*

【BDレビュー】 第3回『007 カジノ・ロワイアル』

公開日: : 最終更新日:2014/05/31 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

怒涛の勢いで第三回。休日の有効利用ってやつです。

さて今回は、皆さんご存知新たなスタートを切った007の最新作・カジノロワイアルを取り上げます。
ソニーピクチャーズ作品としては初のMPEG-4AVC H.264(今後はPS3での表示に従い、AVCと書きます)で収録されたソフトとして、各所で散々レビューされたのは記憶に新しいところです。私が大好きなイロモノ・B級映画のレビューをしたいのは山々なのですが、まずは注目度が高いであろう作品を取り上げるべきかと思いました。ちなみに、第四回は海賊の1・2を一気に取り上げる予定です。

はてさて、うちのお手軽システムでは一体どんな姿を見せてくれるのでしょうか。


画質:10 音質:10


映像コーデックはAVC、ビットレートは大体20~30Mbps。AVCなのでかなり上下に動きますが、海賊に比べればそれほど変動は激しくありません。
音声ソニーピクチャーズお家芸のリニアPCM、ビットレートは4.6Mbps。

圧倒的な高画質です。まずマスターの時点で他作品と大きな差があるのでしょう。デジタル制作時代のお手本のようなくっきり・しゃっきりとした画で、透明感と解像感は現状最高画質と言われる海賊2をも凌駕します。色の純度・鮮やかさ・自然さ・階調はいずれも最高レベルで、登場するありとあらゆる場面で圧倒的な高画質を見ることができます。シーンごとの画作りの違いも明確に分かります。
海賊の画作りに比べるとハイコントラスト志向のようで、黒い車に映るライトなど、明暗の差をかなりはっきりと出してきます。しかし、そのことで階調の不足がまったく生じていないのは驚きました。キングダム・オブ・ヘブンで書いた人物の唇の色に関しても、不自然さは皆無です。
人肌の表現も素晴らしいレベルで、同じくキングダム・オブ・ヘブンにも出演していたエヴァ・グリーンを実に美しく映し出します。ノイズもほぼ完璧に抑えられており、特に言うことはありません。

音質面も完璧です。ソニーピクチャーズのソフトは全てリニアPCMでの収録で、どのソフトも高水準なのですが、やはり007は会社としての気合いの入れ方が違うのでしょうか。正直言って、私の環境の再生能力を遙かに上回っていると思います。
前回、前々回で取り上げたソフトは時代は違えど戦争ものであり、やはりそれに比べれば音響そのものは決して派手ではないのですが、その分一つ一つの楽曲が非常に素晴らしく、効果音も含めダイナミックレンジは抜群です。オーディオでいうところのS/N比も申し分ありません。特にOPについては、その凝りに凝った映像と相まって鳥肌ものです。このあたりはある意味では最も純粋なロスレス音声であるリニアPCMの本領発揮というところでしょうか。
絶対的な音の情報量は私の持つソフトの中で最大です。

満点です。
文句無しの満点です。
私が現在保有している34本のソフトの中で、画質音質ともに満点をつけられるのはカジノロワイアルしかありません。現状最高峰のクオリティを誇るソフトなのは間違いないでしょう。キングダム・オブ・ヘブンと並んで最も気に入っているソフトの一つです。




おまけ

カジノロワイアルのOP、MGS3のOPと似てませんか?
あと、エヴァは絶対すっぴんのほうが可愛いと思います。(本編で出てきます)



さらにおまけ

今日、AVwatchの10月号を買いました。
例によって次世代ディスクのクオリティチェックの記事がありましたが、私にしてみりゃ「うそくせー!」と言いたくなる評価のソフトが結構ありました。
まあ、環境が違えば評価も違って当然でしょうけど。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【音源管理の精髄】 DSDについて 【ネットワークオーディオTips】

 技術詳細はwikiへ。  Direct Stream Digital / Wikipedia

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第96回『鉄コン筋クリート』 北米盤

日本じゃ全く出る気配が無いね、仕方ないね…… うーん、面白さはさすがにマインドゲームには及ばず

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Twonky Server 導入・設定・運用編

サーバーソフトの紹介 『Twonky Server』 ・使用したサーバー機器 PC(Wi

記事を読む

【インプレッション】逢瀬 WATERFALL Power 400 運用・音質編

【インプレッション】逢瀬 WATERFALL Power 400 外観編  使用中は結構な

記事を読む

LUMIN L1をSSDに換装してみた

 SanDisk X300sの512GBに。  現在の私のライブラリのサイズは約400GBなの

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第86回『ゴッドファーザー』

画質:3、条件付6 音質:7 映像はAVC、ビットレートはわりと高めに推移。 音声はドル

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第110回『アイアンマン』

○高画質ソフトの条件 実写の撮影時点で高画質→CGIとの合成時点で高画質→諸々ポスプロの時点で高画

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第82回『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』

画質:6 音質:5 映像はAVCでレートは目一杯。 音声はリニアPCMステレオ。

記事を読む

【BDレビュー】 第238回『エクスペンダブルズ』 エクステンデッド・ディレクターズ・カット

ジェット・リーの扱いが酷いのがちょっとなぁ…… 画質:8 音質:11 映像はAV

記事を読む

OpenHome公式デモ・プレーヤー

 いつの間にかOpenHomeが公式でデモ・プレーヤーを出していたようなので紹介。 Try O

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑