*

【BDレビュー】 第225回『ヒトラー ~最期の12日間~』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:8 音質:12


映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bit

画質について。
フィルム撮り作品。
粒状感が相当荒々しく利いた戦場絵画。『プライベート・ライアン』というよりは『バンド・オブ・ブラザーズ』に近い。
全編通じて明度の低い映像が続き、灰色が基調の画面にグレインが容赦なく満ちる。ただし闇においては不要にノイジーになることもなく浮くことも無く、あくまで厳密に調律された上での画作りであることが分かる。また、フィルムにしては最暗部諧調までかなりの粘りを見せる。明部方向へは殆ど伸びていないので、暗部諧調への粘りを集中的に測るには好適だろう。
解像感、情報量といった要素は最近のデジタル撮影の作品とは比べると心もとないのは事実だが、このフィルムの画はハイビジョンでなければ成立しない類のもの。
根本的な部分で『善き人のためのソナタ』と共通する画作りを見たのは同じドイツ映画だからか、それとも単に私の思い込みゆえか。
見どころ:
蹂躙されるベルリン市街
狼の巣

音質について。
そもそも数えるほどしか作品を知らないのだが、『善き人の為のソナタ』といい、『Uボート』といい、ドイツ映画に音質的なハズレ無しなのだろうか。いつだったか何かで見た気がする、「日本のスピーカーが世界的に受けないのはドイツ語みたいな複雑な発音を上手に再生できないから」などという話を思い出す。
要は、ドイツ語の発音をきちんと収録&再生できるだけで、超優秀録音盤になる、ということ。
発声だけでなく口腔内で生じる音も克明に聴かせる素晴らしいダイアローグ。極限状態における心情の発露を鬼気迫る迫力で再生する。文字通り、最後の微かな一息まで……
加えて、戦争映画であるゆえの爆音、銃声の類に到っても一切手抜き無し。作品の性格上明確な“戦闘”の描写は少なく、どこからか飛来する砲弾や爆撃が着弾するといった描写が殆どながら、爆発の威力、破片が四方八方に飛散しあたり一面を引き裂く様を存分に聴かせる。
聴きどころ:
総統閣下
子供たち……



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【Dolby Atmos/DTS:X】スピーカーの配置

 Dolby Atmos。  残念ながら映画館で聴いたことがないし、対応AVアンプで聴いたこともな

記事を読む

【ネットワークオーディオ】foobar2000 UPnP ServerでDSDを配信したかった

 今のところ、私が限られた時間と機材と投資額の中で実際に確認した、「DSDを配信可能なサーバーソフト

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 NASをサーバーとして使う/Twonky

 TwonkyはPCでも動く。コレ重要。  さて、Twonkyが入っているNASとして間違いな

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Yes / The Yes Album

・アーティスト / アルバムタイトル Yes / The Yes Album ・購入元 H

記事を読む

【ネットワークオーディオ】 iPad Airで超高解像度ライブラリに立ち向かう

と、いうわけでiPad Airが発売されたので、例によって速度検証を行ってみた。 1536×153

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Respighi: Belkis, Regina di Saba, Ballata delle gnomidi & Pini di Roma

・アーティスト / アルバムタイトル Respighi: Belkis, Regina di Sa

記事を読む

【BDレビュー】 第228回『パンズ・ラビリンス』

前々から見たかった作品、ようやく国内でBDが出たので初視聴。 「ファンタジー」という言葉の意味を、

記事を読む

Roon 1.2の色々とRoon Bridge

 Roonが1.2になって色んな部分が変わり、色んな機能が追加されたが、普通に使うだけなら大して気に

記事を読む

LUMIN L1 ハード編

 デザイン、“モノ”としてのクオリティはオーディオ機器の重要な要素である。  NAS/サーバーも“

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第181回『サウンド・オブ・ミュージック』

今回から見所と聴き所を別途書いてみようと試みる 画質:8 音質:8 映像はAVC

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoonReadyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoonReadyならず

RoonReady、ネットワークオーディオ第五の矢  LUM

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Se

→もっと見る

PAGE TOP ↑