*

【BDレビュー】第315回『アントマン』

公開日: : 最終更新日:2016/04/14 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:9
音質:9
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 7.1ch


○画質
 最近のMCU作品として順当の高画質。
 くっきり明快、硬質な質感の中でも色彩濃厚、解像感も情報量もばっちり。
 しかし悲しいかな、映像のシチュエーションがあまりにも異質なせいで実写とCGの乖離が著しく、さらにCGそれ自体のクオリティも他のMCU作品と比べてちょっと……であり、画の情報量的に食い足りなさが残った。
 アリはもっとグロテスクというか、生々しく描いてもよかったんじゃなかろうか。

○見どころ
 FLCL 第5話より「Blues Drive Monster」なシーン(見りゃわかる)


○音質
 「小さくなった時の心情の変化」を音でもってきちんと表現できている。水滴の一滴一滴は隕石津波の如き衝撃力を持ち、ネズミの声は巨獣のようで、アリたちはさながら万軍の進撃だ。細かい音が空間に浮遊し、サラウンド感もじゅうぶん。
 1.5センチのスーツから撃ち出すビームよりもその辺のiPhoneから流れる音楽の方が大きな迫力を持っていたり、縮小時の戦闘における衝撃の瞬間、映像がリアルスケールに戻ってしょうもない音を出したりと、面白さとリアリティを両立している。縮小時に銃弾の雨をかいくぐるシーンなどでは、そこそこの威力もある。
 ただし、小人スケールにおける音の創造性に関して言えば『借りぐらしのアリエッティ』の方が面白く、心情を生々しく表現できていたように思う。

○聴きどころ
 浴槽
 機関車トーマス


○総評
 たまに妙な出来の場合もあるが、基本的にMCU作品のBDはクオリティがしっかりしているので、買うにしても特に不安はない。逆に超々高品質なBDは少ないようにも思う。
 もしかしたらこの映画の最大の見どころはスタッフロール後の数十秒なのかもしれない。
 アントマンはシビル・ウォーでどんな活躍をするのだろうか。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
EPSON EH-LS10000
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1ch)
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52
ECLIPSE TD316SWMK2



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】鷺巣詩郎 / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q オリジナルサウンドトラック

・アーティスト / アルバムタイトル 鷺巣詩郎 / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q オリジナルサウン

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて ソフト編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

LUMIN A1・開梱編

導入編 動作編 機能編 LINN DSとの徹底比較 DSD編 音質編①  ネッ

記事を読む

Leema Acoustics Sirius audiophile music server

 日本未上陸のネットワークオーディオ関連機器をなんとなく紹介するシリーズ。 Leema A

記事を読む

【ネットワークオーディオ・実践編】 『音源』/『ライブラリ』を作る

 とにかく音源がないことには何も始まらない。  ハイレゾだDSDだと大騒ぎするよりもまず、手持ちの

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】toe / HEAR YOU

・アーティスト / アルバムタイトル toe / HEAR YOU ・購入元

記事を読む

【音源管理の精髄】 WAVにおける日本語のタグの取り扱い 【ネットワークオーディオTips】

WAVでリッピングするとタグはどうなる? WAVでリッピングした音源をFLAC等に変換するとタ

記事を読む

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 運用編 【Roon Server】

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編

記事を読む

LUMIN L1 続・音質編

前の記事  前回の試用ではS1との組み合わせだったが、本導入の今となってはA1との組み合わ

記事を読む

Roon関連記事まとめ

 音楽愛好家のための「総合音楽鑑賞ソフト」、Roon。  「聴くだけにとどまらない多面的な音楽の楽

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑