*

【AV史に残るBD勝手に10選】第9位『イノセンス』 ― リニアPCM7.1chの衝撃

BDイノセンス
写真はアブソリュート・エディションのもの。


【BDレビュー】第8回『イノセンス』
【BDレビュー】第76回『イノセンス』アブソリュート・エディション


 DVDを買った時から思っていたことだが、そもそも『イノセンス』という作品の映像は、DVDに対してオーバースペックだった。
 これまたBDの最初期にイノセンスが発売されることになった時、小躍りして喜んだ記憶がある。BDという器を得て、ようやくイノセンスの真の姿が見られるのだと。
 そうして現れた『イノセンス』のBDは、想像をはるかに越えたクオリティを見せつけた。

 『イノセンス』は日本のアニメの中でも特異な立ち位置にある作品である。妄執に近いレベルで描き込まれた映像のディティールは他に例を見ない。
 ハイライトは中盤の祭礼シーンだろう。黄金の背景に溢れ出る極彩色が、迸るディティールを描き出す様は圧巻そのものであり、見た者を問答無用で「すげぇ!」とうならせる力がある。このシーンを映像機器のリファレンスとして使った人も多いのではなかろうか。兎にも角にも、“絶対にDVDでは不可能な、BDでなければ実現できない次元”を魅せてくれた。
 『イノセンス』のBDが画質面で果たした役割はもう一つある。それは「フィルムグレイン」の存在を明確に意識させたことである。
 本来、デジタル制作のアニメにはフィルムグレインなど存在しない。そもそもフィルムが介在しないのだから当然の話である。しかし、『イノセンス』は、“映画っぽさを出したい”という監督のよくわからない意向により、“フィルムグレインっぽい”デジタル・フィルターが全編にかけられるようになった。DVDならば圧縮ノイズと容易に溶け合ってしまい、判別がつかなくなってしまう、“映像表現としてのフィルムグレイン”がきちんと見えるのである。『イノセンス』における“フィルムグレイン(っぽいフィルター)”の存在は、デジタル制作のアニメの画=ツルツルピカピカという認識しか持っていなかった私にとって新鮮な衝撃となった。
 ちなみに、このソフトもまたMPEG-2収録である。『キングダム・オブ・ヘブン』にせよ、『イノセンス』にせよ、最初期で高画質なソフトはほとんどMPEG-2収録だったように思う。最大40MbpsというBDの転送レートを最大限活かし、成熟したMPEG-2エンコードをすることにより、当時まだまだ始まったばかりのAVCエンコードのソフトよりも高画質を実現できたのである。

 音声面でまず特筆すべきはそのスペックである。
 ずばり、リニアPCM7.1ch。
 このスペックがいかに凄まじかったか、当時を知る人は懐かしく思い出すことだろう。
 BDというと高画質というのがまず連想されるが、音声もまた、DVDとは根本的な違いがある。
 それは、いわゆる“ロスレス音声”を収録できるということ。つまり、DVD時代は“ロッシー”だったのである(2chならリニアPCMで収録できたが)。BDが登場するまで、DVDに収録されたサラウンド音声は、つまるところmp3に過ぎなかったのである。そして、BDになり、ついに映像メディアはリニアPCM、ドルビーTRUEHD、DTS-HD Master Audioといった、“ロスのない”音声を収録できるようになった。CDとmp3の音質差を知る人なら、これがどれだけ画期的なことかわかってもらえるはずだ。
 また、7.1chという数字。
 ドルビーデジタルEX、あるいはDTS-ESの6.1chが精々だったDVDに対し、BDは7.1ch収録可能ということも実は大きな違いだった。
 そこに、最初期においていきなりリニアPCMの7.1chというスペックを引っ提げて登場したイノセンスの衝撃は実に大きかった。
 リニアPCM7.1chのビットレートは6.1Mbps。音声だけで、DVDの映像レートに匹敵するレベルである。

 しかし、BD黎明期には大きな問題があった。
 ハードがまるで揃っていなかったのである。
 BDプレーヤーとして巨大な役割を果たしたPS3は発売当初ドルビーTRUEHDとDTS-HD Master Audioをそのままでは再生できなかった(ドルビーデジタル、あるいはDTSでの再生になってしまう)し、またロスレス音声を聞くためにはAVアンプも最新モデルへの買い替えが必要だった。ハードばかりが先行している昨今の4K事情とは大違いである。
 そんななか、『イノセンス』の音声はリニアPCM7.1ch。PS3で再生可能である。しかも、当時私が使っていたAVアンプはSonyの銘機(と言っていいと思う)TA-DA3200ES。HDMI経由でのリニアPCM7.1ch入力に対応する、一世を風靡したAVアンプである。幸いにして、『イノセンス』の真価を発揮させられる環境だった。
 肝心の音も、かの『スター・ウォーズ』の音響を担当するスカイウォーカー・サウンドの冴え渡る職人芸が、全編に渡って躍動する素晴らしいもの。根本的に、日本のスタジオで作る音とは次元が違う。『イノセンス』以降、監督の押井守は自分の作品の音響はスカイウォーカー・サウンドに依頼するようになったが、そうしたくなる気もよくわかる。
 肝心の音自体は『ステルス』や『キングダム・オブ・ヘブン』といった、音に優れたソフトと比較して特段優位だったわけではないが、『イノセンス』がBDの、特に“音”の可能性を見せるという点で果たした意義は大きい。
 今でこそ大作映画は7.1ch収録のソフトも多くなったが、その遥か以前、BDの最初期において『イノセンス』がリニアPCM7.1chという、BDだからこそ実現できた音声スペックを提示したことは、AV史的に長く記憶されるべきであろう。

 なお、後に映像をAVC、音声をドルビーTRUEHDとDTS-HD Master Audioに変更した『アブソリュート・エディション』が発売になった。
 画も音も明らかにグレードアップし、『イノセンス』は今もなおトップクラスの品質を維持している。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

ネットワークオーディオの魔境を往く

 【音源管理の精髄】の「はじめに」において、私はネットワークオーディオの基礎基本となるノウハウの提供

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第150回『ブレイブハート』

画質:12 音質:10 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質につい

記事を読む

【BDレビュー】第260回『Frozen / アナと雪の女王』 北米盤

画質:15☆ 音質:15 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Au

記事を読む

MELCO Digital Music Library range NEW

MELCO Digital Music Library range NEW  ん?

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Marvin Gaye / The Marvine Gaye Collection

・アーティスト / アルバムタイトル Marvin Gaye / The Marvine Gaye

記事を読む

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事 エソテリック、ネットワークオ

記事を読む

LUMIN A1を試す・導入編

 DAC2 HGCは素晴らしいDACだ。  USB入力もあるし、「ネットワークオーディオはコントロ

記事を読む

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is delivering master-qualit

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第51回『アルティメット』

画質:11 音質:8 映像はAVCでビットレートは30Mbps台を中心に推移。しょっちゅう

記事を読む

言の葉の穴・三周年

 もう三年も経ったのか。  我ながらよく続いているものだと思わなくもない。  そして、結局三

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

月刊HiVi 2017年9月号から連載が始まりました

月刊HiVi 9月号 8/17発売 特集「有機ELテレビ読本2

【UHD BDレビュー】第15回『レヴェナント: 蘇えりし者』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/30初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第14回『Sicario / ボーダーライン』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/21初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第13回『ローン・サバイバー』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【地元探訪・神様セカンドライフ編】元稲田神社/あぐりこ稲荷(羽後町杉宮)

神様セカンドライフ 66話「あぐりこ稲荷」  雄勝郡の稲荷オ

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/17初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/04初出の記事を更新・

【ハイレゾ音源備忘録】結城アイラ / decade wind(NetAudio27付録) 【768kHz/32bit】

・アーティスト / アルバムタイトル / 曲タイトル 結

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/10/07初出の記事を更新・

SOtM sMS-200でMinimServerとBubbleUPnP Serverが使えるようになった

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 【レビュー】SO

【UHD BDレビュー】第3回『キング・オブ・エジプト / GODS OF EGYPT』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第2回『デッドプール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第1回『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/28初出の記事を更新・

LUMINのプレーヤーがついにMQAに対応

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpo

→もっと見る

PAGE TOP ↑