*

【BDレビュー】 第184回『グラディエーター』 国内盤&独盤

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

海外では旧版から新装版への無償交換までしたとかなんとか。
でも日本では発売元にクソほどのやる気もないのか、待てど暮らせど一向に対応する様子も無いので結局輸入。
ちなみに輸入したものは独盤。10周年記念エディションということらしい。


画質 旧版:7 新装版:9  音質:10


映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit ココは共通

画質について
旧版:
デジタルデータに起こした時点で情報量が少ないのが明らかで、そのくせBD化に際してとりあえず見栄えを良くしようと安直かつ過剰にシャープネスをかけており、まるで出来の悪いDVDのように見える。ローマのコロシアムの一回目、戦車が走り出てくるカットなどはむごたらしい有様である。
不自然な輪郭強調に加えて白飛びも著しく、この二つが原因で細やかなディティールが見事につぶれてしまっている。これは特に武器や鎧の金属光沢や質感においてはなはだしい。
暗いシーンではこれらの弊害はあまり目立たない。フィルム撮りのくせに、明るい場面よりも暗い場面の方が全ての面で高画質という面白い画。つまるところ、ソフト化における失敗作。
全体的にはハイビジョンとして及第点だと思うが、とにかく輪郭強調と白飛びで全て台無しになっているという印象を受ける。
海外新装版:
まず、旧版も新装版も、エンコード前の大元のデジタルデータは同じものだと思う。
旧版がやっつけ仕事で適当にBDをこしらえたのに対し、こちらは丁寧にじっくりとお色直しを行った、という印象。
輪郭協調と白飛びはすっかり洗い落とされ、コントラストは再調整され、色味も旧版のどこか白けた具合からずいぶんと濃厚な方向にシフトしている。結果としてDVDに毛が生えたようながっかり画質から、壮麗重厚にして十分高画質と推奨できるレベルになった。
しかし、高画質になったとは言ってもあくまで“丁寧なお色直し”というレベルにとどまっているのも事実。旧版に比べれば見違えるように素晴らしい画ではあるものの、やはりコロシアムのシーンなどでは情報量的に厳しいカットも散見される。
フィルムスキャンからやり直して、あと一回くらい変身を残しているような気がしてならない。
旧版と新装版の比較写真でも貼りたいところだが、以前画面写真を貼ったら運営からNGを食らったのでその辺は無し。参考としていつも挙げているBlu-ray.comに掲載されているものをご覧いただきたい。
見どころ:
冒頭・ゲルマンの森
コロシアム一回目・入場からぐるりとカメラが回るシーン

音質について
グラディエーターのDVDが発売された頃はちょうどDVDの流行り始めにして、サラウンドの流行り始めだったような記憶がある。で、グラディエーターはサラウンドデモでも頻繁に使われていたような記憶がある。
DVDの時点で散々再生したソフトだが、やはりBDになると鋭さ、厚み、音数、いずれも別物である。
冒頭の弓矢・カタパルトによる全方位音響に始まり、コロシアムに入ると今度は客席からの歓声による全方位音響となる。分厚い音の包囲網の中で怒号と剣劇が入り混じる。裂けた肉と砕けた骨が吼え猛る。カメラよりも前を横切るハンマーやフレイルの音までサラウンドチャンネルを駆け巡る。そのうえ勇壮なBGMも豪華に吹き抜ける。血沸き肉踊るロマン。
これらのある種大げさな音響はサラウンド黎明期という時代が求めたものなのかもしれない。
聞きどころ:
冒頭
ぐるんぐるん回るフレイル



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第311回『ビッグ・アイズ』

画質:11 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:ドル

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第5位『眠れる森の美女』 ― 50年越しの奇跡

【BDレビュー】第90回『眠れる森の美女』  奇跡。  奇跡としか言いようが

記事を読む

【レビュー】逢瀬 WATERFALL Power 400 外観編

【レビュー】逢瀬 AK4495S試作DAC 外観編  DACと一緒にパワーアンプもお借りした。

記事を読む

センタースピーカーの次はサブウーファーか!

 ホームシアターのマルチチャンネル・サラウンド再生においてセンタースピーカーは極めて重要である。「台

記事を読む

【UHD BDレビュー】第3回『キング・オブ・エジプト / GODS OF EGYPT』 北米盤 【DTS:X】

 記念すべき初UHD BD、2本の内の1本。  邦題はキングだが原題はゴッド。 画質

記事を読む

【BDレビュー】第256回『機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編』

Iとまったく同じなら三部作をわざわざ分けることもないと思ったが、やはり微妙に違うようだ。

記事を読む

ECLIPSE TD307MK2Aで音楽を聴く

【Dolby Atmos/DTS:X】トップスピーカーの選択②―― ECLIPSE TD307MK2

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / サラ-プレミアム・セレクション

・アーティスト / アルバムタイトル サラ・オレイン / サラ-プレミアム・セレクショ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第179回『特攻野郎Aチーム』

画質:7 音質:7 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について。

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://youtu.be/zJ9aE-C

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑