*

リファレンスBD10選・音質編

 オーディオ・ビジュアルの領域において、ハードの画質音質を評価するためにはソフトが必要になり、ソフトの画質音質を評価するためにはハードが必要になる。

 私は頻繁にハードを買い替えられるような資金力など持ち合わせていないため、ハードはある程度固定されている。特に現在使用しているスピーカーについては、数年やそこらで移り変わるものではない。
 しかし、ディスプレイ(テレビまたはプロジェクター)やAVアンプなど、相対的に買い替えサイクルが短いハードについては、個人的に評価する機会もそれなりに多い。

 今まではその時々でなんとなく思い付いたソフトを片っ端から試していたわけだが、いかんせんそれでは統一された視点から評価できない。
 そこで、AVに使う音響機器における他ならぬ私自身の評価基準とするため、音質のリファレンスとして用いるBDを選ぶことにした。BDの本格的なローンチから10年目を迎えて、今まで評価してきたBDの総決算をするという意味もある。

 というわけで、音質編である。
 死ぬほど悩んで、悩んで、悩んで、この10本を選出した。


20160319音質リファレンス10選


 なお、視聴はピークで100dBほどの音量で行っている。



『鴉 -KARAS-』

 日本代表。
 主な聴きどころはチャプター1、オープニング。
 私のサラウンド原体験であり、腐るほど見てきたゴールデン・リファレンス。
 国産作品ではそうそう体験できない露骨かつ猛烈なサラウンドの活用と移動感、壮麗な劇伴と効果音の絡み、どれだけの興奮を生み出せるか。



『ヘアスプレー』

 あらゆる音楽ものの代表として。
 主な聴きどころはチャプター18~19、あるいは特典のミュージック・チャプターから、You Can’t Stop The Beat。
 心躍るテンションと完璧の調和の元に7.1chから炸裂する音楽と歌声。
 体を動かしたくならなければ真実ではない。



『ブレイブハート』

 人馬と剣戟の音の代表として。
 主な聴きどころはチャプター11、スターリングの戦い。
 モロ出し→矢の斉射→ケツ出し→矢の斉射→騎馬突撃の一連の流れは映像的にも音響的にも最高のシーンのひとつ。静から動へ、劇伴の展開とともに徐々に徐々に重苦しく激しく迫り来る騎馬との激突から、両軍入り乱れての死闘をいかに鬼気迫る音で聴かせるか。
 あとはチャプター21、至高のクライマックスで音楽再生の実力を端的に試すのもいい。
 本作は画質においてもリファレンスたり得るが、涙を呑んで音質で選出した。



『プライベート・ライアン』

 もはや説明不要、ありとあらゆる戦場音の代表として。
 主な聴きどころはチャプター2~4、オマハ・ビーチ上陸戦。
 現代的なマルチチャンネル・サラウンドを構成するすべての音要素が最高の構築美と最大の威力で詰め込まれている。
 チャプター16~18の対戦車市街地戦も壮絶で、音のバリエーションはむしろこちらの方が豊富。



『英国王のスピーチ』

 「声」の代表として。
 主な聴きどころはチャプター17、世紀のスピーチ。
 生体器官が出す声のあらゆる質感を克明に捉えた圧巻の作品。世紀のスピーチにおいては、劇伴との絡みとともに、シーンごと(収録現場か、ラジオからの音声か、どこのラジオか……)の声の質感の描き分けを聴く。



『ローン・サバイバー』

 音響構築の究極例として。
 主な聴きどころはチャプター7、遭遇からの銃撃戦。
 銃撃の威力はもちろんだが、極まった空間の精密さ・包囲感・定位感、そして冷徹なまでの精緻さが生み出す絶望感を聴く。
 本作は画質においてもリファレンスたり得るが、涙を呑んで画質で選出した。



『GODZILA』(北米盤)

 物理的にでかい音の代表として。
 主な聴きどころはチャプター10~11、咆哮と激突。
 問答無用で襲い掛かる激烈な重低音。
 下手な再生環境では、MUTOの前にまずシステムが死に、部屋が負ける。



『AKIRA』

 日本代表その2。
 主な聴きどころはチャプター2~3、欲しけりゃな、お前もデカいのぶんどりな。
 恐るべき威力と構築美を伴って全チャンネルから爆裂し脳内麻薬を噴出させる劇伴「Kaneda」と暴走する金田たち、劇伴「Battle Against Clown」のおどろおどろしさと金田バイクの疾走。
 本作については頭がおかしくなってナンボである。



『ノーカントリー』

 印象深い銃声の代表として。
 主な聴きどころはチャプター8、邂逅。
 ヒュボッ!
 静寂を切り裂く銃撃の威力・鋭さ・重さ、そして何より存在感。スピーカーとアンプの瞬発力が試される。
 空間における銃声の巧みな移動も素晴らしく、サラウンドの確認にも大いに使える。



『レッド・ドラゴン』

 「声」の代表その2。
 主な聴きどころはチャプター1~2、冒頭~オープニング。
 冒頭のオーケストラからしてなかなか迫真の音を聴かせるが、それに続く神経が焼け付くような圧巻のダイアローグが真髄。
 ハンニバル・レクターはただ言葉を聴かせるのみで相手を精神的に支配する術を心得ている。それを単なる設定としてではなく、真に実感させ得る声を再生できるかが問われる。



惜しくも選外
『キングダム・オブ・ヘブン』
『ランボー 最後の戦場』(北米盤)
『U-571』
『インデペンデンス・デイ』
『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』
『善き人のためのソナタ』
『オペラ座の怪人』
『かぐや姫の物語』
『紅の豚』



 UHD BDが登場し、その先に8kが控える画質とは異なり、音質についてはBDでロスレス音声が収録できるようになった時点で行き着いた感がある。
 特に意識したわけではなく、気付けば10本の中にDolby AtmosやDTS:Xといったオブジェクトベース音声のタイトルは入らなかった。とはいえ、仮に環境を構築してフルにオブジェクトベース音声を再生できるようになったとしても、これらのタイトルに取って代わることはたやすいことではない。
 いい画といい音が両立してこそのホームシアターである。
 高画質や大画面だけに注目するのではなく、今後もずっと、音も大切にしていきたい。



リファレンスBD10選・画質編

【BDレビュー】 総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【音源管理の精髄】 ネットワークオーディオにおけるDSD 【ネットワークオーディオTips】

 別にDSDに限った話ではないが、「より高いスペックのハイレゾ音源への対応」という点において、ハード

記事を読む

LUMIN A1のファームアップに初遭遇

 なにぶん初遭遇だったので、備忘録として。  いつものようにLUMIN Appを使って

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第112回『許されざる者』

画質:8 音質:8 映像はVC-1でビットレートは高くて20Mbps程度。旧きワーナー仕様

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 <HIGH END

記事を読む

UHD BDのローンチと今後の【BDレビュー】について

 3月1日を迎え、とうとうタイトルが発売されたUHD BD。  既にアメリカから輸入して実際に見た

記事を読む

【ホームシアターでゲームをしよう!】はじめに

 今後【ホームシアターでゲームをしよう!】のタイトルで連載予定。 ホームシアターでゲームをしよ

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 <HIGH END

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第9位『イノセンス』 ― リニアPCM7.1chの衝撃

写真はアブソリュート・エディションのもの。 【BDレビュー】第8回『イノセンス』 【

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第42回『バイオハザード』

ゾンビ映画見ながら食べるハヤシライスおいしいです^^ 1作目。リッカーのCGが凄まじく

記事を読む

『アニソンオーディオ』を買ってみた

 しかし、こんな企画がきちんと通るようになったとはたまげたなぁ……  まぁ、ハイレゾ音

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. HD105cinema より:

    初めまして、こんにちは。
    BDレビューブログ参考にしております。 
    BDレビュー10作品「鴉、英国王のスピーチ」以外は視聴してますが、「鑑定士と顔の無い依頼人」をレビューして無い様なのでオススメします。
    近年、最高音質映画だと個人的に思っております。
    お時間が有る時に視聴してみて下さい。

    • sakakihajime より:

      HD105cinemaさん

      作品との出会いをありがとうございます。
      画質音質云々はさておいて面白そうなので見てみます。
      ジェフリー・ラッシュは英国王のスピーチにも出ていますが、どうやらソフトの音に恵まれているようです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑