*

【BDレビュー】第286回『●REC/レック4 ワールドエンド』

BDrecシリーズ
 ついに完結?


画質:10
音質:13


映像:AVC
音声:ドルビーTRUEHD 7.1ch Advanced 96K Upsampling


○画質
 初見でたまげる高画質。
 「4Kの洗練を受けた後のHD」の画質水準は完全にクリアしており、一昔前からすれば信じ難いレベルの画が全編に渡って続く。ドキュメンタリー番組のノリで始まった初代の画からは想像もできないほどの高品位である。
 映像のキレは100インチの画面サイズでもまったく不満を覚えず、情報量も十二分。闇は濃厚かつノイズレス。不健康に歪んだ色彩を強靭なコントラストで描き切る。
 でもコレ、どれだけ画質的に高品位になったとしても、結局映るのは血と肉と汚物だけなんだよなあ……

○見どころ
 初代から相応に老けてるアンヘラお姉さん(時系列的には1&2の直後だけどね!)


○音質
 RECシリーズは初代からPOV……主観映像と音響効果を完全に一致させることで尋常ならざる迫力と臨場感を創出してきた。しかし、三作目はPOVをやめ、良くも悪くも映像的には普通のゾンビ映画になってしまい、それと同時に音響も普通に鳴ってしまった印象があった。
 今作でも随所の監視カメラの映像が申し訳程度の「REC」要素というだけで、映像技法としてのPOVはほぼ完全に放逐されている。これでは初代のような異様なテンションの音を味わうことはできまい……と思っていたら、そんなことはなかった。
 凄まじく高品位の音を味わうことができた。初代のように問答無用に畳み掛けるようなテンションの高さはないが、とてつもなく濃密な音である。
 静寂のように思わせておいてほとんど静寂はなく、あらゆる場面でただならぬ気配が空気に充満している。見ている側としてはひと時も心休まる時がない。
 暴力的なシーンにおけるダイナミクスも申し分なし。船内という狭小かつ閉鎖された空間と相まって、縦横無尽に跳ね回る音が存分に地獄を演出する。
 銃声、咆哮、悲鳴、反響、気配、余韻、何から何まで素晴らしい。
 最高に音の良いゾンビ映画である。

○聴きどころ
 猿


○総評
 2でも出てきたことだし悪魔の正体が●●●というのは別に構わないが、感染者が聖句とか十字架とかにびびりまくっていた設定はいったいどこに行ってしまったのだろうか……



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.0ch)
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



【BDレビュー】第100回『●REC』
【BDレビュー】第272回『●REC3 ジェネシス』

【BDレビュー】総まとめ


スポンサーリンク


関連記事

Qobuzがハイレゾストリーミングを開始

 何を使ってどんな仕組みでどんな具合にハイレゾを配信するのかは分からないが、とりあえず始まっ

記事を読む

Technics ST-G30 / SU-G30

テクニクス、SSD内蔵リッピングサーバー「ST-G30」。SSDレスモデルも用意 - Phile-w

記事を読む

【BDレビュー】第261回『300: Rise of an Empire / 帝国の進撃』 北米盤

画質:9 音質:9 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Audio

記事を読む

【UHD BDレビュー】第2回『デッドプール』 北米盤 【Dolby Atmos】

 記念すべき初UHD BD、2本の内の1本。 画質:11 (画質はHD環境・BDと同じ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】サーバーソフトの紹介 『MinimServer』

 ソフトのバージョンアップに伴い、2013/12/09初出の記事を刷新。 サーバーソフトの紹介

記事を読む

【システム】 Victor DLA-X30

 むかしむかし、VictorのDLA-HD350を使っていたことがある。  部屋があまりにも狭くて

記事を読む

【BDレビュー】第333回『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』

 ようやく未消化だった分のレビューを書き終えた。  ここからは使用機材が変わり、オブジェクトベース

記事を読む

【音源管理の精髄】 同一アルバムにおける複数のアルバムアートの扱い 【ネットワークオーディオTips】

 質問をもらったので。 例えば、全10トラックのアルバムと、2つのアルバムアート「A」と「B」

記事を読む

UHD BDとNetflixと映像鑑賞の未来

 今となっては遠い昔……  BDの登場前後はユーザーもメーカーも業界も全部ひっくるめて、と

記事を読む

【BDレビュー】 第228回『パンズ・ラビリンス』

前々から見たかった作品、ようやく国内でBDが出たので初視聴。 「ファンタジー」という言葉の意味を、

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑