*

【BDレビュー】 第76回『イノセンス』 アブソリュート・エディション

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:14 音質:12   ※旧版は12の9


映像はAVCで基本30台のハイビットレート。旧版よりは低め。
音声はドルビーTRUEHDとDTS-HDMAの24bit。

画質について。
スルメ画質。
画作りや色彩、ぱっと眼に入る情報量や解像感といったものは既に旧版で完成形に到達していたので、アブソリュートエディションではどう進化するのか興味津々でしたが、なるほどこうきたか。
最初は分かりやすい比較のために毎度おなじみお祭りの場面から見始めたんですけど、明るく煌びやかな場面だとどうにもあまり違いが見えない。うーむとなったところで少し暗い場面、薄暗い路地をキャラクタが歩いているような場面になると一気に違いが見えてきました。
暗部領域、微細領域の情報量が激増しています。“見えてないけど別に見えなくても気にならない部分”が一気に現われてきました。見れば見るほど、どこに何があるのか把握すればするほど、未だ見知らぬ新たな情報と出会います。AVCにコーデックが変わったことに伴う情報量の増加が実に効果的に作用した結果、なんとも味わい深いスルメ画質に仕上がりました。
“なんちゃってフィルムグレインエフェクト”は旧版から継承していますが、それも含めてヴェールを1枚くらいはがした感じにはなってます。
画質評価15点をあげてもよかったですけど、少なくとも二か所にマッハバンドを見つけたので14点。オープニングのは製作時点で出てますね、たぶん。

音質について。
旧版の7.1chに対してこちらは6.1chだけど、旧版はサラウンドバック2chが同一音声だったらしいので基本的にチャンネル構成はおんなじ。
さて、アブソリュートエディションでは旧版の16bitに対し24bitでの収録になっているわけですが、旧版ではついぞ得られなかった荒々しい威力に満ちています。
いわゆるダイナミックレンジの両翼がぐぐっと伸びて、急峻に立ちあがる鋭い音の威力から微小な音の繊細さまで、音の一つひとつがだいぶグレードアップしています。マスタリングし直したんじゃないの?と思うくらい違う音に聴こえる場面もかなりありました。ひょっとしたらロスレス音声収録にあたってほんとに再マスタリングしてんのかも。
銃声や破壊音の轟く大音響の場面でも存分にカタルシスが得られる威力を得られたのは実に嬉しいことです。


最初期にして今でも相当な高品質なソフトが、一年半の時を経てさらに素晴らしい画質音質を手にしました。
一年後か二年後か三年後かはたまた五年後か……いつの日かワーナーが心の底から目覚めた日には、今まで辛酸をなめ続けてきたソフト達も大きな恩恵を受けられるでしょう。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第302回『マチェーテ キルズ』

画質:9 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】MediaMonkeyのコントロールアプリ 『MonkeyMote Music Remote』

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。  マウスをカチカチもしたくない。  要は、オー

記事を読む

【音源管理の精髄】 タグ編集&CDのリッピングにかかる時間 【ネットワークオーディオTips】

 タグの編集と管理はめんどくさい。  確かにめんどくさい。  それは事実だ。  では、どれ

記事を読む

PS4 Pro

新型「PS4 Pro」11月10日発売、価格は44,980円!全てのソフトを4K画質&安定した高速フ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第141回『グラン・トリノ』

浄化、カタルシス 画質:10 音質:10 映像はVC-1、音声はドルビーTRUE

記事を読む

【音源管理の精髄】 理想のサーバーとは? 【ネットワークオーディオTips】

 (ネットワークオーディオにおける)理想のサーバーとは何か。  私が考えるに、それは、

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第210回『レオン』

画質:9 音質:8 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの24bit、5.0chという

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第80回『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』

画質:9 音質:8 映像はVC-1、ビットレートは20台中心で推移。30台にも乗る。 音

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】D’Angelo / Brown Sugar

・アーティスト / アルバムタイトル D'Angelo / Brown Sugar

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第63回『メン・イン・ブラック』

画質:7 音質:9 映像はAVCでビットレートは高めに推移。 音声はドルビーTRUEHD

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【地元探訪・神様セカンドライフ編】元稲田神社/あぐりこ稲荷(羽後町杉宮)

神様セカンドライフ 66話「あぐりこ稲荷」  雄勝郡の稲荷オ

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/17初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/04初出の記事を更新・

【ハイレゾ音源備忘録】結城アイラ / decade wind(NetAudio27付録) 【768kHz/32bit】

・アーティスト / アルバムタイトル / 曲タイトル 結

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/10/07初出の記事を更新・

SOtM sMS-200でMinimServerとBubbleUPnP Serverが使えるようになった

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 【レビュー】SO

【UHD BDレビュー】第3回『キング・オブ・エジプト / GODS OF EGYPT』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第2回『デッドプール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第1回『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/28初出の記事を更新・

LUMINのプレーヤーがついにMQAに対応

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpo

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Respighi: Belkis, Regina di Saba, Ballata delle gnomidi & Pini di Roma 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Stravinsky: The Song Of The Nightingale, The Firebird, Rite of Spring 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

Wireworld Platinum Starlight、襲来

 時に、西暦2017年。  秋田の片田舎に、重厚な金属製

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / ANIMA

・アーティスト / アルバムタイトル サラ・オレイン /

→もっと見る

PAGE TOP ↑