*

【BDレビュー】 第202回『ヒックとドラゴン』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

もっと早くに見るべきだった映画


画質:9 音質:8


映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの24bit

画質について。
最初から最後までフルデジタルで作ったアニメーションのデジタル直送ソフトであり、画質的な面でケチをつけるような場面は皆無。
もともと3Dを意図して作られた作品ということもあってか、2Dであってもキャラクターやオブジェクトの立体感が特に目を引く。映像全体の解像感や精細感は卓越したものがあり、BDという器を存分に生かしている。色彩はそこまで派手にはならず落ち着いた印象であり、ある種の渋みも感じさせる。
ノイズやマッハバンドの類も見当たらない、さすがの仕上がりである。
画質、というより映像的に気になる部分もいくつか。
必然か偶然かは分からないが、キャラクターのディティールに比べて背景の作り込みが少し甘く思え、キャラクターが幾分浮いているように感じる。また、夜のシーンでは実写を意識したものか、強い闇への引き込みとソフトフォーカス処理があり、折角の3DCGゆえのハイディティールが見えない。そのぶん、相対的に日中のシーンでの凝縮されたディティールの表出が強く印象に残るのも事実なのだが。
手堅い出来ながら、感覚的には目の覚めるような高画質というわけでもない。
見どころ:
黒い鱗
そばかす

音質について。
全体的にナローレンジで、おどろおどろしさをあまり感じない。
冒頭の乱戦も、怒号が怒涛の飛沫をあげるというよりはコミカルな大騒ぎといった風合いで、効果音に重さ鋭さ硬さといった要素は薄い。この辺はあくまで子供向けゆえの音作りか。
サウンドデザインそのものはマルチチャンネルを十分に生かしており、飛行シーンではまさしく飛翔の醍醐味を感じられるのだが、やはり剛風の中を豪快に疾駆するようなイメージには少々乏しい。
むしろ音響的なハイライトは竜の咆哮である。作中のいかなる音よりも巨大で重く激しく、空間一杯に鳴り響く。
聴きどころ:
飛翔
咆哮



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第20回『攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL』

さて、アナログとデジタルの結節点に攻殻機動隊はBD化によってどんな姿を見せてくれるのでしょうか?

記事を読む

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年は当ブログにお越しいただきあり

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第22回『王立宇宙軍 オネアミスの翼』

アニメ製作集団“ガイナックス”の最高傑作はこの王立宇宙軍。異論は認める。 真面目に真剣オタク集

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第85回『NEXT』

画質:11 音質:12 映像はAVCでビットレートはストレス無く推移。 音声はリニアPCMの

記事を読む

画質を取るか、迫力を取るか

ホームシアターにおけるプロジェクターの行く末  以前は市場動向や将来性という点から「テレビかプ

記事を読む

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAurender。  Linux

記事を読む

【おしらせ】『季刊NetAudio vol.17』に記事を書きました

1月19日発売! 『ネットオーディオvol.17』はハイレゾ時代に必須の情報満載!  特集

記事を読む

【イベントレポート】春のヘッドホン祭り2015

 ネットワークオーディオは実際に使ってなんぼ。  コントロールアプリは実際に触ってなんぼ。  触

記事を読む

【BDレビュー】第318回『ガールズ&パンツァー 劇場版』

画質:10 音質:15☆ (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第223回『超時空要塞マクロス ~愛・おぼえていますか~』

画質:1 音質:9 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑