*

【BDレビュー】第273回『GODZILLA ゴジラ』 北米盤

BDゴジラ
おかえり


画質:10
音質:13☆


映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 7.1ch


○画質
 そつなくまとまった隙のない画。
 情報量は十分、全編通じて画質的に安定しており、実に安心してみていられる。彩度抑えめの重厚な画も作風に相応しい。
 闇夜がかなりの時間を占めるが、闇の中にあっても目障りになるようなノイズは見られない。闇の中に舞い上がる粉塵といった厳しいシーンにあっても、抜群の安定感を維持して諧調が破綻することもない。
 総じて高品質でケチの付けどころのない仕上がり。
 が、あえて文句を言うなら、4K撮影に期待されるぎょっとするような情報量とそれに伴う精細感までは拝めなかったことか。あとちょっと夜のシーン多すぎ。ゴジラの造形の髄の髄まで見尽してやろうと思ったが、そこまでは叶わなかった。

○見どころ
 ゴジラ

○音質
 正直に言わねばなるまい。
 負けた。
 何が負けたって、私の部屋が負けた。凄まじい低音に負けた。具体的にはソフトラックが鳴いた。サブウーファーを使っていないのにこのザマだ。
 パシフィックリムのKAIJUになど負けてなるものか、我こそ怪獣王ぞとの咆哮が響き渡る。体を揺らし、足を踏み出すだけで天地が震撼する。傲然と轟く音のうねりに叩きのめされる。ゴジラだけではなく、MUTOが吐き出す音も素晴らしいの一言。とてつもなく巨大な、人智を凌駕する存在が、音としてあらゆるシーンに横たわる。怪獣が織り成す驚天動地の音像は、音こそが映画を面白くするのだという事実を思い知らせてくれる。あぁ、平成ガメラ……
 本作の音に、ある種の懐かしさを覚えたのも確かだ。プライベート・ライアン以降の映画音響、点と線を緻密に多層に積み上げていくことで得られる精妙なる音空間ではなく、小細工を排し、あらゆる方向から全力で威力を浴びせかける、あの音。インデペンデンス・デイを思い出す。
 が、その威力はKAIJUの比ではない。十分な精緻さも併せ持ったうえでなおこの威容。再生機器ばかりでなく、部屋の能力を浮き彫りにすること必至。私の場合も、部屋を何とかしないと完全な形での評価はできないと判断した。よって、現状では13☆として後に含みを残しておく。

○聴きどころ
 怪獣のあらゆる挙動


○総評
 日本盤が発売されたらAV各誌で特集必至だろう。
 見て良し、聴いて良し。AV的なチャレンジにも最適だ。
 ちなみに3Dは(どうでも)いいです。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PW10
Nmode X-PW1 ×3
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Focus200C
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証 2014 『ChorusDS』

コントロールアプリの検証 2014 『ChorusDS HD』  今度はiPhone版。  

記事を読む

【アプリ紹介】Songbook Lite iPad版 version4.1.0検証

※この記事のデータ等は基本的に2012年5月12日時点のものです SongBook L

記事を読む

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server  日本未上

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第60回『28週後…』

画質:8 音質:10 映像はAVCで30台中心のハイビットレート。 音声はDTS-HDM

記事を読む

ネットワークオーディオのコントロールアプリに高解像度のアルバムアートを表示する、そこに到る長い道のり

※2015/09/12追記※ この記事は私が呼ぶところの「トンキー病」との出会いについて書いた

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第125回『ヘルボーイ ゴールデン・アーミー』

画質:13 音質:15 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit・7.1ch。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第142回『七人の侍』 東宝盤

画質:5 音質:無評価 映像はAVC、音声はモノラルで見たのでそれ以外は不明。5.1chド

記事を読む

【おしらせ・再】音展2015に参加します

 しかも今回は出番が増えたようです。 ネットワークオーディオ実践セミナー・音展スペシャル

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 鷺巣詩郎 / NEON GENESIS EVANGELION

・アーティスト / アルバムタイトル 鷺巣詩郎 / NEON GENESIS EVANGELION

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第53回『ブレイブストーリー』

画質:5 音質:2 映像はMPEG-2でビットレートは精々20Mbps。 音声はドルデジ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

月刊HiVi 2018年1月号を読んで、ホームシアターでゲームをしよう!【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 1月号 12/16発売 

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑