*

【BDレビュー】第309回『フューリー』

公開日: : 最終更新日:2016/05/27 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

 某アニメを意識して今更取り上げたわけでは……なくはないです。


画質:9
音質:10→15
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 5.1ch


○画質
 素晴らしいフィルムの画。
 情報量や解像感など、現代の画質に求められる諸条件を完全にクリアしているからこそ、「フィルムならでは」の味わいが活きる。フィルムグレインはそれほど積極的に姿を見せず、雰囲気の下支え程度。
 青空すらまるで姿を見せず、全編通じて、鈍く沈痛な質感の中で物語が進行する。
 コントラストはかなり浅め。それでいて諧調は非常に稠密。狭い輝度レンジの中に情報量と諧調がぎっしりと詰め込まれているため、視覚的な満足度はかなり高い。物語の主役である戦車それ自体のディテールや、戦場の汚濁をすべて見渡せる情報量が確保されている。
 一方で到るところで黒浮きが見られるが、戦車内の薄暗がりの表現など、コレは狙ってやったものなのだろう。ただ、結果としてプライベート・ライアンに見られたような画の凄みまでは感じることはできなかった。

○見どころ
 戦車 


○音質
 マルチチャンネル・サラウンドの活用度としては満点。至近距離を徹甲弾が掠めていく様などはマルチチャンネル・サラウンドの本領発揮である。
 ただ、残念なことに、致命的に戦車に関連する音が軽い。鋭さは十分だが、軽い。サブウーファーがないせい? そうは思いたくないが。
 超重量を動かすキャタピラーが轟音と共に大地を軋ませ、戦車砲の一撃で空気が揺れる……的な体験を期待したのだが、いかんせん、軽いのである。これがリアルなのだと言われてしまえば立つ瀬がないが、もっと凄まじい音響体験をしたかったのも確か。
 ちょっと納得がいかずプライベート・ライアンの終盤の市街地での戦車戦を見てみたが、「そうそうコレだよコレ!」と思ってしまった。さすがに比べる相手が悪すぎる気もしないではないが、やっぱり、音響的にもっと戦車に活躍してほしかった。
 戦車砲よりも機関銃の方が音数的にも威力的にも印象に残るというのは正直どうなんだろう。

【サブウーファー導入後】
 あらゆる鉄火が別物に化けた。
 超重量を動かすキャタピラーが轟音と共に大地を軋ませ、戦車砲の一撃で空気が揺れる、まさに求めていた通りの完璧かつ最上級の戦場音響へと変貌を遂げた。
 まさしくLFEとサブウーファーの意義を体現する作品である。

○聴きどころ
 ティーガー
 機関銃 


○総評
 素晴らしい画質と極め付きの音質を備えた超優秀盤。
 某アニメ……もといガルパンの劇場版の音響はマッドマックスを参考にしたとのことだが、同じく戦車を扱った作品として、フューリーと比べてどうなのか気になるところである。


○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.0ch)
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・アバック大阪梅田店

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  8月1日と

記事を読む

【RoonReady】Ayre QX-5 Twenty 【Munich HIGH END 2016】

<HIGH END>Ayre、「ES9038PRO」を採用したネットワークプレーヤー「QX-5 Tw

記事を読む

【BDレビュー】第256回『機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編』

Iとまったく同じなら三部作をわざわざ分けることもないと思ったが、やはり微妙に違うようだ。

記事を読む

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド  価値あるソフ

記事を読む

Nmode X-PM7 続・音質編 LモードとHモード

 HモードのX-PM7は素晴らしいスピーカー駆動力を示したが、ホワイトノイズの多さに我慢ならなくなっ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第32回『エネミー・ライン』

また火薬爆薬が過剰な映画です。 私が買った中で初のAVCエンコードの作品だったような。 画質的に

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】続・理想のネットワークオーディオプレーヤーを考える

理想のネットワークオーディオプレーヤーとは?  前回の記事から1年以上が経った。  LU

記事を読む

Leema Acoustics Sirius audiophile music server

 日本未上陸のネットワークオーディオ関連機器をなんとなく紹介するシリーズ。 Leema A

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリのインターフェース/デザインはどのようにあるべきか

 個別検証前にちょっと整理その2。  この記事の続きなので復習。  コントロールアプリの基本

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Carpenters / Singles 1969-1981

・アーティスト / アルバムタイトル Carpenters / Singles 1969-1981

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第41回『ブレードランナー』 【Dolby Atmos】

ようやく昨日2049を見てきました 【BDレビュー】

月刊HiVi 2017年12月号に記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 12月号 11/17発売 半

【BDレビュー】第348回『この世界の片隅に』

画質:9 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

TuneBrowserを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化

 四年ほど前から、TuneBrowserというWindows用の再生ソ

【BDレビュー】第347回『夜明け告げるルーのうた』

画質:8 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

Twonky Server 8.5、WAVのタグが……!

 こないだ、Twonky Serverのバージョンが8.5になった。

【BDレビュー】第346回『BLAME!』 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNTITLED

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan & bohemianvoodoo / color & monochrome 2

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【祝】『ダンケルク』にあわせて『バットマン ビギンズ』・『ダークナイト』・『ダークナイト ライジング』・『インセプション』・『インターステラー』がまとめてUHD BD化

 海外に続き日本でも正式に発表された。 『ダンケルク』の4K

【ハイレゾ音源備忘録】Keishi Tanaka feat. fox capture plan / 透明色のクルージング

・アーティスト / アルバムタイトル Keishi Ta

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan feat. Keishi Tanaka / 透明色のクルージング

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

LUMIN D2

 1じゃない……2だ! http://www.luminmu

さらば、PlugPlayer

 ちょっと今更感が漂う気もするが、やはり決着をつけておかなければ。

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / FRAGILE

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / COVERMIND

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【ハイレゾ音源備忘録】Kygo / Kids in Love

・アーティスト / アルバムタイトル Kygo / Ki

【ハイレゾ音源備忘録】Sam Smith / The Thrill Of It All (Special Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Sam Smith

【イベント情報】11/18(土)にダイナミックオーディオ5555でファイル再生のセミナーを行います

前回 前回の報告  超盛況だった前回を受けて各方面の御理解

【UHD BDレビュー】第40回『猿の惑星:聖戦記』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:12 (評価の詳細については

→もっと見る

PAGE TOP ↑