*

【BDレビュー】 第183回『ランボー 最後の戦場』 北米盤 エクステンデッド・カット

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:8 音質:15☆ Fuckin’ Awesome


映像はAVC、音声は【DTS-HDMAの7.1ch、24bit】

画質について。
国内ギャガ版と比べて大した差は無し。マスターの時点での頭打ちだろう。
が、北米版は国内版と比べて黒への引き込みが強く、かつ色も濃い目に乗っている印象。
ぱっと見の力強さは北米版、ノイズ処理を含めた丁寧さでは国内版といったところ。
見所:
血と肉の飛び散り

音質について。
国内版の音も尋常ではないレベルで素晴らしかったが、北米版はさらに次元が違った。
あらゆるダイアローグ、あらゆるBGM、あらゆる効果音が飽和寸前のダイナミズムをもって終始激震し続ける。質も量も厚みも国内版の比ではない。
最初っから別物のように鳴るが、国内版との差異はクライマックスの死闘で極限に達する。
違う銃を撃っているかのようだ!!
射撃に際する銃声の厚み、重み、鋭さ、もはや感覚的な弾数に到るまで別物である。そして銃声そのものに加え、キャリバー機関銃が吐き出す12.7ミリ弾が容赦なく肉体を裂く音のテンションもまるで違う。轟音と共に撃ち出される大口径の弾丸が肉と骨を抉り砕き、人体の破壊音を撒き散らす。銃声と破壊音の合間に絶えず響き続ける怒号と悲鳴、隙間をびっしりと埋めるBGM、めまぐるしいカット割りや演出、全てが渾然一体となって灼熱のテンションで死の舞踏が繰り広げられる。
音響効果の凝りよう、構築の高度さは間違いなくプライベート・ライアンと同じ地平に到達しているし、サラウンドチャンネルの徹底的な活用という点では、7.1chをディスクリートで収録している分こちらが勝ると言える。
兎にも角にも、ランボー最後の戦場の音響における最大の要素は「狂気を感じるレベルでのテンションの高さ」である。ライアンのような大作映画のそれではなく、シューテムアップやリベリオンのそれである。そんなテンションの高さにライアンと同じ次元の物量と技巧が加わってしまったのだからもはや怖いもの無し。
愕然とし、慄然とし、呆然とする。
聴覚を通じて魂を焼き焦がす体験。
私のようなサラウンドジャンキーは必聴必死。
ファッキンオーサム!!!!
聴き所:
銃が出てくるあらゆるシーン
ヘリッシュ・クライマックス



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第90回『眠れる森の美女』

50年越しの奇跡 画質:15 音質:10+(7.1ch収録のため)

記事を読む

LUMIN A1、導入1周年!

 近景  見栄えを重視して? なんとなくシンメトリーにしてみた。  L1のHDDの振

記事を読む

【音源管理の精髄】 『NAS』の正体――そもそも 『サーバー』とは何か 【ネットワークオーディオTips】

 さて、最大限の情熱を傾けてライブラリを構築した。  次はサーバーだ。  ところでサーバーっ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第92回『マトリックス』

先に結論。 HDDVDの焼き増しである。 ワーナー…… ちなみに、海外版輸入ながらPS

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第54回『ディープ・ブルー』

画質:1 音質:2 映像はMPEG-2でビットレートは不定。 音声はDTS。ロッシーの。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第61回『V フォー・ヴェンデッタ』

画質:8 音質:8 映像はVC-1でビットレートは限りなく低め。 音声はドルビーTRUE

記事を読む

4K/HDRディスプレイが無くともUHD BDの恩恵を受けられるか?

 現状で手持ちのUHD BD15本のレビューを終えたので、記事タイトルの問題と向き合ってみる。

記事を読む

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグランプリ2017」/再生保証!

記事を読む

RoonとLUMIN A1とAirPlayでRoon Readyの雰囲気を先取る

Roon Ready、Roon Server、Roon Core、Roon Remote

記事を読む

Stereo 2017年12月号で記事を執筆しました

Stereo 2017年12月号 - 音楽之友社 ・2017年No.1コンポ「年間最優

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

→もっと見る

PAGE TOP ↑