*

【BDレビュー】 第202回『ヒックとドラゴン』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

もっと早くに見るべきだった映画


画質:9 音質:8


映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの24bit

画質について。
最初から最後までフルデジタルで作ったアニメーションのデジタル直送ソフトであり、画質的な面でケチをつけるような場面は皆無。
もともと3Dを意図して作られた作品ということもあってか、2Dであってもキャラクターやオブジェクトの立体感が特に目を引く。映像全体の解像感や精細感は卓越したものがあり、BDという器を存分に生かしている。色彩はそこまで派手にはならず落ち着いた印象であり、ある種の渋みも感じさせる。
ノイズやマッハバンドの類も見当たらない、さすがの仕上がりである。
画質、というより映像的に気になる部分もいくつか。
必然か偶然かは分からないが、キャラクターのディティールに比べて背景の作り込みが少し甘く思え、キャラクターが幾分浮いているように感じる。また、夜のシーンでは実写を意識したものか、強い闇への引き込みとソフトフォーカス処理があり、折角の3DCGゆえのハイディティールが見えない。そのぶん、相対的に日中のシーンでの凝縮されたディティールの表出が強く印象に残るのも事実なのだが。
手堅い出来ながら、感覚的には目の覚めるような高画質というわけでもない。
見どころ:
黒い鱗
そばかす

音質について。
全体的にナローレンジで、おどろおどろしさをあまり感じない。
冒頭の乱戦も、怒号が怒涛の飛沫をあげるというよりはコミカルな大騒ぎといった風合いで、効果音に重さ鋭さ硬さといった要素は薄い。この辺はあくまで子供向けゆえの音作りか。
サウンドデザインそのものはマルチチャンネルを十分に生かしており、飛行シーンではまさしく飛翔の醍醐味を感じられるのだが、やはり剛風の中を豪快に疾駆するようなイメージには少々乏しい。
むしろ音響的なハイライトは竜の咆哮である。作中のいかなる音よりも巨大で重く激しく、空間一杯に鳴り響く。
聴きどころ:
飛翔
咆哮



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】 John Mayer / Paradise Valley

・アーティスト / アルバムタイトル John Mayer / Paradise Valley

記事を読む

【音源管理の精髄】 いざ、リッピング――機械任せにしてはいけない! 【ネットワークオーディオTips】

 PC/ネットワークオーディオが隆盛を極めたところで、CDの価値が消えてなくなるわけではない。  

記事を読む

【BDレビュー】 第243回『SHORT PEACE』

 ジーニアスパーティー・ビヨンドのBD化はまだか! まだですか!  (無印は別に……)

記事を読む

【BDレビュー】 第228回『パンズ・ラビリンス』

前々から見たかった作品、ようやく国内でBDが出たので初視聴。 「ファンタジー」という言葉の意味を、

記事を読む

【BDレビュー】 第240回『スター・トレック イントゥ・ダークネス』

ちょっとスポックさんスペック高すぎじゃないですかね…… 画質:11 音質:10

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・サウンドマック

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  9月5日・

記事を読む

【祝】OPPO Sonica DACは2月上旬発売

OPPO「Sonica DAC」は9.8万円、2月上旬発売。ES9038PRO搭載のネットワーク対応

記事を読む

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売と同時に購入して二年半以上、そ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第130回『スカイクロラ』

画質:10 音質:10 映像はAVCでビットレートはかなり高め。 音声はドルビーTRUE

記事を読む

no image

【BDレビュー】第156回『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』

画質:13 音質:13 映像はAVC、ビットレートは非常に高め 音声はDTS-HDMAの

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突! OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

【UHD BDレビュー】第31回『キング・コング:髑髏島の巨神』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

【UHD BDレビュー】第30回『ハクソー・リッジ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:15☆ (評価の詳細についてはこの記事

【UHD BDレビュー】第29回『許されざる者』 米国盤

【BDレビュー】第112回『許されざる者』 画質

→もっと見る

PAGE TOP ↑