*

【BDレビュー】 第8回『イノセンス』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

第八回はアニメ映画・イノセンスを取り上げます。

「アニメなんぞ所詮はオタクが傾倒する気色悪い低俗なもの」
「アニメごときにきちんとしたシステムを組んで視聴する価値は無い」

そうお考えの方はどうぞ回れ右してお帰りください。


さて、明らかに“DVDに対してオーバースペック”な映像作品はBDにおいてどのように生まれ変わったのでしょうか。


画質:9→12 音質:9


映像コーデックはMPEG-2、ビットレートは30台後半を維持。
音声はリニアPCM7.1ch、ビットレートは6.1Mbps。音声スペックは未だに最高を誇ります。

画質について。
ある意味賛否が分かれるかもしれません。アニメというと得てしてツルツルピカピカな画を想像するのですが、イノセンスは決してそうではありません。全編に渡ってフィルムグレインを纏っています。
勿論、フルデジタル製作のアニメ作品には原理的にフィルムグレインやノイズの類は存在しません。それでは何故イノセンスにはフィルムグレインが存在するのか?
それは単に、監督である押井守の趣味です。イノセンスはアニメ作品ですが、映画的な味を出したいがために、“デジタルエフェクト”としてのフィルムグレインを加えたわけです。
「何じゃこりゃ、ノイズまみれじゃねーか! クソ画質!」とわめくのはただのアホというわけです。
そのことについて理解したら、ようやく画質を評価する機会が訪れます。
画質は長らく最高水準、そして今でも非常に高水準です。
アニメは結局のところ実写以上に一枚一枚の“絵”の連続です。映像デバイスが音と違い最後の最後までデジタル表示になる以上、解像度というものが最終的な画質を決定します。そんなわけで、HD解像度のBDに収録されて、イノセンスはようやく本来の姿を見せたのです。DVDのたかがSD解像度で再現できるような映像ではありません。それがDVDに対してオーバースペックという所以です。
最初にリリースされたアニメのBDソフトでこれだけのクオリティを出したことは素直に評価されてしかるべきです。ソニーPCLに拍手。

☆テレビ買い替え後。
素晴らしいッ!
コレは文句無く素晴らしいッ!
テレビを買い換えてようやく真の姿を見せたなッ!!


音質について。
音声は怒涛のリニアPCM7.1ch収録で、これは現時点でも最高スペックを誇ります。
が、音質そのものはそれほど……かな?
DVDと比べたり、同時収録の圧縮音声と比べると段違いではありますが、それでもステルスのような劇的な向上は見られません。
結構抑制の効いた音響製作のようで、リアルですが地味です。




おまけ

やっぱりアニメって軽んじられてるよね。
アニメも映画フィルムと同じく秒間24フレームなのに、最近話題の24P出力を誰一人として試そうとしない。まるで見向きもしない。
舐められてるよね。畜生。
いいよ、いずれ私がやるから。

明日、ロッキー・ザ・ファイナルの即日視聴記やります。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous Roon 1.3 - DAR

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Signe Bakke / CRYSTALLINE

・アーティスト / アルバムタイトル Signe Bakke / CRYSTALLINE

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証 『Linn Kazoo』

 急に登場したLINNの新作アプリ。  例によってメディアではべた褒めされているが、はたして実態や

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 ネットワークオーディオプレーヤーを使う

 この記事で扱うのは、いわゆるオーディオ機器としてのネットワークオーディオプレーヤーである。  こ

記事を読む

【レビュー】LUMIN A1

 素材が出揃ったので、まとめ。  ちなみに本国HP、あるいは国内のHPやメディアでは「LUMI

記事を読む

【BDレビュー】第265回『THE RAID 2 / ザ・レイド GOKUDO』 北米盤

突撃死亡塔 黒金任務 2購入記念。 画質:8 音質:8 映像:AV

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第167回『serial experiments lain』

画質:8 音質:9 映像はAVC、音声はリニアPCM16bitステレオ 画質について

記事を読む

Marantz SR7009

マランツ、同社初のDolby Atmos対応AVアンプ SR7009」。音場補正用マイクとスタンドも

記事を読む

【BDレビュー】第315回『アントマン』

画質:9 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第175回『レッド・ドラゴン』

画質:8 音質:14 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoonReadyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoonReadyならず

RoonReady、ネットワークオーディオ第五の矢  LUM

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Se

→もっと見る

PAGE TOP ↑