*

【BDレビュー】 第249回『英国王のスピーチ』

公開日: : 最終更新日:2014/04/19 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:8
音質:14


映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 5.1ch


○画質
 フィルム撮りかな? と思ったらやはりその通り。
 デジタルで撮ったパリッとした画ではないし、暗部には時としてノイズがざわつくものの、いかにもイギリス然とした仄暗い闇の描写はフィルムならではといったところか。
 ハイビジョンのキャンパスに過不足なく行き渡る程度の情報量は確保されている。

○見どころ
 ローグのオフィスの空気感
 朝のロンドン散歩


○音質
 「声」が大きなテーマの一つなだけあって、ダイアローグの品位の高さは群を抜いて素晴らしい。
 冒頭のスピーチの時点で、本作におけるダイアローグの非凡さはこれでもかというほど示される。
 最終的に発せられる音ばかりではなく、喉の動き、下の動き、唇の動き、唾液の滴りに到るまで、声に関するあらゆる要素が音として収録されている。これだけ高品位なダイアローグは、幾度となく引き合いに出す『レッド・ドラゴン』に勝るとも劣らない。手放しで絶賛できるレベルにある。
 物語は最終的に歴史的な英国王のスピーチへと収束していく。最後のスピーチを最大限輝かせるためにも、かつての吃音を迫真の生々しさで表現することは不可欠だったのだろう。その意識は音声、特にダイアローグに対する並々ならぬ情熱となり、ソフトであるBDも極めて高音質となった。素晴らしいことである。

○聴きどころ
 英国王のスピーチ
 全ての声、舌と喉の動き
 ローグのオフィスで迫真の音で鳴るレコードと、それにかぶさるジョージ6世の朗読


○総評
 「声の素晴らしさ」という点で、初めて『レッド・ドラゴン』に匹敵するソフトが現れた、という印象。
 『レッド・ドラゴン』のオープニングにおけるグラハム捜査官とレクター博士の鬼気迫るダイアローグはBD史上に残る音響ハイライトだと思うが、本作もそれに負けていない。
 何より作品として素晴らしいし、AVの観点からも、高品位なダイアローグを堪能できるという点で逸品である。
 センタースピーカーに何かしら変化を加えた時、『レッド・ドラゴン』や『オペラ座の怪人』、『プライベート・ライアン』と並んで再生したいソフトが増えた。


○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PW10
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Focus200C
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52


BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第288回『アメリカン・スナイパー』 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:12 映像:AVC 音声:Dolby Atmos ○

記事を読む

【祝】ついにディズニーからUHD BDがリリース――第一弾は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』

James Gunn Confirms Guardians of the Galaxy Vol. 2

記事を読む

SOUND SPHEREでルームチューニングをしてみる

 オーディオを初めてかれこれ8年になるが、恥ずかしながら今の今まで「ルームチューニング」なるものを、

記事を読む

androidでもLUMIN Appが使えるようになったよ

 待ってました。 LUMIN - Google Play  *Best viewed w

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第27回『人狼 JIN-ROH』

押井の趣味丸出しの世界を最高のアニメーターの一人である沖浦啓之がこだわりを持って映像化した作品。

記事を読む

ESOTERIC N-01

エソテリック、最上位ネットワークプレーヤー/USB-DAC「N-01」 - 140万円 - Phil

記事を読む

【BDレビュー】 第234回『パシフィック・リム』 北米盤

居ても立っても居られず 画質:15 音質:15 映像はAVC、音声はDTS-HD

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】Transformers: Age of Extinction ― 世界初のアトモス収録ソフトを“普通に”聴いてみる

 ソフトがなければ何も始まらない。  世界初のDolby Atmos収録ソフト。  それ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第116回『WALL.E』

画質:15☆ 音質:15 映像はAVC、ビットレートは高めで安定。 音声はDTS-HDM

記事を読む

【BDレビュー】 第243回『SHORT PEACE』

 ジーニアスパーティー・ビヨンドのBD化はまだか! まだですか!  (無印は別に……)

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【イベント報告】11/18にダイナミックオーディオ5555でファイル再生のセミナーを行いました

予告編:【イベント情報】11/18(土)にダイナミックオーディオ555

【UHD BDレビュー】第44回『ドラキュラ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

UHD BDはこの先生きのこれるか

DEGジャパン、4KのUHD BDは「4K Ultra HDブルーレイ

NASやネットワークプレーヤーの設定などを行う訪問サポート

 ……が始まるのだそうだ。 ブライトーン、NASやネットワー

Stereo 2017年12月号で記事を執筆しました

Stereo 2017年12月号 - 音楽之友社 ・20

【朗報】雪

 雪の夜。  防音や遮音の結果生じるものとは異次元の静寂

【悲報】雪

 夜行バスでセミナーから帰ってきたらこのありさま。

【UHD BDレビュー】第43回『ワイルド・スピード ICE BREAK』 【DTS:X】

画質:7 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第42回『未知との遭遇』 米国盤

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第41回『ブレードランナー』 【Dolby Atmos】

ようやく昨日2049を見てきました 【BDレビュー】

月刊HiVi 2017年12月号に記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 12月号 11/17発売 半

【BDレビュー】第348回『この世界の片隅に』

画質:9 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

TuneBrowserを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化

 四年ほど前から、TuneBrowserというWindows用の再生ソ

【BDレビュー】第347回『夜明け告げるルーのうた』

画質:8 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

Twonky Server 8.5、WAVのタグが……!

 こないだ、Twonky Serverのバージョンが8.5になった。

【BDレビュー】第346回『BLAME!』 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNTITLED

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan & bohemianvoodoo / color & monochrome 2

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【祝】『ダンケルク』にあわせて『バットマン ビギンズ』・『ダークナイト』・『ダークナイト ライジング』・『インセプション』・『インターステラー』がまとめてUHD BD化

 海外に続き日本でも正式に発表された。 『ダンケルク』の4K

【ハイレゾ音源備忘録】Keishi Tanaka feat. fox capture plan / 透明色のクルージング

・アーティスト / アルバムタイトル Keishi Ta

→もっと見る

PAGE TOP ↑