*

【BDレビュー】 第183回『ランボー 最後の戦場』 北米盤 エクステンデッド・カット

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:8 音質:15☆ Fuckin’ Awesome


映像はAVC、音声は【DTS-HDMAの7.1ch、24bit】

画質について。
国内ギャガ版と比べて大した差は無し。マスターの時点での頭打ちだろう。
が、北米版は国内版と比べて黒への引き込みが強く、かつ色も濃い目に乗っている印象。
ぱっと見の力強さは北米版、ノイズ処理を含めた丁寧さでは国内版といったところ。
見所:
血と肉の飛び散り

音質について。
国内版の音も尋常ではないレベルで素晴らしかったが、北米版はさらに次元が違った。
あらゆるダイアローグ、あらゆるBGM、あらゆる効果音が飽和寸前のダイナミズムをもって終始激震し続ける。質も量も厚みも国内版の比ではない。
最初っから別物のように鳴るが、国内版との差異はクライマックスの死闘で極限に達する。
違う銃を撃っているかのようだ!!
射撃に際する銃声の厚み、重み、鋭さ、もはや感覚的な弾数に到るまで別物である。そして銃声そのものに加え、キャリバー機関銃が吐き出す12.7ミリ弾が容赦なく肉体を裂く音のテンションもまるで違う。轟音と共に撃ち出される大口径の弾丸が肉と骨を抉り砕き、人体の破壊音を撒き散らす。銃声と破壊音の合間に絶えず響き続ける怒号と悲鳴、隙間をびっしりと埋めるBGM、めまぐるしいカット割りや演出、全てが渾然一体となって灼熱のテンションで死の舞踏が繰り広げられる。
音響効果の凝りよう、構築の高度さは間違いなくプライベート・ライアンと同じ地平に到達しているし、サラウンドチャンネルの徹底的な活用という点では、7.1chをディスクリートで収録している分こちらが勝ると言える。
兎にも角にも、ランボー最後の戦場の音響における最大の要素は「狂気を感じるレベルでのテンションの高さ」である。ライアンのような大作映画のそれではなく、シューテムアップやリベリオンのそれである。そんなテンションの高さにライアンと同じ次元の物量と技巧が加わってしまったのだからもはや怖いもの無し。
愕然とし、慄然とし、呆然とする。
聴覚を通じて魂を焼き焦がす体験。
私のようなサラウンドジャンキーは必聴必死。
ファッキンオーサム!!!!
聴き所:
銃が出てくるあらゆるシーン
ヘリッシュ・クライマックス



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第335回『ピクセル』 【Dolby Atmos】

画質:12 音質:15 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:Do

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Wi-Fiの速度がコントロールアプリの挙動に与える影響

 前々から疑問だった。  アプリの挙動に影響するものはライブラリの中身やデバイスの性能だけではない

記事を読む

【BDレビュー】第330回『ブレイド / ブレイド2 / ブレイド3』

 なんだかんだ言って楽しく見ていたシリーズ。 画質:8 音質:9 (評価の詳細につ

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第1位『アバター』&『プライベート・ライアン』 ― 高画質・高音質という福音

【BDレビュー】第160回『アバター』 【BDレビュー】第158回『プライベート・ライアン

記事を読む

「ハイレゾであること」と「音が良いこと」は別物である

日本オーディオ協会、独自の「ハイレゾ・オーディオテスト信号」開発検討 - Phile-web

記事を読む

LUMIN T1 & D1 ハード編

○参考 【レビュー】LUMIN A1 LUMIN T1(公式HP) LUMIN D

記事を読む

【音源管理の精髄】フォーマットによるディスクナンバーの扱い サーバーソフト編

 「複数のディスクから成るアルバム」について、「物理ディスク一枚につきフォルダ分け&アルバムタイトル

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第181回『サウンド・オブ・ミュージック』

今回から見所と聴き所を別途書いてみようと試みる 画質:8 音質:8 映像はAVC

記事を読む

【音源管理の精髄】 世界一美しいライブラリを目指して 【ネットワークオーディオTips】

 大きく出てみた。  私にとっての『世界一美しいライブラリ』とは、 ①自らが決めたル

記事を読む

【アプリ紹介】PlugPlayer iPad版

※この記事のデータ等は基本的に2012年3月16日時点のものです ●イントロダクション

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑