*

【BDレビュー】 第125回『ヘルボーイ ゴールデン・アーミー』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:13 音質:15


映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit・7.1ch。
(※DMP-BD80で表示する映像ビットレートがPS3のそれとはあまりにも異なるので、今後は基本的にコーデックのみ記載)

画質について。
神話の領域の“色”はいわゆるアースカラー。異形の温度感と光に満ちる。
人間の領域の“色”は青、銀、そして闇。鋭利さと冷たさに満ちる。
そこに、そのどちらにも属さないヘルボーイの朱が映える。
前作同様、なかなかお目にかかれない妖美な色彩が画面いっぱいにあふれ出す。解像感、情報量といった画質の基礎体力的なものも非常にハイレベル。闇の中に神話の住人がたたずむ姿など、色彩の妙も相まって、すさまじいまでの「そこにいる!」感がある。実写映画として、登場人物(人物?)の現実感、立体感――生々しさは過去最高。特に半漁人のなんと生々しいこと!
他にも、ゴールデンアーミーのオートボットにも勝るとも劣らない精緻なディティールの表出など、画質的にも映像的にも見所は盛りだくさん。
ほぼ唯一の問題点は、ヘルボーイの真っ赤なお顔にごくまれにノイズが乗ること。主に冒頭の少年時代。にしてもヘルボーイ少年きめえw
マイヤース(´・ω・`)

音質について。
クリエイターの魂が世界に命を吹き込んでいるのだ、とうことを実感させる苛烈にして美しいサウンド。よくぞまあ7.1chで音響を作った、その心意気の時点で凄まじいものがあるのだ。
エルフが、トロルが、オーガが、ゴブリンが、妖精が、精霊が、神話の領域から咆哮を響かせる。剣戟、銃撃、爆炎、鬼たちの肉弾戦、精霊の腕が大地を割り、鋼鉄兵団は怒涛の進撃で空間を埋め尽くす。非常に多種多様な効果音、音響が散りばめられ、そのどれもが一切の手抜かり無く構築され、さらに唯一無二の芸術性と呼ぶべきものも獲得するに至っている。
特にゴールデンアーミー。前回『トランスフォーマー』でもう少しメカの音に迫力とメリハリが欲しいと書いたが、こちらはまさにその理想を体現する。奇しくも不滅の鋼鉄兵団、人型メカという点でオートボットと似ているが、映像的にもまったく引けを取らないばかりか、音響についてはこちらの方が完全に勝っている。
音響効果としての音楽の使い方も実に巧み。7.1chの分厚い包囲感、音の情報量の膨大さ、効果音ひとつひとつの鋭さと存在感、付与された芸術性、すべてにおいて素晴らしい。官能領域においても満点である!



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第118回『ヘルボーイ』

画質:11 音質:11 映像はAVCでSPEらしい手堅いエンコード。 音声はリニアPCM

記事を読む

ネットワークオーディオの「プラットフォーム」

ネットワークオーディオプレーヤーにおける世代間断絶と、本当に求められるもの  上の記事で、

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第85回『NEXT』

画質:11 音質:12 映像はAVCでビットレートはストレス無く推移。 音声はリニアPCMの

記事を読む

【システム】 Dynaudio Focus200C

 映画のサラウンド再生において、センタースピーカーは必要か不要かという議論がある。  非常に難しい

記事を読む

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:HEVC 2

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第101回『ルパン三世 カリオストロの城』

画質:6 音質:8 映像はAVCでビットレートは常時30台後半を維持。 音声はリニアPC

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Yes / Close To The Edge

・アーティスト / アルバムタイトル Yes / Close To The Edge ・購入

記事を読む

【システム】 LINN MAJIK DS-I

 2010年の春だったか。  快適な音楽再生を求め、ネットワークオーディオなるものに手を出そうと考

記事を読む

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Conductorは良く出来たアプ

記事を読む

【レビュー】LUMIN A1

 素材が出揃ったので、まとめ。  ちなみに本国HP、あるいは国内のHPやメディアでは「LUMI

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

月刊HiVi 2017年11月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 11月号 10/17発売 「ロマンポルノ」を

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

→もっと見る

PAGE TOP ↑