*

【BDレビュー】第339回『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』 【Dolby Atmos】

画質:11
音質:11
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:AVC
音声:Dolby Atmos トップスピーカーの活用:大 オブジェクト効果:中


○画質
 wikiによれば、「全編4K撮影およびポスプロ・フィニッシング」とのことで、実際の画もそのスペックに恥じない凄まじい切れ味を見せる。彩度を欲張らない色調に強烈なコントラストが合わさった非常に硬質な画である一方、高輝度方向にも低輝度方向にもダイナミックレンジは広く、白潰れ・黒潰れを起こしそうなぎりぎりの諧調の中にもしっかりとディテールや色味が残っている。私は邦画をあまり見ることがないので「邦画にしては」なんてことは言えないにしても、昨今の超高画質タイトル群と比べ得る立派な仕上がりであることは間違いない。
 が、良いシーンは実に素晴らしい画を見せるものの、総じて暗いシーンになると解像感が一気に減退し、さらにノイズまで現れる場合があるなど、完璧とは言い難い。色調といい、広大なコントラスト&ダイナミックレンジといい、BD版で暗部が荒れる様といい、『エクソダス:神と王』の画を思い出した。

○見どころ
 東京舟巡り


○音質
 wikiによれば「邦画初のドルビーアトモス音声上映」とのことで、BDにもきちんとDolby Atmos収録。素晴らしい。しかし、Dolby Atmosであることは良い音であることの証明にはならない
 で、実際の音はというと、劇場版二作目からの映画音響の質的変化を見事に反映した隙のない仕上がりとなっている。強烈な低音や容赦のない銃声などはアニメ劇場版の時代にはなかったもので(『AKIRA』のような突然変異はあったが)、音で認識される火砲の威力は時代の変化をじゅうぶんに感じさせるものだ。東京上空を我が物顔で飛び回るヘリの飛行音もまた、複数のスピーカーの活用を前提とした精密な移動感が実現されている。
 トップスピーカーは主としてヘリに関する音が徹底的に割り振られているほか、面白い試みとして「声」での活用がされている。具体的には、無線通信の音声など、「画面に直接の話者が映っていない」場合の声がトップスピーカーに割り振られており、独特の緊張感を醸成している。また、劇場版二作目そのまんまの「東京舟巡りをしつつキャラクターのダイアローグが流れる」場面において、二人の声は露骨に天井から降り注ぐようになっている。映像演出や劇伴とも相まって、非常に記憶に残るシーンと言える。
 これらのトップスピーカーへの声の割り当ては終始徹底されており、活用のレベルはイマイチ声で何がしたかったのか不明瞭な『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を上回る。

○聴きどころ
 東京舟巡り
 ヘリ全般


○総評
 画も音も素晴らしい。もっとも、『イノセンス』の前例があるので想定内とも言える。
 話は……実質的に劇場版二作目を実写で撮り直したってだけなんじゃ



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire(フロント)
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

画質:13 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫定評価) 音質:15 (評価の詳細

記事を読む

【音源管理の精髄】 アルバムアートに関する駄目な例 【ネットワークオーディオTips】

 あえて「駄目な例」と言い切ってしまおう。  身の回りでこんな例、見たことはないだろうか?

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / Canta Con Me~あの日の歌

 以下、光田康典公式ホームページ「Our Millenial Fair」より引用。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第2回『キングダム・オブ・ヘブン』

やる気のある内に第二回。今後も期待の新作が次々に発売になるので、早いうちにお気に入りのソフトの評価を

記事を読む

fidataが「ミュージックサーバー」になったぞ

 対応フォーマットやら何やらは下の記事を参照。  DSD256に対応した「USB出力搭載ネットワー

記事を読む

【レビュー】LUMIN L1 ― 未完の高音質Network “Audio” Storage

 実際に導入したのでインプレッションからレビューに昇格。 LUMIN L1来たる 導入!

記事を読む

ネットワークオーディオとOpenHomeとRoon Ready

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  「プレーヤー」に関して言えば、今日にお

記事を読む

Marantz SR7009

マランツ、同社初のDolby Atmos対応AVアンプ SR7009」。音場補正用マイクとスタンドも

記事を読む

【システム】 Victor DLA-X30

 むかしむかし、VictorのDLA-HD350を使っていたことがある。  部屋があまりにも狭くて

記事を読む

0.1の壁

 私のサラウンド再生環境は思想的にも使用機材的にも極めてオーディオ寄りである。と、少なくともシステム

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

→もっと見る

PAGE TOP ↑