*

【BDレビュー】 第199回『マスク・オブ・ゾロ』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:8 音質:12


映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit

画質について。
90年代フィルムのお手本のような映像。精細感はわずかに不足気味な場面もあるが、濃密なグラデーションと映像そのものの品位の素晴らしさで補って余りある。
画質的に特に素晴らしいのは燦々と照りつける太陽の下ではなく、むしろ日暮れの情景や洞窟の中といった暗がりの中である。ノイジーに転ぶことなく、デジタルにありがちなマッハバンドが出ることもなく、闇の中の黒の立体感や、目の覚めるような美しいグラデーションを見せる。
気品ある内容に相応しい、ジェントルでノーブルでチャーミングな画である。
ひとつ面白いのは、デラ・ベガ→エレナの視線の場合、明らかにエレナの表情にピントが合っていないこと。勿論その意図は分かる。んーーーーーっ、こういう表現の妙もBDならでは!!
見どころ:
ゾロの訓練場
日暮れの空

音質について。
極めて稀な、ダイアローグの優秀録音盤。役者の声を聴いているだけで音響的におなか一杯になれるレベルのソフトである。今までこの評価をしたのはレッド・ドラゴンのみだが、ゾロも視聴記執筆にあたって視聴したところ、十分この評価に値するものだと確認できた。さすがにレッド・ドラゴンほどではないにせよ。
まさに神父様(偽物)が言うところの「ディープ・ボイス」そのものである。舌がぬめり、唇がこすれ、唾液が滴る。力強く、かつ繊細な声がカリフォルニアの空気に響く。アントニオ・バンデラスの声にキャサリン・ゼタ・ジョーンズが不埒な感情を覚えるのも致し方あるまい。
しかし、アンソニー・ホプキンスはレッド・ドラゴンとマスク・オブ・ゾロの両方に出演し神がかったダイアローグを聴かせてくれる。AVにおけるキング・オブ・ダイアローグとでも呼んでしまおうか。
くわえて、ゾロは活劇映画である。素晴らしいダイアローグの表現力に加え、アクションの音響も一切手抜きが無く素晴らしいの一言。弾ける火薬と剣劇、歓声を勇壮な音楽が包み込む。音響的なテンションは物語とともにテンションを上げていき、同時にクライマックスを迎える。
血沸き肉踊る。
人々と一緒にZorro! Zorro!と叫ぶ自分がいる。
聴きどころ:

クライマックス



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【音源管理の精髄】 WAVか、FLACか 【ネットワークオーディオTips】

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】 よくある質問と検索ワードへの回答

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第159回『風の谷のナウシカ』

画質:7 音質:6 映像はAVC、音声はリニアPCMの24bitステレオ 画質につい

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】D’Angelo / Brown Sugar

・アーティスト / アルバムタイトル D'Angelo / Brown Sugar

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】スピーカーの配置② ― 天井にスピーカーを設置できない場合

 前回の記事で、私の部屋におけるスピーカーの配置を下図のとおり決定した。  ただし、こ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第17回『バイオハザード2』

真面目で高尚な映画は他の方々に丸投げして、私はひたすら御馬鹿で下品で愉快な映画。 ところで先日

記事を読む

SOUND SPHEREでルームチューニングをしてみる

 オーディオを初めてかれこれ8年になるが、恥ずかしながら今の今まで「ルームチューニング」なるものを、

記事を読む

LUMIN A1、導入2周年

 色々あった一年だった。  当たり前のようにTIDALに対応したり、Qobuzにも対応したり。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第1回『父親たちの星条旗』・『硫黄島からの手紙』

やる気のある内に早々と第一回。 記念すべき?第一回は父親たちの星条旗と硫黄島からの手紙、いわゆ

記事を読む

fidata HFAS1 運用編

 どれだけ音の良さを謳おうが、まともに使えないサーバーに用はない。  「信頼」の名を背負ったf

記事を読む

【アプリ紹介】eLyric iPad版

※この記事のデータ等は2012年2月28日時点のものです ●イントロダクション 『e

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑