*

【BDレビュー】第323回『ブリッジ・オブ・スパイ』

画質:10
音質:9
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 7.1ch


○画質
 単なるノスタルジーの表出ではなく現代に通用する基礎体力を備えた盤石のフィルム画質。解像感も情報量もばっちり、切れ味鋭いながらも決して硬質に転ばずしとやかな質感を残すあたりは、やはりフィルムならではと言える。とはいえ『イミテーション・ゲーム』『鑑定士と顔のない依頼人』のような、最先端のデジタル撮影に伍するほどの隔絶した画とまではいかない。
 アメリカにおける画は色がしっかり乗ってコントラストが高く、デジタルとは異なる重厚さが見もの。冷戦下のベルリンにおける陰鬱で怜悧な質感は『善き人のためのソナタ』の画を思わせる。
 いかにもヤヌス・カミンスキーな光が溢れる様は相変わらず美しい。

○見どころ
 法廷
 

○音質
 全編通じてサラウンド感は極小。7.1chというスペックが例外的に活躍するのはスパイ飛行を行っていた偵察機が撃墜されるシーン。特に何かが爆発するわけでもない展開の中で鬱憤を晴らすかのように荒々しく音が咆え猛り、脱出を選ばざるを得なかったパイロットの心境を否応なく追体験させ得る素晴らしいものとなっている。
 それ以外はひたすら物静かな展開であり、会話劇が続く。幸いにして本作のダイアローグはじゅうぶんに高品位であり、登場人物の心情の襞を感じさせるに足る。やはり白眉はドノヴァンとアベルの対話であり、淡々とした口調に滲む二人の強固な意志を聴き取ることができる。
 ただ、音楽や効果音の使い方に関しては、スピルバーグ映画としてはイマイチ印象に残らなかった。

○聴きどころ
 Will it help?


○総評
 作品としてもソフトとしてもさすがの完成度。『イミテーション・ゲーム』や『善き人のためのソナタ』と一緒に並べておきたくなる。
 ヤヌス・カミンスキーならではの光が溢れる映像表現って、HDRになるといったいどうなるんだろう?



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1ch)
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52
ECLIPSE TD316SWMK2



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

Nmode X-PM100 続報!

X-PM100 進捗状況 - Nmodeの部屋  画像は公式ブログより拝借。  

記事を読む

『ネットワークオーディオ』とは何か

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】  ネットワークオーディオやそ

記事を読む

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

 せっかく書いたものがただ埋もれていくだけというのも勿体ないのでまとめ記事。  メーカー/ブランド

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第113回『ゴーストライダー』

画質:12 音質:13 映像はAVC、SPEらしい手慣れたエンコード。 音声はリニアPC

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 PCをサーバーとして使う/foobar2000 UPnP Server

 いまさらfoobar2000のDLの仕方から設定から何から書く必要はあるのか?  ……と思うとこ

記事を読む

【BDレビュー】第289回『装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ 劇場版』

画質:7 音質:9 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Audio

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第195回『怪~ayakashi~化猫 / モノノ怪』

鴉とは何だったのか…… モノノ怪に出てくる素敵謎漢字の初出は鴉なんだよ! 鴉も愛して!

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】John Powell / ヒックとドラゴン

・アーティスト / アルバムタイトル John Powell / ヒックとドラゴン

記事を読む

LUMIN A1を試す・導入編

 DAC2 HGCは素晴らしいDACだ。  USB入力もあるし、「ネットワークオーディオはコントロ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Yes / Tormato

・アーティスト / アルバムタイトル Yes / Tormato ・購入元 mora

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第41回『ブレードランナー』 【Dolby Atmos】

ようやく昨日2049を見てきました 【BDレビュー】

月刊HiVi 2017年12月号に記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 12月号 11/17発売 半

【BDレビュー】第348回『この世界の片隅に』

画質:9 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

TuneBrowserを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化

 四年ほど前から、TuneBrowserというWindows用の再生ソ

【BDレビュー】第347回『夜明け告げるルーのうた』

画質:8 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

Twonky Server 8.5、WAVのタグが……!

 こないだ、Twonky Serverのバージョンが8.5になった。

【BDレビュー】第346回『BLAME!』 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNTITLED

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan & bohemianvoodoo / color & monochrome 2

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【祝】『ダンケルク』にあわせて『バットマン ビギンズ』・『ダークナイト』・『ダークナイト ライジング』・『インセプション』・『インターステラー』がまとめてUHD BD化

 海外に続き日本でも正式に発表された。 『ダンケルク』の4K

【ハイレゾ音源備忘録】Keishi Tanaka feat. fox capture plan / 透明色のクルージング

・アーティスト / アルバムタイトル Keishi Ta

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan feat. Keishi Tanaka / 透明色のクルージング

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

LUMIN D2

 1じゃない……2だ! http://www.luminmu

さらば、PlugPlayer

 ちょっと今更感が漂う気もするが、やはり決着をつけておかなければ。

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / FRAGILE

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / COVERMIND

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【ハイレゾ音源備忘録】Kygo / Kids in Love

・アーティスト / アルバムタイトル Kygo / Ki

【ハイレゾ音源備忘録】Sam Smith / The Thrill Of It All (Special Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Sam Smith

【イベント情報】11/18(土)にダイナミックオーディオ5555でファイル再生のセミナーを行います

前回 前回の報告  超盛況だった前回を受けて各方面の御理解

【UHD BDレビュー】第40回『猿の惑星:聖戦記』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:12 (評価の詳細については

→もっと見る

PAGE TOP ↑