*

【BDレビュー】 第107回『AKIRA』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

過去→AKIRA→未来


画質:7 音質:15☆



映像はAVCでビットレートは20Mbps前半を中心に推移。
音声はドルビーTRUEHDの24bit、192khz収録。


画質について、まず。



また額縁仕様かよ!
何考えてんだよ!!
何度同じこと繰り返せば気が済むんだよ!!!
なんで画面全体をきちんと使わないんだよ!!!!
ほんとどうしようもねえな。
担当者は一体何を考えてんだ。




で、画質といえば、“オネアミスやパトレイバー1に毛が生えた”程度。
映像それ自体の情報量が多いのでパッと見はそれなりに高画質に見えるものの、実際にはたいしたことはない。
全編に渡って傷、汚れ、ノイズは出放題。一気に甘くなるカットが頻出。ある場面に至っては画面がガタガタに揺れる。それに加えて前述の糞額縁仕様。
’88年の作品ということもあり、フィルムにはキズやゴミがあるが、BDビデオ化にあたっては1から修復作業を行ない、可能な限り取り除いたという。武井プロデューサーは「視聴中に気になるようなノイズは無い。最新のデジタル制作のアニメと比べると違うかもしれないが、逆にフィルムの質感、粒状感を活かした映像になっている」と、仕上がりに自信を見せる。
悪いが、どう考えてもあんたの目は節穴だ。
「キズ・ゴミを可能な限り取り除いた」とか、目が腐ってるとしか思えん。
こんなことまで言って期待させておいて(それでもバンダイビジュアルだし大した期待でもなかったけど)このザマかよ。
そういう大言は最低でも眠れる森の美女と同じレベルの仕事をしてから言えよ。
……とはいえ、暗部はくっきり浮かび上がり、“今まで見えなかったものが見える”というBDの本懐はきちんと果たしてはいる。
結局のところ、バンダイビジュアルにほんの少しでも奇跡を期待したのが間違いだったというだけで、今までを考えればまあ順当な画質に落ち着いたというところか。

音質について。
SUGEEEEEEEEEEEEEEE!!!!
プライベート・ライアン以降の良く出来た映画音響が「空間を構築する」という性格なら、AKIRAの音響はまさに「空間を支配する」。
臨場感という次元ですらない。
真の意味で音がこちら側に干渉してくる。
88年のオリジナルサウンドトラックの時点でこれだけのものを作っていたのかと思うとひたすら驚愕である。
BDという器を得て初めてAKIRAの音響は真の姿に昇華した――この謳い文句は決して間違いではない。ファンの方も、そうでない方も、ただただこの官能領域を味わって欲しいと思う次第。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第259回『風立ちぬ』

好きなことを一生懸命やる。 画質:15 音質:10 映像:AVC 音声:

記事を読む

【BDレビュー】第268回『アメイジング・スパイダーマン 2』

画質:9 音質:13 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Audi

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第48回『デジャヴ』

カッとなってカッたソフトのひとつ。 予約買いじゃねーからたけーでやんの。 発売はディズニー。コー

記事を読む

LUMIN U1を試す ハード編

 LUMINのネットワークオーディオトランスポート、U1。  データの再生機能という「プレーヤー」

記事を読む

アニソンオーディオ vol.3を買ったよ

 盛りだくさんの内容。  光田氏のインタビューも読めて満足。  ハルカナルトキノカナタへ

記事を読む

【Audio】 システム遍歴 【Visual】

2014/12/05更新終了 以降はシステムまとめに集約 備忘録として。

記事を読む

【RoonReady】Musica Pristina A Cappella II

 Roonの1.2へのアップデートに伴い突如として現れた感。 Musica Pristin

記事を読む

ネットワークオーディオと「OpenHome」

【2017/01/31更新・追記】  OpenHomeとは何か、という部分をページ冒頭にまとめ

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第4位『ダークナイト』 ― IMAXが見せ付けたフィルムの神髄

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』  正直に言うと、BDの黎明期からH

記事を読む

【ネットワークオーディオ】foobar2000 UPnP ServerでDSDを配信したかった

 今のところ、私が限られた時間と機材と投資額の中で実際に確認した、「DSDを配信可能なサーバーソフト

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑