*

【BDレビュー】 第127回『BLOOD THE LAST VAMPIRE』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

フルデジタル製作黎明期の傑作。
デジタルという言葉から連想される機械的無機質さは全く無く、むしろ非常に肉質的な感覚に溢れており、デジタルという製作手法の可能性を大いに示した快作である。


画質:8 音質:11


映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit。

画質について。
今回のBD化ではデジタルマスターとテレシネの両方を収録しており、先日のヱヴァ序の件とも絡めて書き出したい。
まず言っておくことは、BLOODにおけるテレシネ版に“積極的な”意味を見出すのは不可能ということだ。消極的な意味なら見出せるが。色彩は大幅に減退し、光は力を失い、切れるような解像感も影を潜める。
こんなことを書くと、「それでもテレシネにはフィルムの良さが~」なんて言葉が聞こえてきそうだが、残念ながらBLOODの場合、テレシネ版であってもそんな“味”など無い。精々マッハバンドが画がボケた副作用として出にくくなっている、という程度である。
ここで問題にされている“アニメにおけるフィルムの味”とは、そもそも製作工程においてセルと光学的撮影を経るからこそ生じるものであって、BLOODのようにフルデジタル製作作品でははなから生じ得ないよう物のように思う。実際に、BLOODのテレシネ版の画は『攻殻機動隊』といった作品が共通して持つ画とは全く異質であり、デジタルの良さが消えた挙句にフィルムの味も無い、非常に中途半端なものになってしまっている。
というわけで、BLOODにしろヱヴァ序にしろ、フルデジタル製作アニメのフィルムテレシネはなんら“味”とやらを生むことは無く、ただ単に劣化するだけというのが私の見解だ。フルデジタル製作のアニメでフィルムの味とやらを出したければ、例えばイノセンスのようにマスターの時点で画に散々フィルターやらエフェクトやらをかけるしかないだろう。もちろん、フィルムの完璧な再現というのも困難を極めるだろうが。また、「テレシネにしないとCGとのなじみが~」という声もあるが、これはクリエイターが映像製作の段階で考えるべき問題であり、テレシネの効用、もとい弊害に期待すべきではない。デジタルマスターではCGが浮きまくったのでテレシネで全体のレベルを下げて解決しました、こんな発想はむなしすぎる。
ヱヴァのようにまた脱線してしまった。
では、BLOODのデジタルマスターの画質は完璧かと言われれば、決してそうではない。マッハバンドは割りと頻繁に出るし、背景の美術やらが画質的にはそれほどでもない。これはむしろ、フルデジタル製作黎明期ゆえの機材の問題のようにも感じる。この辺の粗はテレシネ版だとそれなりに隠れるといえば隠れるのだが、代わりに失うものが多すぎる。
なんにせよ、画質的には究極とはとてもいえないが、フルデジタルゆえの解像感や鮮明さに満ち、暗部にも膨大な情報量が息づいている。この偉大な作品を味わうには十分な高画質であると結論できる。そして、この時代においてマスターをHDで作ったクリエイター達に最大級の賛辞を!

音質について。
「肉」の音である。
基本的に肉。
肉が切られる音、肉が空を切る音、肉が膨らむ音、肉が唸る音、とにかく肉。
文字通り肉質的で実に生々しい音をベースに、刀、十、音楽その他が生き生きと歌い踊る。“映像を盛り上げる音”という点では最高峰。最高のシーンは言わずもがな、焦らしに焦らした上でのあの一刀両断だろう。
「SWOOOOOOOOORD!!!」
 ↓
投げられた刀をキャッチ!
 ↓
振り向きざまに抜刀!!(全チャンネルから目一杯の風切り音!)
 ↓
紫電一閃!!!
もう最高。演出、展開、作画、すべてにおいて血湧き肉踊る珠玉の名シーンである。
同じ一刀両断つながりで獣兵衛忍風帖とかバンパイアハンターDとかも早いとこBD化しないかしら。あと妖獣都市。HENTAI。
ちなみに、DTS-HDMAのロゴ映像が初めて?本編前に入ってた。ドルビーTRUEHDでおなじみのあんな感じの。今更露出増やそうってったって遅いんだよ!



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第321回『カリフォルニア・ダウン』

画質:8 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS

記事を読む

【音源管理の精髄】 WAVか、FLACか 【ネットワークオーディオTips】

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】 よくある質問と検索ワードへの回答

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第124回『トランスフォーマー』

マイケル・ベイ大勝利! 画質:14 音質:10 映像はAVCでビットレートは25

記事を読む

ふと気付けば、いい時代になっていた

 何がって、ネットワークオーディオを取り巻く状況が。  一年半前、「ただ座して待っているつ

記事を読む

Pioneer SC-LX59でDolby Atmosを聴く

 まずはSC-LX85と比べたSC-LX59の音を把握すべく、トップスピーカーから音が出ていないこと

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第172回『トレマーズ』

“いきもの”、エイリアン、プレデターに並ぶ偉大なモンスター、グラボイズ!!!!!!!!!!

記事を読む

QNAPでJRiver Media Centerが使えるようになった

Media Center version 21.0.7 has been released onQN

記事を読む

【レビュー】アイ・オー・データ RockDisk for Audio ― はじまりという価値

 これからネットワークオーディオの門戸を叩こうとしている人が、  「ネットワークオーディオプレ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第5回『スターシップ・トゥルーパーズ』

Kill ! Kill Them ! Kill Them All !!! という怒号が飛び交う

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第105回『プレデター2』

個人的にはターミネーター2と並び立つ超傑作SFだと思っている。 ちなみにプレデター2も主演はシ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

→もっと見る

PAGE TOP ↑