*

【BDレビュー】第309回『フューリー』

公開日: : 最終更新日:2016/05/27 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

 某アニメを意識して今更取り上げたわけでは……なくはないです。


画質:9
音質:10→15
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 5.1ch


○画質
 素晴らしいフィルムの画。
 情報量や解像感など、現代の画質に求められる諸条件を完全にクリアしているからこそ、「フィルムならでは」の味わいが活きる。フィルムグレインはそれほど積極的に姿を見せず、雰囲気の下支え程度。
 青空すらまるで姿を見せず、全編通じて、鈍く沈痛な質感の中で物語が進行する。
 コントラストはかなり浅め。それでいて諧調は非常に稠密。狭い輝度レンジの中に情報量と諧調がぎっしりと詰め込まれているため、視覚的な満足度はかなり高い。物語の主役である戦車それ自体のディテールや、戦場の汚濁をすべて見渡せる情報量が確保されている。
 一方で到るところで黒浮きが見られるが、戦車内の薄暗がりの表現など、コレは狙ってやったものなのだろう。ただ、結果としてプライベート・ライアンに見られたような画の凄みまでは感じることはできなかった。

○見どころ
 戦車 


○音質
 マルチチャンネル・サラウンドの活用度としては満点。至近距離を徹甲弾が掠めていく様などはマルチチャンネル・サラウンドの本領発揮である。
 ただ、残念なことに、致命的に戦車に関連する音が軽い。鋭さは十分だが、軽い。サブウーファーがないせい? そうは思いたくないが。
 超重量を動かすキャタピラーが轟音と共に大地を軋ませ、戦車砲の一撃で空気が揺れる……的な体験を期待したのだが、いかんせん、軽いのである。これがリアルなのだと言われてしまえば立つ瀬がないが、もっと凄まじい音響体験をしたかったのも確か。
 ちょっと納得がいかずプライベート・ライアンの終盤の市街地での戦車戦を見てみたが、「そうそうコレだよコレ!」と思ってしまった。さすがに比べる相手が悪すぎる気もしないではないが、やっぱり、音響的にもっと戦車に活躍してほしかった。
 戦車砲よりも機関銃の方が音数的にも威力的にも印象に残るというのは正直どうなんだろう。

【サブウーファー導入後】
 あらゆる鉄火が別物に化けた。
 超重量を動かすキャタピラーが轟音と共に大地を軋ませ、戦車砲の一撃で空気が揺れる、まさに求めていた通りの完璧かつ最上級の戦場音響へと変貌を遂げた。
 まさしくLFEとサブウーファーの意義を体現する作品である。

○聴きどころ
 ティーガー
 機関銃 


○総評
 素晴らしい画質と極め付きの音質を備えた超優秀盤。
 某アニメ……もといガルパンの劇場版の音響はマッドマックスを参考にしたとのことだが、同じく戦車を扱った作品として、フューリーと比べてどうなのか気になるところである。


○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.0ch)
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオTips・実践編】 NASをサーバーとして使う/Twonky

 TwonkyはPCでも動く。コレ重要。  さて、Twonkyが入っているNASとして間違いな

記事を読む

【音源管理の精髄】 DSDについて 【ネットワークオーディオTips】

 技術詳細はwikiへ。  Direct Stream Digital / Wikipedia

記事を読む

【BDレビュー】第256回『機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編』

Iとまったく同じなら三部作をわざわざ分けることもないと思ったが、やはり微妙に違うようだ。

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】ヘラクレス堕つ

ドルビーアトモス第2弾 ! 『ヘラクレス』 (3D/2D Blu-Ray with Dolby At

記事を読む

【BDレビュー】第297回『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』

 完結がいつになるのかまったくわからなくなった記念。 画質:9 音質:9

記事を読む

【オブジェクトベースシアターへの道】DTS:X!!!

 やっぱりというか案の定というか想像通りというか、CES2015においてDTSからもオブジェクトベー

記事を読む

ネットワークオーディオプレーヤーにディスプレイは必要か

 私の持論としては「そんなもん要らん」。  どれだけ立派なディスプレイが付いていたところで、現実的

記事を読む

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

 いわゆるPCオーディオにせよ、いわゆるネットワークオーディオにせよ、両者の根幹には共通して、デジタ

記事を読む

【システム】 OPPO BDP-103

 以前に使っていたBDPはパナソニックのDMP-BDT900。  特に画質音質で不満があるわけでは

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 NEW CONST

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑