*

【BDレビュー】第273回『GODZILLA ゴジラ』 北米盤

BDゴジラ
おかえり


画質:10
音質:13☆


映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 7.1ch


○画質
 そつなくまとまった隙のない画。
 情報量は十分、全編通じて画質的に安定しており、実に安心してみていられる。彩度抑えめの重厚な画も作風に相応しい。
 闇夜がかなりの時間を占めるが、闇の中にあっても目障りになるようなノイズは見られない。闇の中に舞い上がる粉塵といった厳しいシーンにあっても、抜群の安定感を維持して諧調が破綻することもない。
 総じて高品質でケチの付けどころのない仕上がり。
 が、あえて文句を言うなら、4K撮影に期待されるぎょっとするような情報量とそれに伴う精細感までは拝めなかったことか。あとちょっと夜のシーン多すぎ。ゴジラの造形の髄の髄まで見尽してやろうと思ったが、そこまでは叶わなかった。

○見どころ
 ゴジラ

○音質
 正直に言わねばなるまい。
 負けた。
 何が負けたって、私の部屋が負けた。凄まじい低音に負けた。具体的にはソフトラックが鳴いた。サブウーファーを使っていないのにこのザマだ。
 パシフィックリムのKAIJUになど負けてなるものか、我こそ怪獣王ぞとの咆哮が響き渡る。体を揺らし、足を踏み出すだけで天地が震撼する。傲然と轟く音のうねりに叩きのめされる。ゴジラだけではなく、MUTOが吐き出す音も素晴らしいの一言。とてつもなく巨大な、人智を凌駕する存在が、音としてあらゆるシーンに横たわる。怪獣が織り成す驚天動地の音像は、音こそが映画を面白くするのだという事実を思い知らせてくれる。あぁ、平成ガメラ……
 本作の音に、ある種の懐かしさを覚えたのも確かだ。プライベート・ライアン以降の映画音響、点と線を緻密に多層に積み上げていくことで得られる精妙なる音空間ではなく、小細工を排し、あらゆる方向から全力で威力を浴びせかける、あの音。インデペンデンス・デイを思い出す。
 が、その威力はKAIJUの比ではない。十分な精緻さも併せ持ったうえでなおこの威容。再生機器ばかりでなく、部屋の能力を浮き彫りにすること必至。私の場合も、部屋を何とかしないと完全な形での評価はできないと判断した。よって、現状では13☆として後に含みを残しておく。

○聴きどころ
 怪獣のあらゆる挙動


○総評
 日本盤が発売されたらAV各誌で特集必至だろう。
 見て良し、聴いて良し。AV的なチャレンジにも最適だ。
 ちなみに3Dは(どうでも)いいです。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PW10
Nmode X-PW1 ×3
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Focus200C
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第275回『How to Train Your Dragon 2 / ヒックとドラゴン 2』 北米盤

みんな立派になって……(感涙 画質:10 音質:9 映像:AVC 音声:

記事を読む

アイ・オー・データからついに本気のオーディオサーバーが出るようだ

【音展2014】個人的ハイライト① アイ・オー・データのオーディオNAS参入  一年経ってつい

記事を読む

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢

 ネットワークオーディオの三要素がある。  『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』

記事を読む

【BDレビュー】327回『キャビン』

 夏、熱すぎて無性にホラー映画が見たくなって買った。 画質:8 音質:8 (評価の詳細

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】JRiver Media Centerのコントロールアプリ 『JRemote』

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。  マウスをカチカチもしたくない。  要は、オー

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第148回『攻殻機動隊S.A.C 2nd GIG』

画質:13 音質:10 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bit 画質に

記事を読む

【一周年】これまでのPV上位10記事

 この一年間の集計。  データはGoogle Analyticsより。  ちなみにトップページは

記事を読む

音展のおみやげ:NVSのでかくて太くて重いケーブル

 LUMIN A1の本体と外部電源を繋ぐNVS製ケーブルの試作品を借りてきた。  でかい。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第219回『電脳コイル』

この時代において攻殻機動隊を再解釈して再構築したとも言える傑作 画質:9 音質:10

記事を読む

【BDレビュー】第315回『アントマン』

画質:9 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

→もっと見る

PAGE TOP ↑