*

【BDレビュー】第279回『猿の惑星:新世紀(ライジング)』

BD猿の惑星新世紀
 色々とおまけつき。
 それはそうとパッケージデザイン酷過ぎない? ポスターじゃあるまいし……


画質:9
音質:9


映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 7.1ch


○画質
 昨今の超高画質作品には及ばないものの、前作から順当にパワーアップしている。
 前作で少々気になったシーザー以外の猿のディティールは飛躍的に増し、迫真の映像となって結実している。冒頭に出てくる鹿と熊は流石に作り物臭さが拭い切れていないが、とにかく作品の真の主役たる猿の存在感は素晴らしい。
 情報量や解像感的に今一歩煮え切らない印象は前作と変わらず。敢えてそういう画にしていると言われればそこまでだが。

○見どころ
 冒頭の狩り
 猿


○音質
 なぜDolby Atmosで収録しなかったんだ、と思ったが、まあどうせそのうちDTS:Xバージョンが出るだろう。気長に待つべし。
 本作はTOHOシネマズ日本橋でアトモス上映を見て、その音の素晴らしさに驚愕した作品であるので、Dolby Atmos収録ではないとはいえ、BDの音にも激しく期待していた。
 期待していたのだが、それほどではなかった。映画館での音に完敗だった。私の環境は絶対的な音量はさておき、空間構築の精度なら相当なレベルにあると思っていたのだが、それもTOHOシネマズ日本橋のアトモス上映に遠く及ばなかった。Dolby Atmosが収録されていたなら、Dolby Atmosを十全に再生していたなら、もっと違う結果になったのだろうか?
 冒頭、猿の一群が狩りに向かうために木々を伝って移動するシーンがある。雨降る森の濃密な空気感の中、スクリーンという空間を超越して頭上を猿が動く音響にDolby Atmosの真価を感じ取ったのだが、残念ながら、DTS-HD Master Audio 7.1ch収録のBDではその感動を再現することはできなかった。雨の森の感覚だけなら十分に再生できていたと思うものの、移動感だけはどうしようもなかった。
 劇場でのアトモス体験と比較しなければ、特に問題なく高品質な音であることは間違いない。猿の数も鉄火の数も増え、劇伴もより勇壮かつ荒々しくなった。アクション映画としてまったく不足のない音響である。
 しかし、本作の音の真価はまだまだこんなものではないはずだ。

○聴きどころ
 冒頭の狩り
 開戦


○総評
 作品としては文句なしに、超が付くほど面白い。続く完結編が楽しみで仕方がない。
 別にDolby AtmosでもDTS:Xでも何でもいいから収録したBDを待って、いつの日か構築するであろうオブジェクトベースシアターにてリベンジしたい。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Focus200C
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】宇多田ヒカル / Fantôme

・アーティスト / アルバムタイトル 宇多田ヒカル / Fantôme ・購入元

記事を読む

【UHD BDレビュー】第2回『デッドプール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・追記】  記念す

記事を読む

TIDALがもたらすもの

 TIDAL。  ドイツの高級スピーカーメーカーのことではなく、音楽配信サービスのTIDALである

記事を読む

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこうと思う。  と

記事を読む

【音響の火花】・序・そもそも“音響”って?

 いわゆるオーディオの考え方を映像にも取り入れると、「オーディオビジュアル」という趣味の領域が出来上

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】LINN DS

 オーディオ業界に「ネットワークオーディオ」という領域を作り出したのはLINN DSであると言って間

記事を読む

【祝?】『ダンケルク』がUHD BD化

Dunkirk 4K Blu-ray - Blu-ray.com will be availa

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Twonky Server 導入・設定・運用編

サーバーソフトの紹介 『Twonky Server』 ・使用したサーバー機器 PC(Wi

記事を読む

iPhoneでもLUMIN Appが使えるようになったよ

 バージョン6.0で、ついに。  こないだandroidでも使えるようになったし、何や

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi / 蜃気楼 ・購入元

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑