*

【BDレビュー】 第8回『イノセンス』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

第八回はアニメ映画・イノセンスを取り上げます。

「アニメなんぞ所詮はオタクが傾倒する気色悪い低俗なもの」
「アニメごときにきちんとしたシステムを組んで視聴する価値は無い」

そうお考えの方はどうぞ回れ右してお帰りください。


さて、明らかに“DVDに対してオーバースペック”な映像作品はBDにおいてどのように生まれ変わったのでしょうか。


画質:9→12 音質:9


映像コーデックはMPEG-2、ビットレートは30台後半を維持。
音声はリニアPCM7.1ch、ビットレートは6.1Mbps。音声スペックは未だに最高を誇ります。

画質について。
ある意味賛否が分かれるかもしれません。アニメというと得てしてツルツルピカピカな画を想像するのですが、イノセンスは決してそうではありません。全編に渡ってフィルムグレインを纏っています。
勿論、フルデジタル製作のアニメ作品には原理的にフィルムグレインやノイズの類は存在しません。それでは何故イノセンスにはフィルムグレインが存在するのか?
それは単に、監督である押井守の趣味です。イノセンスはアニメ作品ですが、映画的な味を出したいがために、“デジタルエフェクト”としてのフィルムグレインを加えたわけです。
「何じゃこりゃ、ノイズまみれじゃねーか! クソ画質!」とわめくのはただのアホというわけです。
そのことについて理解したら、ようやく画質を評価する機会が訪れます。
画質は長らく最高水準、そして今でも非常に高水準です。
アニメは結局のところ実写以上に一枚一枚の“絵”の連続です。映像デバイスが音と違い最後の最後までデジタル表示になる以上、解像度というものが最終的な画質を決定します。そんなわけで、HD解像度のBDに収録されて、イノセンスはようやく本来の姿を見せたのです。DVDのたかがSD解像度で再現できるような映像ではありません。それがDVDに対してオーバースペックという所以です。
最初にリリースされたアニメのBDソフトでこれだけのクオリティを出したことは素直に評価されてしかるべきです。ソニーPCLに拍手。

☆テレビ買い替え後。
素晴らしいッ!
コレは文句無く素晴らしいッ!
テレビを買い換えてようやく真の姿を見せたなッ!!


音質について。
音声は怒涛のリニアPCM7.1ch収録で、これは現時点でも最高スペックを誇ります。
が、音質そのものはそれほど……かな?
DVDと比べたり、同時収録の圧縮音声と比べると段違いではありますが、それでもステルスのような劇的な向上は見られません。
結構抑制の効いた音響製作のようで、リアルですが地味です。




おまけ

やっぱりアニメって軽んじられてるよね。
アニメも映画フィルムと同じく秒間24フレームなのに、最近話題の24P出力を誰一人として試そうとしない。まるで見向きもしない。
舐められてるよね。畜生。
いいよ、いずれ私がやるから。

明日、ロッキー・ザ・ファイナルの即日視聴記やります。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 <HIGH END

記事を読む

【Munich HIGH END 2016】記事まとめ

 このブログで取り上げたもの。 Dynaudio The New Contour O

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『mconnect player HD』

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音

記事を読む

【CES2016】UHD BDは飛び立てるか ソフト編

 そりゃ勿論、飛び立ってほしいと死ぬほど願っている。  が、それはそれとして。

記事を読む

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPhone/androidでも使え

記事を読む

TIDALがもたらすもの

 TIDAL。  ドイツの高級スピーカーメーカーのことではなく、音楽配信サービスのTIDALである

記事を読む

今度こそさらば、SongBook

さらば、SongBook おかえり、SongBook  最初にさらばと言った途端So

記事を読む

【UHD BDレビュー】第14回『Sicario / ボーダーライン』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/21初出の記事を更新・追記】

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第1回『父親たちの星条旗』・『硫黄島からの手紙』

やる気のある内に早々と第一回。 記念すべき?第一回は父親たちの星条旗と硫黄島からの手紙、いわゆ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突! OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

【UHD BDレビュー】第31回『キング・コング:髑髏島の巨神』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

【UHD BDレビュー】第30回『ハクソー・リッジ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:15☆ (評価の詳細についてはこの記事

【UHD BDレビュー】第29回『許されざる者』 米国盤

【BDレビュー】第112回『許されざる者』 画質

→もっと見る

PAGE TOP ↑