*

【BDレビュー】第286回『●REC/レック4 ワールドエンド』

BDrecシリーズ
 ついに完結?


画質:10
音質:13


映像:AVC
音声:ドルビーTRUEHD 7.1ch Advanced 96K Upsampling


○画質
 初見でたまげる高画質。
 「4Kの洗練を受けた後のHD」の画質水準は完全にクリアしており、一昔前からすれば信じ難いレベルの画が全編に渡って続く。ドキュメンタリー番組のノリで始まった初代の画からは想像もできないほどの高品位である。
 映像のキレは100インチの画面サイズでもまったく不満を覚えず、情報量も十二分。闇は濃厚かつノイズレス。不健康に歪んだ色彩を強靭なコントラストで描き切る。
 でもコレ、どれだけ画質的に高品位になったとしても、結局映るのは血と肉と汚物だけなんだよなあ……

○見どころ
 初代から相応に老けてるアンヘラお姉さん(時系列的には1&2の直後だけどね!)


○音質
 RECシリーズは初代からPOV……主観映像と音響効果を完全に一致させることで尋常ならざる迫力と臨場感を創出してきた。しかし、三作目はPOVをやめ、良くも悪くも映像的には普通のゾンビ映画になってしまい、それと同時に音響も普通に鳴ってしまった印象があった。
 今作でも随所の監視カメラの映像が申し訳程度の「REC」要素というだけで、映像技法としてのPOVはほぼ完全に放逐されている。これでは初代のような異様なテンションの音を味わうことはできまい……と思っていたら、そんなことはなかった。
 凄まじく高品位の音を味わうことができた。初代のように問答無用に畳み掛けるようなテンションの高さはないが、とてつもなく濃密な音である。
 静寂のように思わせておいてほとんど静寂はなく、あらゆる場面でただならぬ気配が空気に充満している。見ている側としてはひと時も心休まる時がない。
 暴力的なシーンにおけるダイナミクスも申し分なし。船内という狭小かつ閉鎖された空間と相まって、縦横無尽に跳ね回る音が存分に地獄を演出する。
 銃声、咆哮、悲鳴、反響、気配、余韻、何から何まで素晴らしい。
 最高に音の良いゾンビ映画である。

○聴きどころ
 猿


○総評
 2でも出てきたことだし悪魔の正体が●●●というのは別に構わないが、感染者が聖句とか十字架とかにびびりまくっていた設定はいったいどこに行ってしまったのだろうか……



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.0ch)
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



【BDレビュー】第100回『●REC』
【BDレビュー】第272回『●REC3 ジェネシス』

【BDレビュー】総まとめ


スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】KOKIA / I Found You

・アーティスト / アルバムタイトル KOKIA / I Found You ・

記事を読む

【CES2014】 Primare PRE60 & A60

 いつぞやプロトタイプをチラ見せしていたPrimareのフラグシップシリーズだが、CES2014で正

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 サーバーソフトについて

「いやちょっと待て、そもそもサーバーソフトって何だ?」  となる人は以下の記事を参照のこと。

記事を読む

EPSON EH-LS10000を見てきた

 某日某所、暗室にて。  まどろっこしい話は抜きにして、一番気になっていた部分をはっきりと言お

記事を読む

【KOKIA】 『Where to go my love?』 ハイレゾ音源配信中!

 96kHz/24bit!  ここでKOKIAのアルバムが売れれば、いずれ『Where t

記事を読む

【BDレビュー】第252回『ゼロ・グラビティ』

 映画館では未見。  ちなみに見たのは2D版。  残念ながらDLA-X30の3Dはしょぼすぎてま

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第110回『アイアンマン』

○高画質ソフトの条件 実写の撮影時点で高画質→CGIとの合成時点で高画質→諸々ポスプロの時点で高画

記事を読む

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 音質編 【Roon Server】

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編 【レ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第20回『攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL』

さて、アナログとデジタルの結節点に攻殻機動隊はBD化によってどんな姿を見せてくれるのでしょうか?

記事を読む

【音源管理の精髄】 ネットワークオーディオのメリット 【ネットワークオーディオTips】

 「はじめに」で既に書いたことではあるが、  居ながらにしてすべてを見、すべてを操ることで

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

月刊HiVi 2018年1月号を読んで、ホームシアターでゲームをしよう!【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 1月号 12/16発売 

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑