*

【BDレビュー】 第29回『劇場版 カウボーイ・ビバップ 天国の扉』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:8 音質:10


映像はAVCでビットレートは30台で安定。
音声はドルビーTRUEHDでビットレートは2.5Mbps前後。

画質について。
まず、でかでかと黒枠があります。ですが、100歩譲って無視します。ちなみに人狼も同様に黒枠があります。バンダイビジュアル\(^o^)/
オーバースキャンして画面いっぱいに表示させて、やっと視聴開始です。
正真正銘、ビバップの画です。2001年製作で、同年製作のバンパイアハンターDとともに“本当に最後のアナログ作品”である今作は、アナログ製作によるアニメーションの画質の極限を見せてくれます。(イノセンス・スチームボーイからはフルデジタルに移行します)そりゃあ確かに傷とか汚れの類は散見します。でも、別にあったっていいじゃないですか。ことビバップに関して言えば、監督がひたすらこだわっている“映画的”であるということが、このフィルム由来の傷・汚れによって一層色濃くなっています。また、場面によっては一気に先鋭感が無くなって“ぼやけている”なんて言われるかもしれませんが、それは主にロングショットの場面で空気感を出すためにフィルターをかけているだけであって、上記のような批判は的外れです。
基本的に画作りはDVDからの正統進化といった感じです。絵の情報量という点では極端な密度があるわけでもなく、イノセンスやスチームボーイといった作品ほどDVDとの違いがあるわけでもありませんが、それでもDVDではついぞ見ることのできなかった情報、色、空気感がまざまざとその姿を現します。80年代のアニメ作品を意識したと思われる、一画面内における“橙と水色”が随所に使われ、2001年という新しい作品でありながらなんともいえないやわらかい雰囲気を作品全体から醸し出しています。この“やわらかな”雰囲気と、フィルム由来の傷や汚れといった要素があいまって、天国の扉は唯一無二の画作りというものを実現しています。
フィルターがかかっていない場面では最高の解像度があります。フィルターがかかった場面では空気感がきちんと出ます。圧縮由来のノイズは皆無です。絶対的な画質ではフルデジタル作品に及ぶべくもありませんが、これが劇場版ビバップの真の姿です。作品としての画作りとソフトとしての画作りにおける新旧の要素が絶妙に組み合った、唯一無二の普遍的な作品です。

音質について。
ビバップは音が命!
素直に素晴らしいッ!
DVDでは埋もれていた細かい音の一つ一つが面白いように浮かび上がります。
BGMは圧倒的に臨場感を増し、効果音も圧倒的に生々しくなり、台詞も実によく響きます。
音響効果も相変わらず素晴らしいですね。DVDの時点から素晴らしいですけど、圧縮音源ゆえの限界、絶対的な音の薄さがありました。しかしBD化にあたってロスレス音源になり、それらの限界も一気に払拭されました。
音質は文句無く私の持つアニメBDの中で最高クラスです。
菅野よう子は最高です。






おまけ

“最初に出るソフトは不安だから買わない”
“どうせその内また出るから買わない”
こんな意見ばっかりですね。

わたしゃ買いますよ。また出て、新しい方が質がいいなら、また買いますよ。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第214回『男たちの挽歌』

画質:5 音質:14 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの16bit、7.1ch

記事を読む

SFORZATO will be Roon Ready!

スフォルツァート ■ 5/5 - 5/8 ドイツ ミュンヘンで行われるHIGH END 201

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第192回『パーフェクトブルー』

オタクの描写が的確かつ重すぎる 「これがお前らだ!!」と…… 監督…… 画質:6 音質

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】結局サーバーソフトは何がいいんだ?

 という疑問に対する極めて個人的な回答。  単体プレーヤーでシステムを組む場合の参考にしてほしい。

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNDERGROUND

・アーティスト / アルバムタイトル fox capture plan / UNDER

記事を読む

【RoonReady】Brinkmann Nyquist DAC 【Munich HIGH END 2016】

Brinkmann Nyquist DAC  PCM 384kHz/32bit、DSD12

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第142回『七人の侍』 東宝盤

画質:5 音質:無評価 映像はAVC、音声はモノラルで見たのでそれ以外は不明。5.1chド

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・サウンドマック

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  9月5日・

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第18回『アンダーワールド2 エボリューション』

御馬鹿で下品で愉快な映画。 エログロの見本のような血作。 美人のねーちゃんがぴちぴちの服を着て実

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Larry Coryell, Badi Assad NNN John Abercrombie / 3 Guitars

・アーティスト / アルバムタイトル Larry Coryell, Badi Assad NNN

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

DLNA解散

DLNA解散。13年で40億台の音・映像のホームネットワーク相互接続を

→もっと見る

PAGE TOP ↑