*

【BDレビュー】 第29回『劇場版 カウボーイ・ビバップ 天国の扉』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:8 音質:10


映像はAVCでビットレートは30台で安定。
音声はドルビーTRUEHDでビットレートは2.5Mbps前後。

画質について。
まず、でかでかと黒枠があります。ですが、100歩譲って無視します。ちなみに人狼も同様に黒枠があります。バンダイビジュアル\(^o^)/
オーバースキャンして画面いっぱいに表示させて、やっと視聴開始です。
正真正銘、ビバップの画です。2001年製作で、同年製作のバンパイアハンターDとともに“本当に最後のアナログ作品”である今作は、アナログ製作によるアニメーションの画質の極限を見せてくれます。(イノセンス・スチームボーイからはフルデジタルに移行します)そりゃあ確かに傷とか汚れの類は散見します。でも、別にあったっていいじゃないですか。ことビバップに関して言えば、監督がひたすらこだわっている“映画的”であるということが、このフィルム由来の傷・汚れによって一層色濃くなっています。また、場面によっては一気に先鋭感が無くなって“ぼやけている”なんて言われるかもしれませんが、それは主にロングショットの場面で空気感を出すためにフィルターをかけているだけであって、上記のような批判は的外れです。
基本的に画作りはDVDからの正統進化といった感じです。絵の情報量という点では極端な密度があるわけでもなく、イノセンスやスチームボーイといった作品ほどDVDとの違いがあるわけでもありませんが、それでもDVDではついぞ見ることのできなかった情報、色、空気感がまざまざとその姿を現します。80年代のアニメ作品を意識したと思われる、一画面内における“橙と水色”が随所に使われ、2001年という新しい作品でありながらなんともいえないやわらかい雰囲気を作品全体から醸し出しています。この“やわらかな”雰囲気と、フィルム由来の傷や汚れといった要素があいまって、天国の扉は唯一無二の画作りというものを実現しています。
フィルターがかかっていない場面では最高の解像度があります。フィルターがかかった場面では空気感がきちんと出ます。圧縮由来のノイズは皆無です。絶対的な画質ではフルデジタル作品に及ぶべくもありませんが、これが劇場版ビバップの真の姿です。作品としての画作りとソフトとしての画作りにおける新旧の要素が絶妙に組み合った、唯一無二の普遍的な作品です。

音質について。
ビバップは音が命!
素直に素晴らしいッ!
DVDでは埋もれていた細かい音の一つ一つが面白いように浮かび上がります。
BGMは圧倒的に臨場感を増し、効果音も圧倒的に生々しくなり、台詞も実によく響きます。
音響効果も相変わらず素晴らしいですね。DVDの時点から素晴らしいですけど、圧縮音源ゆえの限界、絶対的な音の薄さがありました。しかしBD化にあたってロスレス音源になり、それらの限界も一気に払拭されました。
音質は文句無く私の持つアニメBDの中で最高クラスです。
菅野よう子は最高です。






おまけ

“最初に出るソフトは不安だから買わない”
“どうせその内また出るから買わない”
こんな意見ばっかりですね。

わたしゃ買いますよ。また出て、新しい方が質がいいなら、また買いますよ。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『media:connect』(iPad版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】カラヤン / ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 / ベートーヴェン交響曲全集

・アーティスト / アルバムタイトル Herbert von Karajan / Be

記事を読む

【UHD BDレビュー】第15回『レヴェナント: 蘇えりし者』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/30初出の記事を更新・追記】

記事を読む

【BDレビュー】第344回『ももへの手紙』

画質:10 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音

記事を読む

ネットワークオーディオとOpenHomeとRoon Ready

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  「プレーヤー」に関して言えば、今日にお

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第201回『借りぐらしのアリエッティ』

画質:15 音質:10 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質につい

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 <HIGH END

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第134回『X-MEN』

画質:9 音質:9 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit。この仕様は今回のBO

記事を読む

【RoonReady】Brinkmann Nyquist DAC 【Munich HIGH END 2016】

Brinkmann Nyquist DAC  PCM 384kHz/32bit、DSD12

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】ネットワークオーディオの実践に必ずしも単体プレーヤーは必要ではない

 この記事で言う「単体プレーヤー」とは、「オーディオ機器として売られているネットワークオーディオプレ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

月刊HiVi 2017年11月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 11月号 10/17発売 「ロマンポルノ」を

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

→もっと見る

PAGE TOP ↑