*

【AV史に残るBD勝手に10選】第6位『スター・ウォーズ』 ― 超絶クオリティが示したBDの成熟

BDスターウォーズ
背中合わせのスカイウォーカー


発売直前最速レポート!『スター・ウォーズ』BD-BOXのクオリティ&見どころを総力検証


 “待望の”、という言葉がこれほど似合うタイトルもそう多くはなかろう。
 いつかはBD化される、それは間違いなかった。しかし、それが“いつ”になるのかは分からなかった。
 極端な話ではあるが、もし、スター・ウォーズのBD化が最初期に発表されていたとしたら、HD DVDとの規格争いはまた別の展開を見せていたように思う。
 しかし実際には、BD化までには長い時間がかかった。
 製作側は、『スター・ウォーズ』をBD化するにあたり、彼らが求める画質や音質の要求を満たすために、BD化の技術やノウハウが成熟することをずっと待っていたのである。
 すなわち、『スター・ウォーズ』がBD化されるということは、BDというメディアが名実ともに成熟したということを端的に示すものであった。
 AV業界は大いに沸いた。お祭りだった。

 こうして我々の前に姿を現した『スター・ウォーズ』のBDは、期待を裏切らない素晴らしいクオリティだった。
 各作品の画質音質がどうであったかについては、上記リンク先の記事を読んでもらいたい。
 なお、リンク先の記事では諸事情につき【BDレビュー】で使っている画質音質の評価点を使用することができなかったので、今ここでその評点を示そうと思う。
 【BDレビュー】で評価している他のソフトを比較して、何かしら参考になれば幸いである。

『エピソードⅠ ファントム・メナス』 画質:10 音質:11
『エピソードⅡ クローンの攻撃』 画質:13 音質:9
『エピソードⅢ シスの復讐』 画質:15 音質:15
『エピソードⅣ 新たなる希望』 画質:7 音質:8
『エピソードⅤ 帝国の逆襲』 画質:8 音質:12
『エピソードⅥ ジェダイの帰還』 画質:9 音質:10

 フィルム主体の旧三部作とデジタルまみれの新三部作、どちらも製作された年代を考えれば傑出したクオリティを有しており、特に暗部における圧縮ノイズといった技術的問題からは完全に解放されている。製作側にとっても、ユーザーにとっても、まさしく“待った甲斐があった”出来映えである。
 特にエピソードⅢの画質音質は超絶的と言ってよく、このレベルを実現しているBDは私の知る限り、本当に数えるくらいしか存在していない。さらに素晴らしいのは、映像的には文句なしだが(厳しく評価すれば)音はイマイチな『アバター』、音響的には究極だがフィルムである以上玄人以外にはその高画質ぶりが伝わりにくい『プライベート・ライアン』、そもそも3DCGアニメなので同じ土俵で評価されにくい『WALL.E』などとは違い、実写映画として、誰が見ても「凄い!」と思わせる普遍的な高画質・高音質であるということだ。そして何より、知名度としては圧倒的である。“見たことがある”という人も非常に多い。だからこそ、凄さが“伝わる”。
 すなわち、“BDの凄さ”を示すうえでも、これ以上ないほどに優れたソフトなのである。私は誰かに「BDってどれくらい高画質なの?」と聞かれたら、何かしらリクエストがない限り、真っ先にエピソードⅢを見せる。むしろ聞かれなくても見せる。それくらい、視てほしい、聴いてほしい、知ってほしい、体験してほしいソフトなのである。
 ちなみに見せるのはオープニング~宇宙戦~ドゥークー伯爵戦でも勿論いいのだが、個人的なおすすめはヨーダvsダース・シディアスとアナキンvsオビワンが同時進行する終盤のシーンである。映像的にも音響的にも、これを越えるシーンはそうそう存在しない。


 極めて個人的な話をさせてもらえば、『スター・ウォーズ』のBDは、私にとって、単なるBDソフトというものを越えた存在である。
 というのも、発売に先駆けて視聴する機会に恵まれたうえに、私が書いた画質音質のレビューがメディアに掲載されたからだ。
 私の拙いレビューでどれだけ『スター・ウォーズ』の画質音質を伝えられたかは定かではないが、この体験は、私に『スター・ウォーズ』という映画史に残る作品の、ほんの僅かにせよ一部分になれたという感覚を与えてくれた。それと同時に、過去何十年と続くAV史の一頁になれた気がした。オーディオ・ビジュアルを趣味にする人間にとって、こんなに嬉しいことはない。
 そしてこのような機会を得られたのも、【BDレビュー】を継続して書き続けてきたからだった。BD様様である。


 立ち上げ以降、留まることを知らずにBDはそのクオリティを上げてきた。
 愛してやまない大好きな作品が、かつては想像すらできなかった高品位な画質音質を伴って再び姿を現すという喜び。BDに出会って善かった、オーディオ・ビジュアルという趣味を始めて善かったと心の底から思った。
 『スター・ウォーズ』のBDBOXは、BDの登場から約5年後という絶妙のタイミングで、クオリティに対する情熱を糧として蓄積されてきたBDの進化と成熟を、最高の形で体現したと言えよう。
 AV史に名を残すとはまさにこのことである。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

UHD BDのローンチと今後の【BDレビュー】について

 3月1日を迎え、とうとうタイトルが発売されたUHD BD。  既にアメリカから輸入して実際に見た

記事を読む

本当に音の良いハイレゾ音源 ― 『ハイレゾならではの高音質』とは何か

『ハイレゾ』は本当に音が良いのか  上記記事において、私は  ハイレゾ音源は容量だけは間

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第160回『アバター』

画質:15☆ Magnificent 音質:9 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24

記事を読む

【イベントレポート】春のヘッドホン祭り2015

 ネットワークオーディオは実際に使ってなんぼ。  コントロールアプリは実際に触ってなんぼ。  触

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Bill Evans / Waltz For Debby

・アーティスト / アルバムタイトル Bill Evans / Waltz For Debby

記事を読む

【BDレビュー】第263回『アナと雪の女王』

国内盤。 画質:15☆ 音質:15 映像:AVC 音声:DTS-HD

記事を読む

【Roon & RoonReady】Merging NADAC 【Munich HIGH END 2016】

Merging Technologies demo NADAC with Roon Ready, C

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】iTunesのコントロールアプリ 『Remote』

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。  要は、オーディオ部屋で椅子に座った瞬間、PCの

記事を読む

【音源管理の精髄】 WAVにおける日本語のタグの取り扱い 【ネットワークオーディオTips】

WAVでリッピングするとタグはどうなる? WAVでリッピングした音源をFLAC等に変換するとタ

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて 単体サーバー編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑