*

【BDレビュー】 第177回『セブン』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:13 音質:9


映像はVC-1、音声はDTS-HDMAの7.1ch、24bit

画質について。
・ニューラインシネマ製作
・DTS-HDMA7.1ch
・映像コーデックにVC-1を採用、ハイビットレート仕様
以上三つの条件を満たすBDは現状『ダークシティ』、『ヘアスプレー』、『シューテム・アップ』、そしてこの『セブン』の四本。おそらく全て同じエンコードスタジオが手がけたもの。ワーナーが単なる惰性でVC-1を採用しているのに対し、純然たる高画質でもってVC-1の底力を証明している工房といえる。
『セブン』の画調は監督つながりということもあり、画面の大部分に染み込む闇、相対的に鋭さを増す光明など、『ファイトクラブ』と非常に似通っている。
しかし、画質的には年代的に先行する本作の方が遥かに素晴らしい。ファイトクラブの画作りのほうが粒状感が効いているというのを加味しても、本作の画はベールを毟り取ったかのような鮮鋭感に満ちている。
あくまでフィルムの質感を保ちつつも、映像全体にみなぎる情報量は半端ではなく、クローズアップ時の切れ上がるような解像感は昨今のよく出来たデジタル撮影の画と真正面から殴りあった挙句ぶちのめしてしまうほどのレベル。
さらに闇の純度は群を抜いて素晴らしく、深々とした闇の中に佇む俳優たちも小道具も、ぎりぎりの光量の中で豊かな表情を見せる。
『プライベート・ライアン』や『コンタクト』と並ぶ、フィルム撮影の作品として画質の頂点の一角を占めると自信を持って言える。素晴らしい。

音質について。
細かな効果音を緻密に積み上げていくと、BGMに頼らずとも作品に厚みが出るということの好例。
非常に練られた音響だが、あくまでステレオ主体の音響であり、移動の演出的なサラウンドの活用は限定的。ただしディスクリートで7.1chを収録しているというのは伊達ではなく、広大さというよりはむしろ閉塞感を演出する音空間の創出は流石である。
効果音の存在感や俳優のダイアローグは全て水準以上のレベルにあるが、音による驚きの演出は少なく、もう少し音響的にも冒険をしてもよかったかもしれない。
ラストの銃声は嗚咽のように響く。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・サウンドマック

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  9月5日・

記事を読む

【BDレビュー】第323回『ブリッジ・オブ・スパイ』

画質:10 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS

記事を読む

マランツ、「NA7004」が24bit/192kHz WAV/FLACに対応

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20130527_6

記事を読む

DigiFi No.27で記事を執筆しました

 本日発売。  表紙にもある チャンピオンモデルを探せ! 30万円以下DSD

記事を読む

【BDレビュー】第300回『ぼくのエリ 200歳の少女』

 足かけ8年以上、とうとう300回到達。  今までにいったい何千枚のBDを見てきたかわからないが、

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第73回『ベオウルフ』

画質:8 音質:7 映像はVC-1で10台をうろつくワーナー仕様。 音声はドルビーTRU

記事を読む

Roonの「音楽の海」がもたらすもの

 いわゆるPCオーディオにせよ、いわゆるネットワークオーディオにせよ、両者の根幹には共通して、デジタ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Marcus Miller / Afrodeezia

・アーティスト / アルバムタイトル Marcus Miller / Afrodeez

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】あえて単体サーバーを導入するメリットとデメリット

 この記事で言う「単体サーバー」とは、「オーディオのためだけに使うサーバー機器」を指す。  要する

記事を読む

LUMIN S1でDSDを聴く

 LUMINファミリーの中でS1にのみ許された「DSD 5.6MHzを聴く」という特権。  せっか

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

SFORZATO DSP-Doradoとfidata HFAS1-XS20を導入した

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

月刊HiVi 2017年11月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 11月号 10/17発売 「ロマンポルノ」を

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

→もっと見る

PAGE TOP ↑