visual】

【システム全景】(2016/03/25) オーディオとホームシアターの両立を目指して

記事を読む

PS Audio DirectStream Junior

PS Audio launch DirectStream Junior FPGA DAC w/ st

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第111回『インクレディブル・ハルク』

画質:9 音質:7 映像はAVCでSPEの手堅いエンコード。 音声はドルビーTRUEHD

記事を読む

JS PC Audio NH100

【魔境】ハブで音は変わるか? JS PC Audio NH100  先代のNH1

記事を読む

EPSON EH-LS10000を見てきた

 某日某所、暗室にて。  まどろっこしい話は抜きにして、一番気になっていた部分をはっきりと言お

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 鷺巣詩郎 / NEON GENESIS EVANGELION III

・アーティスト / アルバムタイトル 鷺巣詩郎 / NEON GENESIS EVANGELION

記事を読む

【アプリ紹介】Songbook Lite iPad版 version4.1.0検証

※この記事のデータ等は基本的に2012年5月12日時点のものです SongBook L

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第141回『グラン・トリノ』

浄化、カタルシス 画質:10 音質:10 映像はVC-1、音声はドルビーTRUE

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第207回『ザ・ライト -エクソシストの真実-』

画質:9 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑