*

【BDレビュー】 第177回『セブン』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:13 音質:9


映像はVC-1、音声はDTS-HDMAの7.1ch、24bit

画質について。
・ニューラインシネマ製作
・DTS-HDMA7.1ch
・映像コーデックにVC-1を採用、ハイビットレート仕様
以上三つの条件を満たすBDは現状『ダークシティ』、『ヘアスプレー』、『シューテム・アップ』、そしてこの『セブン』の四本。おそらく全て同じエンコードスタジオが手がけたもの。ワーナーが単なる惰性でVC-1を採用しているのに対し、純然たる高画質でもってVC-1の底力を証明している工房といえる。
『セブン』の画調は監督つながりということもあり、画面の大部分に染み込む闇、相対的に鋭さを増す光明など、『ファイトクラブ』と非常に似通っている。
しかし、画質的には年代的に先行する本作の方が遥かに素晴らしい。ファイトクラブの画作りのほうが粒状感が効いているというのを加味しても、本作の画はベールを毟り取ったかのような鮮鋭感に満ちている。
あくまでフィルムの質感を保ちつつも、映像全体にみなぎる情報量は半端ではなく、クローズアップ時の切れ上がるような解像感は昨今のよく出来たデジタル撮影の画と真正面から殴りあった挙句ぶちのめしてしまうほどのレベル。
さらに闇の純度は群を抜いて素晴らしく、深々とした闇の中に佇む俳優たちも小道具も、ぎりぎりの光量の中で豊かな表情を見せる。
『プライベート・ライアン』や『コンタクト』と並ぶ、フィルム撮影の作品として画質の頂点の一角を占めると自信を持って言える。素晴らしい。

音質について。
細かな効果音を緻密に積み上げていくと、BGMに頼らずとも作品に厚みが出るということの好例。
非常に練られた音響だが、あくまでステレオ主体の音響であり、移動の演出的なサラウンドの活用は限定的。ただしディスクリートで7.1chを収録しているというのは伊達ではなく、広大さというよりはむしろ閉塞感を演出する音空間の創出は流石である。
効果音の存在感や俳優のダイアローグは全て水準以上のレベルにあるが、音による驚きの演出は少なく、もう少し音響的にも冒険をしてもよかったかもしれない。
ラストの銃声は嗚咽のように響く。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

ネットワークオーディオのユーザビリティの行き着く先

 ネットワークオーディオでは、「サーバー」・「プレーヤー」・「コントロール」の三要素が独立している。

記事を読む

【音源管理の精髄】手を抜いたライブラリの成れの果て 【ネットワークオーディオTips】

 ディスクだろうと、ファイルだろうと、整理整頓しなければ滅茶苦茶になる。  というわけで、最短

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第179回『特攻野郎Aチーム』

画質:7 音質:7 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について。

記事を読む

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

 HDRやら色域の拡大やら、業界はBDに対するUHD BDの優位性は解像度だけではないとしきりに叫ん

記事を読む

【音源管理の精髄】 ネットワークオーディオのデメリットと、それを克服するために 【ネットワークオーディオTips】

 ネットワークオーディオのメリットとはその大部分が「音源をデジタルファイルとして管理運用することのメ

記事を読む

【BDレビュー】第317回・特別篇『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 北米盤

画質:13 音質:15 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC

記事を読む

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Network Bridge」ー 65万

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第161回『FLCL』

おれの夢が叶うのは誰かのおかげじゃないぜ 風の強い日を選んで走ってきた 画質:8 音質:

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Audionet Music Manager』(iPad版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第123回『ピノキオ』

画質:15 音質:8 映像はAVCでビットレートは20Mbps前後で推移。 音声は日本語英語

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【地元探訪・神様セカンドライフ編】元稲田神社/あぐりこ稲荷(羽後町杉宮)

神様セカンドライフ 66話「あぐりこ稲荷」  雄勝郡の稲荷オ

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/17初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/04初出の記事を更新・

【ハイレゾ音源備忘録】結城アイラ / decade wind(NetAudio27付録) 【768kHz/32bit】

・アーティスト / アルバムタイトル / 曲タイトル 結

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/10/07初出の記事を更新・

SOtM sMS-200でMinimServerとBubbleUPnP Serverが使えるようになった

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 【レビュー】SO

【UHD BDレビュー】第3回『キング・オブ・エジプト / GODS OF EGYPT』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第2回『デッドプール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第1回『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/28初出の記事を更新・

LUMINのプレーヤーがついにMQAに対応

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpo

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Respighi: Belkis, Regina di Saba, Ballata delle gnomidi & Pini di Roma 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Stravinsky: The Song Of The Nightingale, The Firebird, Rite of Spring 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

Wireworld Platinum Starlight、襲来

 時に、西暦2017年。  秋田の片田舎に、重厚な金属製

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / ANIMA

・アーティスト / アルバムタイトル サラ・オレイン /

→もっと見る

PAGE TOP ↑