*

【BDレビュー】 第29回『劇場版 カウボーイ・ビバップ 天国の扉』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:8 音質:10


映像はAVCでビットレートは30台で安定。
音声はドルビーTRUEHDでビットレートは2.5Mbps前後。

画質について。
まず、でかでかと黒枠があります。ですが、100歩譲って無視します。ちなみに人狼も同様に黒枠があります。バンダイビジュアル\(^o^)/
オーバースキャンして画面いっぱいに表示させて、やっと視聴開始です。
正真正銘、ビバップの画です。2001年製作で、同年製作のバンパイアハンターDとともに“本当に最後のアナログ作品”である今作は、アナログ製作によるアニメーションの画質の極限を見せてくれます。(イノセンス・スチームボーイからはフルデジタルに移行します)そりゃあ確かに傷とか汚れの類は散見します。でも、別にあったっていいじゃないですか。ことビバップに関して言えば、監督がひたすらこだわっている“映画的”であるということが、このフィルム由来の傷・汚れによって一層色濃くなっています。また、場面によっては一気に先鋭感が無くなって“ぼやけている”なんて言われるかもしれませんが、それは主にロングショットの場面で空気感を出すためにフィルターをかけているだけであって、上記のような批判は的外れです。
基本的に画作りはDVDからの正統進化といった感じです。絵の情報量という点では極端な密度があるわけでもなく、イノセンスやスチームボーイといった作品ほどDVDとの違いがあるわけでもありませんが、それでもDVDではついぞ見ることのできなかった情報、色、空気感がまざまざとその姿を現します。80年代のアニメ作品を意識したと思われる、一画面内における“橙と水色”が随所に使われ、2001年という新しい作品でありながらなんともいえないやわらかい雰囲気を作品全体から醸し出しています。この“やわらかな”雰囲気と、フィルム由来の傷や汚れといった要素があいまって、天国の扉は唯一無二の画作りというものを実現しています。
フィルターがかかっていない場面では最高の解像度があります。フィルターがかかった場面では空気感がきちんと出ます。圧縮由来のノイズは皆無です。絶対的な画質ではフルデジタル作品に及ぶべくもありませんが、これが劇場版ビバップの真の姿です。作品としての画作りとソフトとしての画作りにおける新旧の要素が絶妙に組み合った、唯一無二の普遍的な作品です。

音質について。
ビバップは音が命!
素直に素晴らしいッ!
DVDでは埋もれていた細かい音の一つ一つが面白いように浮かび上がります。
BGMは圧倒的に臨場感を増し、効果音も圧倒的に生々しくなり、台詞も実によく響きます。
音響効果も相変わらず素晴らしいですね。DVDの時点から素晴らしいですけど、圧縮音源ゆえの限界、絶対的な音の薄さがありました。しかしBD化にあたってロスレス音源になり、それらの限界も一気に払拭されました。
音質は文句無く私の持つアニメBDの中で最高クラスです。
菅野よう子は最高です。






おまけ

“最初に出るソフトは不安だから買わない”
“どうせその内また出るから買わない”
こんな意見ばっかりですね。

わたしゃ買いますよ。また出て、新しい方が質がいいなら、また買いますよ。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

ネットワークオーディオのユーザビリティの行き着く先

 ネットワークオーディオでは、「サーバー」・「プレーヤー」・「コントロール」の三要素が独立している。

記事を読む

【BDレビュー】 第234回『パシフィック・リム』 北米盤

居ても立っても居られず 画質:15 音質:15 映像はAVC、音声はDTS-HD

記事を読む

ライオンズゲートからUHD BDがリリース

Lionsgate Announces First 4K Blu-ray Releases  

記事を読む

【インプレッション】SOtM sMS-200 運用・音質編 【RoonReady】

【インプレッション】SOtM sMS-200 外観・仕様編 sMS-200でSpotifyを使

記事を読む

『ハイレゾ』は本当に音が良いのか

 いちオーディオファンとしてのハイレゾ考。  笑って見てもらえると嬉しい。  ちなみにこの記事に

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第151回『トランスフォーマー リベンジ』

画質:15 音質:13 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質につい

記事を読む

【CES2016】Dynaudioよ何処へ行く

<CES>ディナウディオ、コンパクトな新ワイヤレススピーカー「Xeo 2」 - Bluetoothに

記事を読む

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

画質:10 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫定評価) 音質:10 (評価の詳細につ

記事を読む

【システム】 Pioneer SC-LX85

 Marantz PS4500 → Sony TA-DA3200ES → Marantz SR600

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第190回『KICK-ASS』 北米盤

やる気無さすぎの日本版はスルー余裕でした 画質:8 音質:13 映像はAVC、音

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑