*

【BDレビュー】 第125回『ヘルボーイ ゴールデン・アーミー』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:13 音質:15


映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit・7.1ch。
(※DMP-BD80で表示する映像ビットレートがPS3のそれとはあまりにも異なるので、今後は基本的にコーデックのみ記載)

画質について。
神話の領域の“色”はいわゆるアースカラー。異形の温度感と光に満ちる。
人間の領域の“色”は青、銀、そして闇。鋭利さと冷たさに満ちる。
そこに、そのどちらにも属さないヘルボーイの朱が映える。
前作同様、なかなかお目にかかれない妖美な色彩が画面いっぱいにあふれ出す。解像感、情報量といった画質の基礎体力的なものも非常にハイレベル。闇の中に神話の住人がたたずむ姿など、色彩の妙も相まって、すさまじいまでの「そこにいる!」感がある。実写映画として、登場人物(人物?)の現実感、立体感――生々しさは過去最高。特に半漁人のなんと生々しいこと!
他にも、ゴールデンアーミーのオートボットにも勝るとも劣らない精緻なディティールの表出など、画質的にも映像的にも見所は盛りだくさん。
ほぼ唯一の問題点は、ヘルボーイの真っ赤なお顔にごくまれにノイズが乗ること。主に冒頭の少年時代。にしてもヘルボーイ少年きめえw
マイヤース(´・ω・`)

音質について。
クリエイターの魂が世界に命を吹き込んでいるのだ、とうことを実感させる苛烈にして美しいサウンド。よくぞまあ7.1chで音響を作った、その心意気の時点で凄まじいものがあるのだ。
エルフが、トロルが、オーガが、ゴブリンが、妖精が、精霊が、神話の領域から咆哮を響かせる。剣戟、銃撃、爆炎、鬼たちの肉弾戦、精霊の腕が大地を割り、鋼鉄兵団は怒涛の進撃で空間を埋め尽くす。非常に多種多様な効果音、音響が散りばめられ、そのどれもが一切の手抜かり無く構築され、さらに唯一無二の芸術性と呼ぶべきものも獲得するに至っている。
特にゴールデンアーミー。前回『トランスフォーマー』でもう少しメカの音に迫力とメリハリが欲しいと書いたが、こちらはまさにその理想を体現する。奇しくも不滅の鋼鉄兵団、人型メカという点でオートボットと似ているが、映像的にもまったく引けを取らないばかりか、音響についてはこちらの方が完全に勝っている。
音響効果としての音楽の使い方も実に巧み。7.1chの分厚い包囲感、音の情報量の膨大さ、効果音ひとつひとつの鋭さと存在感、付与された芸術性、すべてにおいて素晴らしい。官能領域においても満点である!



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの基本要素

 遅れに遅れているコントロールアプリの検証2014だが、個別の検証に入る前にちょっと整理しておきたい

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第1回『父親たちの星条旗』・『硫黄島からの手紙』

やる気のある内に早々と第一回。 記念すべき?第一回は父親たちの星条旗と硫黄島からの手紙、いわゆ

記事を読む

【BDレビュー】第288回『アメリカン・スナイパー』 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:12 映像:AVC 音声:Dolby Atmos ○

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証 2014 『ChorusDS HD』

 ChorusDS HDを抜きにしてコントロールアプリを語ることはできない。それどころか、このアプリ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第180回『96時間』

画質:8 音質:13 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質につ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第26回『インデペンデンス・デイ』

画質:9 音質:11→12 映像はAVCでビットレートは30前後でうろうろ。 音声はDT

記事を読む

【音源管理の精髄】 コントロールアプリ(iPad版)の紹介・2014年版 【ネットワークオーディオTips】

 前の紹介記事から既に2年近く経ったので、改めて紹介しようと思う。  脱落もあれば新顔もある。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第13回『スパイダーマン2』

怪奇蜘蛛男    VS. 豪力蛸博士 二作目です。MJが金髪になってます。さて、どんな

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】HDtracks 2014 Sampler

・アーティスト / アルバムタイトル 各曲それぞれ / HDtracks 2014 S

記事を読む

TIDALがもたらすもの

 TIDAL。  ドイツの高級スピーカーメーカーのことではなく、音楽配信サービスのTIDALである

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑