*

【BDレビュー】第286回『●REC/レック4 ワールドエンド』

BDrecシリーズ
 ついに完結?


画質:10
音質:13


映像:AVC
音声:ドルビーTRUEHD 7.1ch Advanced 96K Upsampling


○画質
 初見でたまげる高画質。
 「4Kの洗練を受けた後のHD」の画質水準は完全にクリアしており、一昔前からすれば信じ難いレベルの画が全編に渡って続く。ドキュメンタリー番組のノリで始まった初代の画からは想像もできないほどの高品位である。
 映像のキレは100インチの画面サイズでもまったく不満を覚えず、情報量も十二分。闇は濃厚かつノイズレス。不健康に歪んだ色彩を強靭なコントラストで描き切る。
 でもコレ、どれだけ画質的に高品位になったとしても、結局映るのは血と肉と汚物だけなんだよなあ……

○見どころ
 初代から相応に老けてるアンヘラお姉さん(時系列的には1&2の直後だけどね!)


○音質
 RECシリーズは初代からPOV……主観映像と音響効果を完全に一致させることで尋常ならざる迫力と臨場感を創出してきた。しかし、三作目はPOVをやめ、良くも悪くも映像的には普通のゾンビ映画になってしまい、それと同時に音響も普通に鳴ってしまった印象があった。
 今作でも随所の監視カメラの映像が申し訳程度の「REC」要素というだけで、映像技法としてのPOVはほぼ完全に放逐されている。これでは初代のような異様なテンションの音を味わうことはできまい……と思っていたら、そんなことはなかった。
 凄まじく高品位の音を味わうことができた。初代のように問答無用に畳み掛けるようなテンションの高さはないが、とてつもなく濃密な音である。
 静寂のように思わせておいてほとんど静寂はなく、あらゆる場面でただならぬ気配が空気に充満している。見ている側としてはひと時も心休まる時がない。
 暴力的なシーンにおけるダイナミクスも申し分なし。船内という狭小かつ閉鎖された空間と相まって、縦横無尽に跳ね回る音が存分に地獄を演出する。
 銃声、咆哮、悲鳴、反響、気配、余韻、何から何まで素晴らしい。
 最高に音の良いゾンビ映画である。

○聴きどころ
 猿


○総評
 2でも出てきたことだし悪魔の正体が●●●というのは別に構わないが、感染者が聖句とか十字架とかにびびりまくっていた設定はいったいどこに行ってしまったのだろうか……



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.0ch)
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



【BDレビュー】第100回『●REC』
【BDレビュー】第272回『●REC3 ジェネシス』

【BDレビュー】総まとめ


スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオ】レスポンス最速のコントロールアプリは?

 ※この記事のデータ等は2012年2月28日時点のものです 速さは大事である。 もちろん、ネ

記事を読む

【BDレビュー】第294回『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン 』

画質:9 音質:6 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Aud

記事を読む

【ネットワークオーディオ】foobar2000 UPnP ServerでDSDを配信したかった

 今のところ、私が限られた時間と機材と投資額の中で実際に確認した、「DSDを配信可能なサーバーソフト

記事を読む

【UHD BDレビュー】第1回『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 北米盤 【Dolby Atmos】

 記念すべき第1回。  アルティメット・エディションはUHD BDのみ収録。  ちな

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】スピーカーの配置④――ドルビーの推奨位置から考える

スピーカーの配置 スピーカ-の配置②――天井にスピーカーを設置できない場合 スピーカーの配置③―

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Adele / Skyfall – Single

・アーティスト / アルバムタイトル Adele / Skyfall - Single ・購

記事を読む

【ネットワークオーディオ】 『MinimServer』を試す

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『MinimSe

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリにおける「プレイリスト」あるいは「キュー」について

 今更だが、なんとなく共通理解になっていない気がして。  ネットワークオーディオの究極

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第31回『U-571』

潜水艦映画です。 知り合いの軍ヲタの紹介で知りました。実に面白い映画です。 とてつもない音響のソ

記事を読む

【Audio】 システムまとめ 【Visual】

システム全景(2016/03/25) 【オーディオ】 canarino Fils +

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑