*

【BDレビュー】 第249回『英国王のスピーチ』

公開日: : 最終更新日:2014/04/19 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:8
音質:14


映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 5.1ch


○画質
 フィルム撮りかな? と思ったらやはりその通り。
 デジタルで撮ったパリッとした画ではないし、暗部には時としてノイズがざわつくものの、いかにもイギリス然とした仄暗い闇の描写はフィルムならではといったところか。
 ハイビジョンのキャンパスに過不足なく行き渡る程度の情報量は確保されている。

○見どころ
 ローグのオフィスの空気感
 朝のロンドン散歩


○音質
 「声」が大きなテーマの一つなだけあって、ダイアローグの品位の高さは群を抜いて素晴らしい。
 冒頭のスピーチの時点で、本作におけるダイアローグの非凡さはこれでもかというほど示される。
 最終的に発せられる音ばかりではなく、喉の動き、下の動き、唇の動き、唾液の滴りに到るまで、声に関するあらゆる要素が音として収録されている。これだけ高品位なダイアローグは、幾度となく引き合いに出す『レッド・ドラゴン』に勝るとも劣らない。手放しで絶賛できるレベルにある。
 物語は最終的に歴史的な英国王のスピーチへと収束していく。最後のスピーチを最大限輝かせるためにも、かつての吃音を迫真の生々しさで表現することは不可欠だったのだろう。その意識は音声、特にダイアローグに対する並々ならぬ情熱となり、ソフトであるBDも極めて高音質となった。素晴らしいことである。

○聴きどころ
 英国王のスピーチ
 全ての声、舌と喉の動き
 ローグのオフィスで迫真の音で鳴るレコードと、それにかぶさるジョージ6世の朗読


○総評
 「声の素晴らしさ」という点で、初めて『レッド・ドラゴン』に匹敵するソフトが現れた、という印象。
 『レッド・ドラゴン』のオープニングにおけるグラハム捜査官とレクター博士の鬼気迫るダイアローグはBD史上に残る音響ハイライトだと思うが、本作もそれに負けていない。
 何より作品として素晴らしいし、AVの観点からも、高品位なダイアローグを堪能できるという点で逸品である。
 センタースピーカーに何かしら変化を加えた時、『レッド・ドラゴン』や『オペラ座の怪人』、『プライベート・ライアン』と並んで再生したいソフトが増えた。


○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PW10
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Focus200C
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52


BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

LUMIN S1でDSDを聴く

 LUMINファミリーの中でS1にのみ許された「DSD 5.6MHzを聴く」という特権。  せっか

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第146回『ターミネーター4』

画質:9 音質:13 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの16bit。SPEはドルビーを

記事を読む

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満載の特典BD - AV Wat

記事を読む

LUMIN L1 続・音質編

前の記事  前回の試用ではS1との組み合わせだったが、本導入の今となってはA1との組み合わ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第232回『バトルシップ』

お話はさておき。 映像と音響を浴びるための映画。 まさしくシアターのための映画。 「この艦

記事を読む

マランツ、「NA7004」が24bit/192kHz WAV/FLACに対応

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20130527_6

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第107回『AKIRA』

過去→AKIRA→未来 画質:7 音質:15☆ 映像はAVCでビットレートは

記事を読む

【BDレビュー】第292回『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』

画質:8 音質:8 映像:AVC 音声:リニアPCM 5.1ch 16bit

記事を読む

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPhone/androidでも使え

記事を読む

【BDレビュー】第309回『フューリー』

 某アニメを意識して今更取り上げたわけでは……なくはないです。 画質:9 音質:10→1

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑