*

【BDレビュー】 第145回『SPIRIT』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:15 音質:12


映像はAVC、音声はDTS-HDMAの16bit。

画質について。
はたしてこの映画を“実写”と言っていいのか微妙なところではあるが、役者のライブアクションが介在する映画を実写と呼ぶとするなら、これは間違いなく実写映画として過去最高の画質である。
ぐつぐつと煮えたぎり、熱く熱くほとばしるとてつもない量のディティール。
俳優の演技以外、背景その他はほとんどグリーンスクリーン撮影でのCG合成であり、色調も限りなく全編モノクロに近い画作りがなされていてなお――ほぼ光と闇のみの画でなお!(だからこそ、か?)目を灼くが如きすさまじい情報量とディティールが画面にみなぎる。
水面からぬぅっと頭を出すスピリット/オクトパスのシーンなど、戦慄を覚えるほどのおぞましい実在感を伴う。初めて実写ソフトで「触れそう」と思ったくらいである。
さらに何が面白いって、そこまでの基礎画質・情報量を有しながらも徹底的にそれらを“真っ黒に”絵画的にコミック的に塗り潰しているということ。ほれ、アレだよ、鴉-karas-のアレ。敢えて塗り潰すということ。しかし、塗り潰したとはいえ“闇の中にある何か”の存在は決して消えるわけではなく、むしろより強い息遣いを感じさせる。この手法によりますます光と闇の鮮烈な対比が増幅され、さらにさらにディティールは輝きを増すのだ。
もはやフィルムライク(笑)だの粒状感だの、そういった従来的な画質を構成する要素までも映像面から解体して新たな地平に到達してしまった印象さえある。
必見ッ!

音質について。
音響的にあまり大暴れをする映画ではないものの、オーディオ的な意味での音質は抜きん出ている。良い録音のCDを思わせる非常に粒立ちの良い、なおかつそそり立つように鋭敏な音は作品世界に格別のスパイスを利かせている。
BGM、効果音の使い方やサラウンドミックスは実に優秀かつ面白おかしい。
数は少ないものの、音響的に大盛り上がりをするのはやはりどんぱちのシーン。オクトパスの銃撃は実に鋭く豪放に鳴り渡る。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【音源管理の精髄】 DSDについて 【ネットワークオーディオTips】

 技術詳細はwikiへ。  Direct Stream Digital / Wikipedia

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第110回『アイアンマン』

○高画質ソフトの条件 実写の撮影時点で高画質→CGIとの合成時点で高画質→諸々ポスプロの時点で高画

記事を読む

マランツ・NA-11登場記念 ネットワークオーディオの現在と未来を考える

※この記事は2013年2月5日に書かれたものです マランツ、60周年記念のUSB-DAC/

記事を読む

ネットワークオーディオの本質

 2013/12/22初出の記事を、核心はそのままに、今までの蓄積と現状を踏まえて更新。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第190回『KICK-ASS』 北米盤

やる気無さすぎの日本版はスルー余裕でした 画質:8 音質:13 映像はAVC、音

記事を読む

【システム】 Dynaudio Audience122

 思い出深い初Dynaudio、Audience122。  東日本大震災でぶっ倒れてもなお、力強く

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第60回『28週後…』

画質:8 音質:10 映像はAVCで30台中心のハイビットレート。 音声はDTS-HDM

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】Auro-3D……?

 実はSR8009はとっくに出ていて、日本は相変わらず無視されているだけかもしれない……なんて叶わな

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第146回『ターミネーター4』

画質:9 音質:13 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの16bit。SPEはドルビーを

記事を読む

SFORZATO × Roon Ready + Roon Server

SFORZATO will be Roon Ready!  というわけで、記念すべき国産機初の

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑