*

【BDレビュー】第309回『フューリー』

公開日: : 最終更新日:2016/05/27 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

 某アニメを意識して今更取り上げたわけでは……なくはないです。


画質:9
音質:10→15
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 5.1ch


○画質
 素晴らしいフィルムの画。
 情報量や解像感など、現代の画質に求められる諸条件を完全にクリアしているからこそ、「フィルムならでは」の味わいが活きる。フィルムグレインはそれほど積極的に姿を見せず、雰囲気の下支え程度。
 青空すらまるで姿を見せず、全編通じて、鈍く沈痛な質感の中で物語が進行する。
 コントラストはかなり浅め。それでいて諧調は非常に稠密。狭い輝度レンジの中に情報量と諧調がぎっしりと詰め込まれているため、視覚的な満足度はかなり高い。物語の主役である戦車それ自体のディテールや、戦場の汚濁をすべて見渡せる情報量が確保されている。
 一方で到るところで黒浮きが見られるが、戦車内の薄暗がりの表現など、コレは狙ってやったものなのだろう。ただ、結果としてプライベート・ライアンに見られたような画の凄みまでは感じることはできなかった。

○見どころ
 戦車 


○音質
 マルチチャンネル・サラウンドの活用度としては満点。至近距離を徹甲弾が掠めていく様などはマルチチャンネル・サラウンドの本領発揮である。
 ただ、残念なことに、致命的に戦車に関連する音が軽い。鋭さは十分だが、軽い。サブウーファーがないせい? そうは思いたくないが。
 超重量を動かすキャタピラーが轟音と共に大地を軋ませ、戦車砲の一撃で空気が揺れる……的な体験を期待したのだが、いかんせん、軽いのである。これがリアルなのだと言われてしまえば立つ瀬がないが、もっと凄まじい音響体験をしたかったのも確か。
 ちょっと納得がいかずプライベート・ライアンの終盤の市街地での戦車戦を見てみたが、「そうそうコレだよコレ!」と思ってしまった。さすがに比べる相手が悪すぎる気もしないではないが、やっぱり、音響的にもっと戦車に活躍してほしかった。
 戦車砲よりも機関銃の方が音数的にも威力的にも印象に残るというのは正直どうなんだろう。

【サブウーファー導入後】
 あらゆる鉄火が別物に化けた。
 超重量を動かすキャタピラーが轟音と共に大地を軋ませ、戦車砲の一撃で空気が揺れる、まさに求めていた通りの完璧かつ最上級の戦場音響へと変貌を遂げた。
 まさしくLFEとサブウーファーの意義を体現する作品である。

○聴きどころ
 ティーガー
 機関銃 


○総評
 素晴らしい画質と極め付きの音質を備えた超優秀盤。
 某アニメ……もといガルパンの劇場版の音響はマッドマックスを参考にしたとのことだが、同じく戦車を扱った作品として、フューリーと比べてどうなのか気になるところである。


○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.0ch)
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 【RoonReady】

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編  上

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第13回『スパイダーマン2』

怪奇蜘蛛男    VS. 豪力蛸博士 二作目です。MJが金髪になってます。さて、どんな

記事を読む

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』こそがネットワークオーディオの

記事を読む

【システム】 Pioneer SC-LX85

 Marantz PS4500 → Sony TA-DA3200ES → Marantz SR600

記事を読む

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 SF

記事を読む

ジャングルジムのような何かを作った

 …………  …………!  …………!!

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第42回『バイオハザード』

ゾンビ映画見ながら食べるハヤシライスおいしいです^^ 1作目。リッカーのCGが凄まじく

記事を読む

Amare Musica DIAMOND Music Server

 日本に上陸していないネットワークオーディオ関連機器をなんとなく紹介するシリーズ。  本機について

記事を読む

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢

 ネットワークオーディオの三要素がある。  『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第46回『プレステージ』

ミュータントの人とガン=カタの人が火花を散らす映画です。 ガン=カタの人はターミネーターの新シ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突! OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

【UHD BDレビュー】第31回『キング・コング:髑髏島の巨神』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

【UHD BDレビュー】第30回『ハクソー・リッジ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:15☆ (評価の詳細についてはこの記事

【UHD BDレビュー】第29回『許されざる者』 米国盤

【BDレビュー】第112回『許されざる者』 画質

→もっと見る

PAGE TOP ↑