*

【BDレビュー】第339回『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』 【Dolby Atmos】

画質:11
音質:11
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:AVC
音声:Dolby Atmos トップスピーカーの活用:大 オブジェクト効果:中


○画質
 wikiによれば、「全編4K撮影およびポスプロ・フィニッシング」とのことで、実際の画もそのスペックに恥じない凄まじい切れ味を見せる。彩度を欲張らない色調に強烈なコントラストが合わさった非常に硬質な画である一方、高輝度方向にも低輝度方向にもダイナミックレンジは広く、白潰れ・黒潰れを起こしそうなぎりぎりの諧調の中にもしっかりとディテールや色味が残っている。私は邦画をあまり見ることがないので「邦画にしては」なんてことは言えないにしても、昨今の超高画質タイトル群と比べ得る立派な仕上がりであることは間違いない。
 が、良いシーンは実に素晴らしい画を見せるものの、総じて暗いシーンになると解像感が一気に減退し、さらにノイズまで現れる場合があるなど、完璧とは言い難い。色調といい、広大なコントラスト&ダイナミックレンジといい、BD版で暗部が荒れる様といい、『エクソダス:神と王』の画を思い出した。

○見どころ
 東京舟巡り


○音質
 wikiによれば「邦画初のドルビーアトモス音声上映」とのことで、BDにもきちんとDolby Atmos収録。素晴らしい。しかし、Dolby Atmosであることは良い音であることの証明にはならない
 で、実際の音はというと、劇場版二作目からの映画音響の質的変化を見事に反映した隙のない仕上がりとなっている。強烈な低音や容赦のない銃声などはアニメ劇場版の時代にはなかったもので(『AKIRA』のような突然変異はあったが)、音で認識される火砲の威力は時代の変化をじゅうぶんに感じさせるものだ。東京上空を我が物顔で飛び回るヘリの飛行音もまた、複数のスピーカーの活用を前提とした精密な移動感が実現されている。
 トップスピーカーは主としてヘリに関する音が徹底的に割り振られているほか、面白い試みとして「声」での活用がされている。具体的には、無線通信の音声など、「画面に直接の話者が映っていない」場合の声がトップスピーカーに割り振られており、独特の緊張感を醸成している。また、劇場版二作目そのまんまの「東京舟巡りをしつつキャラクターのダイアローグが流れる」場面において、二人の声は露骨に天井から降り注ぐようになっている。映像演出や劇伴とも相まって、非常に記憶に残るシーンと言える。
 これらのトップスピーカーへの声の割り当ては終始徹底されており、活用のレベルはイマイチ声で何がしたかったのか不明瞭な『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を上回る。

○聴きどころ
 東京舟巡り
 ヘリ全般


○総評
 画も音も素晴らしい。もっとも、『イノセンス』の前例があるので想定内とも言える。
 話は……実質的に劇場版二作目を実写で撮り直したってだけなんじゃ



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire(フロント)
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【システム】 Dynaudio Audience122

 思い出深い初Dynaudio、Audience122。  東日本大震災でぶっ倒れてもなお、力強く

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】LINN DS

 オーディオ業界に「ネットワークオーディオ」という領域を作り出したのはLINN DSであると言って間

記事を読む

ゲーム産業は映画産業+音楽産業よりも大きくなったらしい

ゲーム産業は「映画+音楽」よりも大きくなった―調査会社IHS Technology - Gamesp

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 『コントロール』する

 「ここにさえ来ればネットワークオーディオがまとめてわかる!」を目指し、ひたすら書いてきた【音源管理

記事を読む

【CES2016】ネットワークオーディオ色々

 去年に比べるとジャンルとしてだいぶ出展が少ない印象。  みんな「別に無理して“プレーヤー”を作る

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第58回『ロボコップ』

画質:3 音質:8 映像はMPEG-2でビットレートは20Mbps前後。 音声はDTS-

記事を読む

【BDレビュー】第269回『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』

画質:14 音質:12 映像:AVC 音声:DTS-HD Master A

記事を読む

【音源管理の精髄】 dBpoweramp Tag Editorを使ったDSDのタグ編集 【ネットワークオーディオTips】

Tag&Renameを使ったDSDのタグ編集 Mp3tagを使ったDSDのタグ編集

記事を読む

【インプレッション】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編 【Roon Server】

 RoonReady立ち上げの最初期から、Antipodes Audio DX Music Serv

記事を読む

【ネットワークオーディオ・実践編】必要なソフトウェア

 必要不可欠なソフトウェア。 ○リッピングソフト  どれだけ音楽のネット配信が広

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

DLNA解散

DLNA解散。13年で40億台の音・映像のホームネットワーク相互接続を

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第九章「馨る女神の御膝元」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第八章「光ことなる錦秋の宮」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

Twonky Server 8.4にアップデートするのは待った方がいいかもしれない

 QNAPへの今後の対応が取り沙汰されたTwonky Serverだが

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第七章「風渡る山姫の幽谷」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第六章「恵み色濃き深碧の淵」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

ポタ研の中のデジ研

ポータブルしないオーディオイベント「デジ研」、ポタ研と同時開催 - P

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第五章「雄勝の背骨に麒麟舞う」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】OPPO Sonica DAC 音質編

導入・外観編 ネットワーク編 ・再生環境(詳細)

【ハイレゾ音源備忘録】Marcus Miller / Afrodeezia

・アーティスト / アルバムタイトル Marcus Mi

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / BUTTERFLY

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【レビュー】OPPO Sonica DAC ネットワーク編

導入・外観編 音質編  USB入力と比べて対応フォ

【レビュー】OPPO Sonica DAC 導入・外観編

ネットワーク編 音質編  待ちに待ったOPPO S

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNDERGROUND

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第四章「湯澤の山の上と下」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave One

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

Roon 1.3の諸々 再生機能編

 Roon 1.3! Roon 1.3 Is Live!

Roon 1.3の諸々 ライブラリ機能編

 Roon 1.3! Roon 1.3 Is Live!

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第三章「彼岸の真白なる静寂」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第二章「妙産の湯、深山に湧く」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑