*

【BDレビュー】 第174回『トイストーリー 三部作』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

ピクサーほんとすげえな……


『トイストーリー』  画質:10 音質:10
『トイストーリ-2』 画質:10 音質:12
『トイストーリー3』 画質:15 音質:13


映像は三作AVC、音声は1と2がDTS-HDMA24bitの5.1ch、3がDTS-HDMA16bitの7.1ch&24bitの6.1ch

画質について。
1,2,3と続くにつれ、飛躍的に情報量を増していくテクスチャのディティールとライティング。まさしくフル3DCGアニメーションの進化の歴史を目にしているかのよう。
95年の1の時点でこれだけの映像が作れたのかと思うと驚愕するしかない。1はさすがにテクスチャの解像度が低いのが見て取れるが、BDという器になっても解像度不足に伴うジャギーは皆無であり、製作陣の熱意には脱帽しきりである。
3にもなると、最先端の作品だけあって映像や画の質感は既に豪華絢爛を通り越し、WALLEと同じレベルの「そこにある」という次元に到達している。1,2ではさすがに厳しかった“おもちゃごとの質感の微妙な差異”まで楽々表現されており、ソフト化にあたってのほころびなど一秒たりとも、一フレームたりとも見つけることは出来ない。

音質について。
こちらも映像同様、凄まじいまでのこだわりと愛情が注ぎ込まれた仕上がりとなっている。
三作品とも、マルチチャンネル・サラウンドの見本のような出来。カメラを基点として前後左右どこで音が鳴っているのか、どのように音源が移動しているのか、精確無比な音響効果にはまったくもって恐れ入る。快活なダイアローグと洒落っ気の効いた音作りもあいまって、作品世界を実に魅力あるものとしている。
2、3では上記のような緻密さに加え、活劇と呼んでもまったく差支えが無いほどの巨大なエネルギーを有する音響場面が随所に盛り込まれており、音に包み込まれる醍醐味を存分に提供する。
3はともかくとして、昔々に見た1と2にもこれだけの音情報が入っているとは夢にも思わなかった。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第182回『ムーラン・ルージュ』

画質:7 音質:9 映像はAVC、音声はDTS-HDMA bit数は失念 画質につい

記事を読む

【BDレビュー】第282回『X-MEN: フューチャー&パスト』

画質:12 音質:10 映像:AVC 音声:DTS-HD Master A

記事を読む

SFORZATO × Roon Ready + Roon Server

SFORZATO will be Roon Ready!  というわけで、記念すべき国産機初の

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第99回『アイランド』

画質:12 音質:8 映像はVC-1でビットレートは頭打ち気味。 音声はドルデジのみ。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第207回『ザ・ライト -エクソシストの真実-』

画質:9 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について。

記事を読む

Roonの「魔法」の正体

前記事 Roonは音楽鑑賞の未来たり得るか Roon 導入編  RoonのOv

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第16回『X-MEN3』

どうして欧米人の女の子は年取ると劣化するのかな!! ちくしょおおおーっ!! ローグがビッチに

記事を読む

【BDレビュー】第301回『トレマーズ ブラッドライン』

 マメに写真を撮ってアイコンに仕立ててきたが、くたびれたのでおしまい。  というわけで、UHD

記事を読む

【BDレビュー】第323回『ブリッジ・オブ・スパイ』

画質:10 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS

記事を読む

【音源管理の精髄】 はじめに 【ネットワークオーディオTips】

 オーディオならではの高音質と、音楽再生における快適さ。その完全な両立。  『ネットワークオーディ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑