*

【BDレビュー】 第107回『AKIRA』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

過去→AKIRA→未来


画質:7 音質:15☆



映像はAVCでビットレートは20Mbps前半を中心に推移。
音声はドルビーTRUEHDの24bit、192khz収録。


画質について、まず。



また額縁仕様かよ!
何考えてんだよ!!
何度同じこと繰り返せば気が済むんだよ!!!
なんで画面全体をきちんと使わないんだよ!!!!
ほんとどうしようもねえな。
担当者は一体何を考えてんだ。




で、画質といえば、“オネアミスやパトレイバー1に毛が生えた”程度。
映像それ自体の情報量が多いのでパッと見はそれなりに高画質に見えるものの、実際にはたいしたことはない。
全編に渡って傷、汚れ、ノイズは出放題。一気に甘くなるカットが頻出。ある場面に至っては画面がガタガタに揺れる。それに加えて前述の糞額縁仕様。
’88年の作品ということもあり、フィルムにはキズやゴミがあるが、BDビデオ化にあたっては1から修復作業を行ない、可能な限り取り除いたという。武井プロデューサーは「視聴中に気になるようなノイズは無い。最新のデジタル制作のアニメと比べると違うかもしれないが、逆にフィルムの質感、粒状感を活かした映像になっている」と、仕上がりに自信を見せる。
悪いが、どう考えてもあんたの目は節穴だ。
「キズ・ゴミを可能な限り取り除いた」とか、目が腐ってるとしか思えん。
こんなことまで言って期待させておいて(それでもバンダイビジュアルだし大した期待でもなかったけど)このザマかよ。
そういう大言は最低でも眠れる森の美女と同じレベルの仕事をしてから言えよ。
……とはいえ、暗部はくっきり浮かび上がり、“今まで見えなかったものが見える”というBDの本懐はきちんと果たしてはいる。
結局のところ、バンダイビジュアルにほんの少しでも奇跡を期待したのが間違いだったというだけで、今までを考えればまあ順当な画質に落ち着いたというところか。

音質について。
SUGEEEEEEEEEEEEEEE!!!!
プライベート・ライアン以降の良く出来た映画音響が「空間を構築する」という性格なら、AKIRAの音響はまさに「空間を支配する」。
臨場感という次元ですらない。
真の意味で音がこちら側に干渉してくる。
88年のオリジナルサウンドトラックの時点でこれだけのものを作っていたのかと思うとひたすら驚愕である。
BDという器を得て初めてAKIRAの音響は真の姿に昇華した――この謳い文句は決して間違いではない。ファンの方も、そうでない方も、ただただこの官能領域を味わって欲しいと思う次第。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

さらば、ChorusDS

コントロールアプリの検証 2014 『ChorusDS』 コントロールアプリの検証 2014 『C

記事を読む

【BDレビュー】第280回『RWBY Volume 2』

R.I.P.……  シーズン1の終盤から引き続き、シーズン2の主役は明らかにブレイク=サン

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第166回『美女と野獣』

画質:15 音質:10 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit、7.1ch

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第188回『パットン 大戦車軍団』

画質:10 音質:6 映像はAVC、音声はDTS-HDMA・24bit 画質について

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】宇多田ヒカル / Fantôme

・アーティスト / アルバムタイトル 宇多田ヒカル / Fantôme ・購入元

記事を読む

DLNA解散

DLNA解散。13年で40億台の音・映像のホームネットワーク相互接続を認定 - avwatch

記事を読む

dBpoweramp Release 16

 リッピング&タグ編集&フォーマット一括変換機能のパッケージ、自分にとって理想のライブラリの構築を志

記事を読む

no image

iPad Air諸々

iPad 5ではなく。 とりあえずiPad 3どれくらい早くなってるか、それしか興味なし。

記事を読む

1,000,000PVに想う

 「言いたいことを言える場所を自分で作る」べく、このページを立ち上げたのは約2年前。  かつて

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて 単体サーバー編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

→もっと見る

PAGE TOP ↑