*

【BDレビュー】 第1回『父親たちの星条旗』・『硫黄島からの手紙』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

やる気のある内に早々と第一回。

記念すべき?第一回は父親たちの星条旗と硫黄島からの手紙、いわゆる硫黄島二部作を取り上げます。日本が外国映画で取り上げられるだけで大騒ぎするマスコミのおかげでご存知の方も多いでしょう。
なお、今後にも言えることですが、内容面についてはとやかく書きません。


父親たちの星条旗
画質8 音質8

硫黄島からの手紙
画質6 音質9


まず父親たちの星条旗。
映像コーデックはVC-1でビットレートは20Mbps前後。戦場等、情報量の多い場面では25くらいまで上がります。
音声はドルビーデジタルのみ、ビットレートは640kbps。いわゆるハイビットレートドルビーデジタルってヤツです。

なかなかの高画質です。モノクロ並に彩度を落した戦場と、決して鮮やかではない落ち着いた色調の非戦場の色の違いもしっかりと描き分けます。むしろその程度も出来なかったら次世代ディスクの価値はないですが。しかし、解像感にはとぼしい画作りです。まあ元々そういう画作りなのでしょうが。“不要なノイズ”は抑え切れてはいません。

音質はドルビーデジタルのみですが、これもなかなか高音質です。硫黄島からの手紙にも言えることですが、ダイナミックレンジがかなり大きく、台詞が小さいと思ってボリュームを上げると戦場の場面でたまげることになります。


次に硫黄島からの手紙。
映像コーデックはVC-1でビットレートは20Mbps前後。戦場等、情報量の多い場面では25くらいまで上がります。この辺は父親たちの星条旗と共通です。
音声はワーナー改心の証、ドルビーTRUEHDでの収録。ビットレートは1.5Mbps前後、戦場では2.5前後まで上がります。かなり低い数値ですが、ドルビーTRUEHDのメリットである収録段階でのビットレートは抑えられるということを活かした結果でしょうか。

画質はあまり褒められたものではありません。全体的な傾向としては前編と同様なのですが、場面によってはノイズが出すぎです。ノイズにも“圧縮に伴う不要なノイズ”と、“雰囲気や質感を出すための有用なノイズ”(いわゆるフィルムグレイン的なもの)の二種類がありますが、この作品のノイズについては完全に前者のものです。著しく映像の品位を損なっています。
元々ワーナーのソフトは画質悪いですが、いい加減何とかしてほしい。次に控える300まで画質悪かったら泣きます。

音質は非常に良好です。ドルビーTRUEHDの面目躍如ってところでしょうか。前編の音質にさらに磨きをかけた感じで、ダイナミックレンジが非常に広い。戦闘シーンも凄まじい迫力です。手持ちのプライベートライアンやブラックホークダウンのDVDと比べても、やはり次元が違います。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【音源管理の精髄・応用編】 タグとフォルダーの併用 【ネットワークオーディオTips】

 これはPCオーディオとネットワークオーディオの両方に使えるテクニックだが、音源のブラウズをすべてア

記事を読む

【BDレビュー】第316回『エクソダス:神と王』

画質:11 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DT

記事を読む

【CES2016】ESS Technology ES9038PRO SABRE DAC

The ES9038PRO SABRE DAC ESS Technology SABRE PRO

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第207回『ザ・ライト -エクソシストの真実-』

画質:9 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について。

記事を読む

Netflixを使ってみた

 ネットワークオーディオなんてものを実践して、TIDALやQobuzに価値を見出している以上、Net

記事を読む

【ネットワークオーディオ】 『MinimServer』を試す

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『MinimSe

記事を読む

【記事修正とお詫び】オーディオ業界は本気でハイレゾを普及させる気があるのかという疑問

eufonius、大ヒット作『frasco』のDSDマスターを解禁!! 【記事修正とお詫び

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Jan Gunnar Hoff / Living

・アーティスト / アルバムタイトル Jan Gunnar Hoff / Living ・購

記事を読む

fidataが「ミュージックサーバー」になったぞ

 対応フォーマットやら何やらは下の記事を参照。  DSD256に対応した「USB出力搭載ネットワー

記事を読む

【音源管理の精髄】 理想のネットワークオーディオプレーヤーとは? 【ネットワークオーディオTips】

 理想のネットワークオーディオプレーヤーとは何か。  ……正直なところ、「音楽を快適に聴く」と

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

→もっと見る

PAGE TOP ↑