*

【BDレビュー】 第76回『イノセンス』 アブソリュート・エディション

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:14 音質:12   ※旧版は12の9


映像はAVCで基本30台のハイビットレート。旧版よりは低め。
音声はドルビーTRUEHDとDTS-HDMAの24bit。

画質について。
スルメ画質。
画作りや色彩、ぱっと眼に入る情報量や解像感といったものは既に旧版で完成形に到達していたので、アブソリュートエディションではどう進化するのか興味津々でしたが、なるほどこうきたか。
最初は分かりやすい比較のために毎度おなじみお祭りの場面から見始めたんですけど、明るく煌びやかな場面だとどうにもあまり違いが見えない。うーむとなったところで少し暗い場面、薄暗い路地をキャラクタが歩いているような場面になると一気に違いが見えてきました。
暗部領域、微細領域の情報量が激増しています。“見えてないけど別に見えなくても気にならない部分”が一気に現われてきました。見れば見るほど、どこに何があるのか把握すればするほど、未だ見知らぬ新たな情報と出会います。AVCにコーデックが変わったことに伴う情報量の増加が実に効果的に作用した結果、なんとも味わい深いスルメ画質に仕上がりました。
“なんちゃってフィルムグレインエフェクト”は旧版から継承していますが、それも含めてヴェールを1枚くらいはがした感じにはなってます。
画質評価15点をあげてもよかったですけど、少なくとも二か所にマッハバンドを見つけたので14点。オープニングのは製作時点で出てますね、たぶん。

音質について。
旧版の7.1chに対してこちらは6.1chだけど、旧版はサラウンドバック2chが同一音声だったらしいので基本的にチャンネル構成はおんなじ。
さて、アブソリュートエディションでは旧版の16bitに対し24bitでの収録になっているわけですが、旧版ではついぞ得られなかった荒々しい威力に満ちています。
いわゆるダイナミックレンジの両翼がぐぐっと伸びて、急峻に立ちあがる鋭い音の威力から微小な音の繊細さまで、音の一つひとつがだいぶグレードアップしています。マスタリングし直したんじゃないの?と思うくらい違う音に聴こえる場面もかなりありました。ひょっとしたらロスレス音声収録にあたってほんとに再マスタリングしてんのかも。
銃声や破壊音の轟く大音響の場面でも存分にカタルシスが得られる威力を得られたのは実に嬉しいことです。


最初期にして今でも相当な高品質なソフトが、一年半の時を経てさらに素晴らしい画質音質を手にしました。
一年後か二年後か三年後かはたまた五年後か……いつの日かワーナーが心の底から目覚めた日には、今まで辛酸をなめ続けてきたソフト達も大きな恩恵を受けられるでしょう。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【CES2016】眩しいディスプレイよりも黒が黒いディスプレイが欲しい

 テレビにおいては「解像度が4Kであることはもはや優位性ではない」とでも言わんばかりに、「その先」の

記事を読む

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stream If you pl

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて ハード編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ソフト編 理想のオ

記事を読む

さらば、SongBook

 ひとつの時代が終わったようだ。  SongBook LiteもSongBook’11 U

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Asset UPnP 導入・設定・運用編

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』   ・使用したサーバー機器 PC(Wind

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第205回『塔の上のラプンツェル』

画質:10 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit、7.1ch

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第47回『インベージョン』

それにしても二コール・キッドマン美人杉ワロタ 必殺技はゲロぶっかけ。 画質:8 音質

記事を読む

Roonの「Core」・「Control」・「Output」

Roon Labs  Roonの公式HPが刷新され、とっちらかっていた諸々の要素がまとめられて

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第204回『耳をすませば』

    |                   \     |  ('A`)        カ

記事を読む

日本のアニメのUHD BDはどうなる?

 そもそも、4K解像度/HDR/BT.2020のフルスペックで製作された日本のアニメ作品は存在するの

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑