*

【BDレビュー】第323回『ブリッジ・オブ・スパイ』

画質:10
音質:9
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 7.1ch


○画質
 単なるノスタルジーの表出ではなく現代に通用する基礎体力を備えた盤石のフィルム画質。解像感も情報量もばっちり、切れ味鋭いながらも決して硬質に転ばずしとやかな質感を残すあたりは、やはりフィルムならではと言える。とはいえ『イミテーション・ゲーム』『鑑定士と顔のない依頼人』のような、最先端のデジタル撮影に伍するほどの隔絶した画とまではいかない。
 アメリカにおける画は色がしっかり乗ってコントラストが高く、デジタルとは異なる重厚さが見もの。冷戦下のベルリンにおける陰鬱で怜悧な質感は『善き人のためのソナタ』の画を思わせる。
 いかにもヤヌス・カミンスキーな光が溢れる様は相変わらず美しい。

○見どころ
 法廷
 

○音質
 全編通じてサラウンド感は極小。7.1chというスペックが例外的に活躍するのはスパイ飛行を行っていた偵察機が撃墜されるシーン。特に何かが爆発するわけでもない展開の中で鬱憤を晴らすかのように荒々しく音が咆え猛り、脱出を選ばざるを得なかったパイロットの心境を否応なく追体験させ得る素晴らしいものとなっている。
 それ以外はひたすら物静かな展開であり、会話劇が続く。幸いにして本作のダイアローグはじゅうぶんに高品位であり、登場人物の心情の襞を感じさせるに足る。やはり白眉はドノヴァンとアベルの対話であり、淡々とした口調に滲む二人の強固な意志を聴き取ることができる。
 ただ、音楽や効果音の使い方に関しては、スピルバーグ映画としてはイマイチ印象に残らなかった。

○聴きどころ
 Will it help?


○総評
 作品としてもソフトとしてもさすがの完成度。『イミテーション・ゲーム』や『善き人のためのソナタ』と一緒に並べておきたくなる。
 ヤヌス・カミンスキーならではの光が溢れる映像表現って、HDRになるといったいどうなるんだろう?



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1ch)
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52
ECLIPSE TD316SWMK2



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

LUMIN A1を試す・動作編

導入編  今回試用したLUMIN A1は御厚意により手配していただいた試聴機であり、また試

記事を読む

canarino Fils 単体サーバー編 その2

その1  懸案だったアナログ電源を手に入れて状況が整ったので、さっそくその2。  決戦編

記事を読む

LUMIN L1 音質編

 L1についてハード、ソフト、運用と見てきたが、オーディオ的なセンスに溢れた豪華な筐体であるという一

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第61回『V フォー・ヴェンデッタ』

画質:8 音質:8 映像はVC-1でビットレートは限りなく低め。 音声はドルビーTRUE

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第122回『キング・コング』

画質:12 音質:(8) 映像はVC-1でビットレートは極めて低め。そもそも20Mbps台

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証 2014・速度計測について

コントロールアプリの検証 2014  今まで何度もアプリの速度を計測してきた。  感

記事を読む

JS PC Audio NH100

【魔境】ハブで音は変わるか? JS PC Audio NH100  先代のNH1

記事を読む

【BDレビュー】第317回・特別篇『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 北米盤

画質:13 音質:15 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC

記事を読む

【Audio】 システム遍歴 【Visual】

2014/12/05更新終了 以降はシステムまとめに集約 備忘録として。

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第4位『ダークナイト』 ― IMAXが見せ付けたフィルムの神髄

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』  正直に言うと、BDの黎明期からH

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑