*

【BDレビュー】第283回『JOHN WICK / ジョン・ウィック』 北米盤 【Dolby Atmos】

公開日: : 最終更新日:2016/09/24 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

BDjohn wick


画質:14
音質:9


映像:AVC
音声:Dolby Atmos


○画質
 ポストHD時代における超高画質。
 15☆を付けようと思えるほどのレベルだったが、荒れたカットが1カットあったので14止まり。
 意識される粒状感やノイズの類は皆無。それでいて画面全体から情報量が溢れ出し、100インチという画面サイズをまったく意識させない切れ味も同居する。
 この手のシューテムアップでその高画質ぶりに感動した映画といえば『シューテム・アップ』があるが、そのレベルを遥かに越えている。
 要所要所で摩天楼を見下ろすカットがあるが、その際の画はまるでIMAXかと思うような力がある。
 透明感に満ち満ちた殺し屋映画。限りなく透明な不健康な画。
 必見。

○見どころ
 すべて


○音質
 期待していたほど盛り上がらなかった。
 リベリオンと異なりそれほど「撃ちまくる」映画ではないので、音数的には仕方がないとしても、一つ一つの銃声にそれほど威力があるわけではない。むしろ抑制の利いた音である。
 サラウンド効果的にも特段工夫を感じるようなところはなかった。
 高いレベルでまとまっているとは言え、突出した冴えを見せる画に比べれば音はそれほどではない。
 高さを活かしたシーンも色々とあるため、Dolby Atmosで聴けば化ける……か?

【追記】
 SC-LX59とECLIPSE TD307MK2Aの導入に伴いDolby Atmosで聴いた。
 参照:Dolby Atmosのソフトを片っ端から聴く

○聴きどころ
 ガン・フー


○総評
 ガン・フーは怜悧な状況判断力に基づく「確実に弾を当てる当てる」ための技術に見える。よって、地味である。弾数もそれほど多くはない。しかし、動きに無駄が無く、殺傷力という点では確実である。ただ、劇中でキアヌが見せたアクションをもって、ガン=カタに比肩するだけのインパクトがあるかと言われれば……
 続編が出るという話もあるらしいので、ガン・フーのさらなる進化と深化に期待したい。


○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire(フロント)
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第284回『思い出のマーニー』

画質:15 音質:9 映像:AVC・MGVC 音声:DTS-HD Mast

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第224回『獣兵衛忍風帖』

BD化されていたという事実を三か月も見過ごしていたとは……不覚! 画質:9 音質:6

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第42回『バイオハザード』

ゾンビ映画見ながら食べるハヤシライスおいしいです^^ 1作目。リッカーのCGが凄まじく

記事を読む

ネットワークオーディオと「OpenHome」

【2017/01/31更新・追記】  OpenHomeとは何か、という部分をページ冒頭にまとめ

記事を読む

【BDレビュー】第28回『ジョン・ウィック:チャプター2』 米国盤 【Dolby Atmos】

【BDレビュー】第283回『JOHN WICK / ジョン・ウィック』 画質:

記事を読む

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.com/watch?v=p97Q

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第205回『塔の上のラプンツェル』

画質:10 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit、7.1ch

記事を読む

Stereo 2017年12月号で記事を執筆しました

Stereo 2017年12月号 - 音楽之友社 ・2017年No.1コンポ「年間最優

記事を読む

【BDレビュー】327回『キャビン』

 夏、熱すぎて無性にホラー映画が見たくなって買った。 画質:8 音質:8 (評価の詳細

記事を読む

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブルーレイ発売 特集『ブレードラ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑