*

【BDレビュー】第339回『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』 【Dolby Atmos】

画質:11
音質:11
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:AVC
音声:Dolby Atmos トップスピーカーの活用:大 オブジェクト効果:中


○画質
 wikiによれば、「全編4K撮影およびポスプロ・フィニッシング」とのことで、実際の画もそのスペックに恥じない凄まじい切れ味を見せる。彩度を欲張らない色調に強烈なコントラストが合わさった非常に硬質な画である一方、高輝度方向にも低輝度方向にもダイナミックレンジは広く、白潰れ・黒潰れを起こしそうなぎりぎりの諧調の中にもしっかりとディテールや色味が残っている。私は邦画をあまり見ることがないので「邦画にしては」なんてことは言えないにしても、昨今の超高画質タイトル群と比べ得る立派な仕上がりであることは間違いない。
 が、良いシーンは実に素晴らしい画を見せるものの、総じて暗いシーンになると解像感が一気に減退し、さらにノイズまで現れる場合があるなど、完璧とは言い難い。色調といい、広大なコントラスト&ダイナミックレンジといい、BD版で暗部が荒れる様といい、『エクソダス:神と王』の画を思い出した。

○見どころ
 東京舟巡り


○音質
 wikiによれば「邦画初のドルビーアトモス音声上映」とのことで、BDにもきちんとDolby Atmos収録。素晴らしい。しかし、Dolby Atmosであることは良い音であることの証明にはならない
 で、実際の音はというと、劇場版二作目からの映画音響の質的変化を見事に反映した隙のない仕上がりとなっている。強烈な低音や容赦のない銃声などはアニメ劇場版の時代にはなかったもので(『AKIRA』のような突然変異はあったが)、音で認識される火砲の威力は時代の変化をじゅうぶんに感じさせるものだ。東京上空を我が物顔で飛び回るヘリの飛行音もまた、複数のスピーカーの活用を前提とした精密な移動感が実現されている。
 トップスピーカーは主としてヘリに関する音が徹底的に割り振られているほか、面白い試みとして「声」での活用がされている。具体的には、無線通信の音声など、「画面に直接の話者が映っていない」場合の声がトップスピーカーに割り振られており、独特の緊張感を醸成している。また、劇場版二作目そのまんまの「東京舟巡りをしつつキャラクターのダイアローグが流れる」場面において、二人の声は露骨に天井から降り注ぐようになっている。映像演出や劇伴とも相まって、非常に記憶に残るシーンと言える。
 これらのトップスピーカーへの声の割り当ては終始徹底されており、活用のレベルはイマイチ声で何がしたかったのか不明瞭な『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を上回る。

○聴きどころ
 東京舟巡り
 ヘリ全般


○総評
 画も音も素晴らしい。もっとも、『イノセンス』の前例があるので想定内とも言える。
 話は……実質的に劇場版二作目を実写で撮り直したってだけなんじゃ



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire(フロント)
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第8回『イノセンス』

第八回はアニメ映画・イノセンスを取り上げます。 「アニメなんぞ所詮はオタクが傾倒する気色悪い低

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】スピーカーの配置

 Dolby Atmos。  残念ながら映画館で聴いたことがないし、対応AVアンプで聴いたこともな

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて 設置・接続・音質編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Larry Coryell, Badi Assad NNN John Abercrombie / 3 Guitars

・アーティスト / アルバムタイトル Larry Coryell, Badi Assad NNN

記事を読む

【音源管理の精髄】 複数のディスクから成るアルバムをどう扱うべきか 【ネットワークオーディオTips】

 参考になるかもしれない備忘録。  私は基本的にCDをリッピングする際、「ディスク1枚

記事を読む

ネットワークオーディオの魔境を往く

 【音源管理の精髄】の「はじめに」において、私はネットワークオーディオの基礎基本となるノウハウの提供

記事を読む

DELA N1Z/N1Aの新モデル

DELA「N1Z/N1A」、ハードウェアを刷新した新モデル - 電源強化やUSB-DAC端子追加など

記事を読む

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10  なんと手元にやってきまし

記事を読む

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAurender。  Linux

記事を読む

Roonが示すネットワークオーディオの到達点と新たな地平

『ネットワークオーディオ』とは何か ネットワークオーディオの実践に必ずしも単体プレーヤーは必要

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

DigiFi No.28で記事を執筆しました

 本日発売。 DigiFi No.28 特別付録ハイレゾ

→もっと見る

PAGE TOP ↑