*

【BDレビュー】第306回『バケモノの子』

公開日: : 最終更新日:2017/07/05 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:13
音質:8
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:AVC
音声:リニアPCM 5.1ch 24bit


○画質
 前作『おおかみこどもの雨と雪』に比べればだいぶディテール路線の画風になっている。
 背景から何から描き込みは増え、画面効果もだいぶリッチになった。そのぶん、バンディングの発生を制御できなくなったようで、前作や『時をかける少女』のような完璧さはない。
 それでもデジタル制作のアニメとして極めて高品質であることに変わりはない。空気を介在させずに映像を覗き込むようなダイレクト感を存分に味わえる。

○見どころ
 闘技場的な建物を見下ろすシーン
 くじら


○音質
 アクション……アクション!? が結構な割合を占める本作は、音でもきちんと躍動感を表現すべく、マルチチャンネルをしっかりと活用している。アクションシーン以外でも、渋谷の雑踏などはかなり現実に即した臨場感を実現できている。
 が、残念ながら致命的に音の威力が足りない。余りにもおとなしすぎる。もっとこう、本気で聴く者を殺しにかかってくるような容赦ない音をこさえても罰は当たらんと思うが。
 あとはダイアローグが時折妙に遠くから聞こえてきたり、あまりバランスがよろしくない。とはいえ、アニメらしからぬ自然な声の質感はなかなか得難く、心地良い。

○聴きどころ
 稽古しながら時が流れる


○総評
 相変わらずクオリティは盤石。画も音も豪華なアニメ映画である。
 話的には着地点がおぼつかず、ただただ説教臭さだけが残ったような気がしないでもない。純粋に映像作品として楽しめるのは間違いないが。
 あと、監督のせいh……嗜好をもはや隠しすらしなくなったのにはちょっと笑った。老けた途端に色々と盛り下がったのはそのせいか。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.0ch)
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第89回『シューテム・アップ』

画質:14 音質:12+(7.1ch収録のため) 映像はVC-1でビットレートはストレスな

記事を読む

激突!OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシステムに比べて音質的にどうなんだ

記事を読む

【レビュー】EPSON EH-LS10000でリファレンスBD+αを見る

EPSON EH-LS10000を見てきた EPSON EH-LS10000がやってきた EPS

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第50回『雲の向こう、約束の場所』&『秒速5センチメートル』

記念すべき第50回にふさわしいこのタイトルをずっと待っていました。 新海作品が次世代ディス

記事を読む

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編 fidataのCDトランス

記事を読む

【OpenHome】TEAC NR-7CD その2

その1 ティアック、フルサイズの “Reference 7” 。第1弾はネットワークCDレシー

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第54回『ディープ・ブルー』

画質:1 音質:2 映像はMPEG-2でビットレートは不定。 音声はDTS。ロッシーの。

記事を読む

4年以上前のノートPCでRoonは快適に使えるか?

4年以上前のノートPCでRoon Remoteは快適に使えるか?  前回の続き。  Roon

記事を読む

ECLIPSE TD316SWMK2 いろんなタイトルとの組み合わせ⑤

0.1の壁 導入編 リファレンスBD10タイトルとの組み合わせ いろんなタイトルとの組み合わせ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第12回『スパイダーマン』

怪奇蜘蛛男    VS. 恐怖翠悪鬼 ホントは17日発売のはずが16日に届いたのでフラ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突!OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

→もっと見る

PAGE TOP ↑