*

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』



画質:8
音質:8
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:AVC
音声:ドルビーTRUEHD 5.1ch advanced 96k upsampling


○画質
 ポストHD時代らしい切れ上がる解像感を見せたと思ったら、いかにもスマホのカメラで撮ったような情報量不足の画が現れる。つまり劇映画としての画とドキュメンタリーとしての画が混在し、全編通じて「安定感」は皆無。
 とはいえ、本作はそもそもそういう作品なのでそれをとやかく言ってもどうしようもない。ただ、意図しないノイズの発生やエンコードによる弊害とはまた別次元の乱高下でるので、ある意味では安心して見ていられる。

○見どころ
 総統閣下


○音質
 ギャガお得意の「advanced 96k upsampling」仕様。さらに私の中で勝手に伝統になりつつある「ドイツ語が話される映画はすこぶる高音質」とあわせて、期待値はすこぶる高かったが……期待していたほどでもなかった。
 『善き人のためのソナタ』『ヒトラー ~最期の12日間~』で感じられた渋み、えぐみ、迫真性とでも呼ぶべきものはあまり感じられず、本作のダイアローグはどこか軽やか。それがカラフルな映像や軽快な音楽の使い方とも相まって、物凄く重苦しい題材を扱っているハズなのにちっとも重苦しくないという妙な雰囲気が醸成されている。それでも声の質感そのものは克明であり、数多の登場人物の中にあって図抜けて力強いヒトラーの声もしっかりと伝わる。
 そもそも活きるシーンがなく、別になくても困らないが、サラウンド感は極小。またあくまでもダイアローグ主体の映画であるので、音楽もほとんど活躍しない。

○聴きどころ
 総統閣下


○総評
 購入特典で付いてきたパンフに書かれていた「笑えるが笑い事じゃない」という文言が最も的確な表現に思える。
 面白いが、はたして「面白い」という感想を抱いてもよいものか、と。
 受付の姉ちゃんちにメノラーがあったのを見て、後に起きる破局が見えてしまった……

 『ヒトラー ~最期の12日間~』を買った人は絶対に買うべきタイトルである。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire(フロント)
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオ・実践編】 到達目標の確認

 居ながらにしてすべてを見、すべてを操ることで得られる、音楽再生における筆舌にしがたい快適さ。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第188回『パットン 大戦車軍団』

画質:10 音質:6 映像はAVC、音声はDTS-HDMA・24bit 画質について

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】鷺巣詩郎 / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 オリジナルサウンドトラック

・アーティスト / アルバムタイトル 鷺巣詩郎 / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 オリジナルサウン

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】嫌な予感

Dolby Atmos対応BD『トランセンデンス』が12月7日に国内発売 ポニーキャニオン

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第61回『V フォー・ヴェンデッタ』

画質:8 音質:8 映像はVC-1でビットレートは限りなく低め。 音声はドルビーTRUE

記事を読む

NmodeのDACプリ

2016.10.12 Wednesday 新製品、開発中! - Nmodeブログ DACプリで

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / f

・アーティスト / アルバムタイトル サラ・オレイン / f ・購入元 e

記事を読む

no image

【BDレビュー】第25回『オペラ座の怪人』

画質:12 音質:12 映像はAVCでビットレートは30台を維持。 音声はリニアPCMと

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第12回『スパイダーマン』

怪奇蜘蛛男    VS. 恐怖翠悪鬼 ホントは17日発売のはずが16日に届いたのでフラ

記事を読む

怖れていたことが現実になってしまった

 何気なく2014/07/07の検索単語を見ていたら背筋が凍った。 2014-07-07

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第21回『スーサイド・スクワッド』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2017/03/23初出の記事を更新・

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した  純

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2017/03/12初出の記事を更新・

【レビューのような何か】ACOUSTIC REVIVE LANアイソレーター RLI-1GB-TripleC

 JS PC Audio NH100を入れて、既に「ハブから後」は気に

【UHD BDレビュー】第16回『ハドソン川の奇跡』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2017/01/30初出の記事を更新・

月刊HiVi 2017年9月号から連載が始まりました

月刊HiVi 9月号 8/17発売 特集「有機ELテレビ読本2

【UHD BDレビュー】第15回『レヴェナント: 蘇えりし者』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/30初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第14回『Sicario / ボーダーライン』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/21初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第13回『ローン・サバイバー』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【地元探訪・神様セカンドライフ編】元稲田神社/あぐりこ稲荷(羽後町杉宮)

神様セカンドライフ 66話「あぐりこ稲荷」  雄勝郡の稲荷オ

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/17初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/04初出の記事を更新・

【ハイレゾ音源備忘録】結城アイラ / decade wind(NetAudio27付録) 【768kHz/32bit】

・アーティスト / アルバムタイトル / 曲タイトル 結

→もっと見る

PAGE TOP ↑