*

【BDレビュー】第291回『新世紀エヴァンゲリオン TVシリーズ』

公開日: : 最終更新日:2015/08/27 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

20150825エヴァ02

画質:7
音質:8


映像:AVC
音声:リニアPCM 5.1ch 16bit


○画質
 オープニングが始まった瞬間、「買った甲斐があった」と確信する
 揺れ、ノイズ、ゴミ、傷、決してないわけではない。というより、普通に残っている。さすがにテレビシリーズ全話に対してジブリ作品のBD化のごとき執念をかけられたわけではないらしい。
 ただし、何物にも代えがたいダイレクト感が全編を貫く。DVDとの差は歴然であり、画のディテール、特に文字情報がかつてない迫真さで浮かび上がる。見える。読める。画面の揺れ、暗部撮影時のノイズ、入り込んだ埃まで含めて、本当に「作られたものそのまんま」を覗き込んでいるという感覚を味わえる。アナログ製作ゆえの粒状感も鑑賞の邪魔にはならず、きちんと質感として機能している。
 「製作由来」の諸々の問題をあるがままに見通せるので、これはこれで資料的価値があると言うべきか。
 純粋な画質的には90年代のテレビシリーズという大枠から逸脱するものではないが、BD化を待った甲斐は大いにあった。

 なお、16話の画質は著しく劣化している。
 マスターに何かあったな。
 仕方あるまい。

○見どころ
 執念を込められたありとあらゆるディテール


○音質
 オープニングが始まった瞬間、「買った甲斐があった」と確信する
 サウンドはDVD(サラウンド版)を基本としているようだが、非圧縮で収録された効果は大きく、残酷な天使のテーゼの聴こえ方もまるで違う。しかしテレビシリーズゆえの限界か、音のナローレンジさはいかんともしがたい。本当はもっともっと盛り上がってほしいシーンで、劇伴・効果音ともに頭打ち感が激しい。それでもDVDに比べるとだいぶ良く鳴ってはいる。
 要所要所ではしっかりサラウンドしているし、基本となるステレオの表現もしっかりしている。特に声の使い方の巧みさは新劇場版に繋がる。さすがに新劇場版ほどの卓抜した定位感と明瞭度まではないが、四方八方から声を浴びせられる経験はテレビシリーズにおいてもじゅうぶん味わえる。
 声そのものは超がつくほどよく通り、やかましい一歩手前の存在感を放っている。エヴァの音の主役は、やはり声のようだ。

○聴きどころ
 声
 瞬間、心、重ねて


○総評
 良い意味で期待を裏切ることもないが、おおむね期待通りのBD化。不満はない。少なくともDVDとは別物である。
 BOX自体もシンプルにまとまっていて好印象。

 それにしても、私も随分と年を取ってしまった……



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.0ch)
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52


Blu-ray BOXの中身

【BDレビュー】第292回『新世紀エヴァンゲリオン 劇場版 Air/まごころを、君に』

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満載の特典BD - AV Wat

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」なんて狂気の沙汰にまで踏み込ん

記事を読む

Roon 1.2

“総合音楽鑑賞ソフト”「Roon」のバージョン1.2が公開 - 機能を大幅に強化。iPhone用Ap

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第88回『ゴッドファーザー PART3』

赤い画。 画質:7 音質:9 映像はAVC、ビットレートは多少頭打ち感あり。

記事を読む

【音源管理の精髄】 『タグ』はなぜ重要か 【ネットワークオーディオTips】

 前回の記事において、「タグとは何か」「何がタグなのか」を示した。  そして今回の記事では、「

記事を読む

JRiver Media Center 22

 22は先月には公開されていたので、遅ればせながらアップグレード。  真面目に多機能を行く、私にと

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第76回『イノセンス』 アブソリュート・エディション

画質:14 音質:12   ※旧版は12の9 映像はAVCで基本30台のハイビットレート。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第135回『X-MEN 2』

画質:9 音質:12 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit。 画質につい

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】foobar2000を使って手っ取り早くDSD256対応のネットワークオーディオ環境を作る

 安くて早くて多機能で夢が広がるfoobar2000を例に、実践編のまとめとして。  ネットワーク

記事を読む

【BDレビュー】第278回『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』

ライジングに向けて一括購入。 画質:8 音質:8 映像:AVC 音声:D

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. AP より:

    ブルーレイのレビューとても参考になりました。本当に有難うございます。
    16話はマスターネガを紛失してしまったそうなのでおそらく
    DVDからのアプコンだと思われます。
    ちなみにケースの擦り傷について賛否両論の意見も起きてますが
    管理人さんはケースについてはどう感じられましたか?

  2. sakakihajime より:

    16話はそんなこったろうと思ってました。

    ケースは無闇に豪華にされても置き場所に困りますし、よほどみすぼらしかったり構造がおかしかったりしない限りはあまり気にしません。
    パッケージメディアにおいては箱や付随するオマケよりも、純然たる画質音質が重要視されるべきだと考えます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

DigiFi No.28で記事を執筆しました

 本日発売。 DigiFi No.28 特別付録ハイレゾ

→もっと見る

PAGE TOP ↑