*

【BDレビュー】 第76回『イノセンス』 アブソリュート・エディション

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:14 音質:12   ※旧版は12の9


映像はAVCで基本30台のハイビットレート。旧版よりは低め。
音声はドルビーTRUEHDとDTS-HDMAの24bit。

画質について。
スルメ画質。
画作りや色彩、ぱっと眼に入る情報量や解像感といったものは既に旧版で完成形に到達していたので、アブソリュートエディションではどう進化するのか興味津々でしたが、なるほどこうきたか。
最初は分かりやすい比較のために毎度おなじみお祭りの場面から見始めたんですけど、明るく煌びやかな場面だとどうにもあまり違いが見えない。うーむとなったところで少し暗い場面、薄暗い路地をキャラクタが歩いているような場面になると一気に違いが見えてきました。
暗部領域、微細領域の情報量が激増しています。“見えてないけど別に見えなくても気にならない部分”が一気に現われてきました。見れば見るほど、どこに何があるのか把握すればするほど、未だ見知らぬ新たな情報と出会います。AVCにコーデックが変わったことに伴う情報量の増加が実に効果的に作用した結果、なんとも味わい深いスルメ画質に仕上がりました。
“なんちゃってフィルムグレインエフェクト”は旧版から継承していますが、それも含めてヴェールを1枚くらいはがした感じにはなってます。
画質評価15点をあげてもよかったですけど、少なくとも二か所にマッハバンドを見つけたので14点。オープニングのは製作時点で出てますね、たぶん。

音質について。
旧版の7.1chに対してこちらは6.1chだけど、旧版はサラウンドバック2chが同一音声だったらしいので基本的にチャンネル構成はおんなじ。
さて、アブソリュートエディションでは旧版の16bitに対し24bitでの収録になっているわけですが、旧版ではついぞ得られなかった荒々しい威力に満ちています。
いわゆるダイナミックレンジの両翼がぐぐっと伸びて、急峻に立ちあがる鋭い音の威力から微小な音の繊細さまで、音の一つひとつがだいぶグレードアップしています。マスタリングし直したんじゃないの?と思うくらい違う音に聴こえる場面もかなりありました。ひょっとしたらロスレス音声収録にあたってほんとに再マスタリングしてんのかも。
銃声や破壊音の轟く大音響の場面でも存分にカタルシスが得られる威力を得られたのは実に嬉しいことです。


最初期にして今でも相当な高品質なソフトが、一年半の時を経てさらに素晴らしい画質音質を手にしました。
一年後か二年後か三年後かはたまた五年後か……いつの日かワーナーが心の底から目覚めた日には、今まで辛酸をなめ続けてきたソフト達も大きな恩恵を受けられるでしょう。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第159回『風の谷のナウシカ』

画質:7 音質:6 映像はAVC、音声はリニアPCMの24bitステレオ 画質につい

記事を読む

【ネットワークオーディオ・実践編】必要なハードウェア

 必要不可欠なハードウェア。機器類。  各論に走ってしまうと全体像が見え辛くなるので、まずはこ

記事を読む

ECLIPSE TD316SWMK2 いろんなタイトルとの組み合わせ④

0.1の壁 導入編 リファレンスBD10タイトルとの組み合わせ いろんなタイトルとの組み合わせ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】鷺巣詩郎 / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 オリジナルサウンドトラック

・アーティスト / アルバムタイトル 鷺巣詩郎 / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 オリジナルサウン

記事を読む

【CES2016】UHD BDは飛び立てるか ソフト編

 そりゃ勿論、飛び立ってほしいと死ぬほど願っている。  が、それはそれとして。

記事を読む

【ネットワークオーディオ・実践編】 あると便利なもの

○スキャナ  ネットに転がっているアルバムアートを適当に貼り付けるだけでも、何もないのに比べれ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】iTunesのコントロールアプリ 『Remote』

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。  要は、オーディオ部屋で椅子に座った瞬間、PCの

記事を読む

B&W CM Series 2登場

 ますますすっきりしたデザインになった。  順当なシリーズ刷新。  どうやらCMシリーズ

記事を読む

【音源管理の精髄】手を抜いたライブラリの成れの果て 【ネットワークオーディオTips】

 ディスクだろうと、ファイルだろうと、整理整頓しなければ滅茶苦茶になる。  というわけで、最短

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第140回『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』

画質:8 音質:10 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bit。 ちなみにこ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑