*

【BDレビュー】 第249回『英国王のスピーチ』

公開日: : 最終更新日:2014/04/19 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:8
音質:14


映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 5.1ch


○画質
 フィルム撮りかな? と思ったらやはりその通り。
 デジタルで撮ったパリッとした画ではないし、暗部には時としてノイズがざわつくものの、いかにもイギリス然とした仄暗い闇の描写はフィルムならではといったところか。
 ハイビジョンのキャンパスに過不足なく行き渡る程度の情報量は確保されている。

○見どころ
 ローグのオフィスの空気感
 朝のロンドン散歩


○音質
 「声」が大きなテーマの一つなだけあって、ダイアローグの品位の高さは群を抜いて素晴らしい。
 冒頭のスピーチの時点で、本作におけるダイアローグの非凡さはこれでもかというほど示される。
 最終的に発せられる音ばかりではなく、喉の動き、下の動き、唇の動き、唾液の滴りに到るまで、声に関するあらゆる要素が音として収録されている。これだけ高品位なダイアローグは、幾度となく引き合いに出す『レッド・ドラゴン』に勝るとも劣らない。手放しで絶賛できるレベルにある。
 物語は最終的に歴史的な英国王のスピーチへと収束していく。最後のスピーチを最大限輝かせるためにも、かつての吃音を迫真の生々しさで表現することは不可欠だったのだろう。その意識は音声、特にダイアローグに対する並々ならぬ情熱となり、ソフトであるBDも極めて高音質となった。素晴らしいことである。

○聴きどころ
 英国王のスピーチ
 全ての声、舌と喉の動き
 ローグのオフィスで迫真の音で鳴るレコードと、それにかぶさるジョージ6世の朗読


○総評
 「声の素晴らしさ」という点で、初めて『レッド・ドラゴン』に匹敵するソフトが現れた、という印象。
 『レッド・ドラゴン』のオープニングにおけるグラハム捜査官とレクター博士の鬼気迫るダイアローグはBD史上に残る音響ハイライトだと思うが、本作もそれに負けていない。
 何より作品として素晴らしいし、AVの観点からも、高品位なダイアローグを堪能できるという点で逸品である。
 センタースピーカーに何かしら変化を加えた時、『レッド・ドラゴン』や『オペラ座の怪人』、『プライベート・ライアン』と並んで再生したいソフトが増えた。


○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PW10
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Focus200C
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52


BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【音源管理の精髄】 サーバーソフトとナビゲーションツリー 【ネットワークオーディオTips】

 サーバーソフト。  サーバーをサーバーたらしめているものの正体。  多くの場合、ネットワー

記事を読む

ネットワークオーディオとOpenHomeとRoon Ready

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  「プレーヤー」に関して言えば、今日にお

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】いつの間にかTwonkyが8になっていた+α

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Twonky

記事を読む

canarino Fils 単体サーバー編 その1

canarino Fils ― デジタル・ファイル再生の原器 ついにデジタル・ファイル再生の原器を

記事を読む

SC-LX59のDTS:X対応アップデート

 10月18日からアップデート開始ということで、どんな風になるのかサポートに確認したところ、18日夕

記事を読む

【音源管理の精髄】 dBpoweramp Tag Editorを使ったDSDのタグ編集 【ネットワークオーディオTips】

Tag&Renameを使ったDSDのタグ編集 Mp3tagを使ったDSDのタグ編集

記事を読む

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブルワイヤレスストリーマー」。

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】BDと歩んだ7年半

 最初に、一番最初に再生したBDはたしか『ステルス』だったような気がする。  発売からあまり間を置

記事を読む

【BDレビュー】 第250回『おおかみこどもの雨と雪』

画質:14 音質:9 映像:AVC 音声:リニアPCM 5.1ch 24bit

記事を読む

【BDレビュー】第254回『GATCHAMAN CROWDS』

鴉-KARAS-繋がりで。 画質:7 音質:7 映像:AVC 音声:リニアP

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑